2012年3月アーカイブ

実は昨晩、突然思い立って志賀高原に行きました。
この辺りのスキー場の天気予報を見ていたら、
昼前から雨の予報。
しかし、志賀高原は雪の予報となっていたので、
残されたあと数回の今シーズンのスキーを
せめて楽しもうと、
思い切って志賀高原に向かうことにしたのです。

夜出たのには訳があります。じつは金曜日の晩、
寝る前に楽天トラベルを見ていたら、
なんと金曜日夜の志賀高原プリンスホテルに空室があるじゃないですか。
しかも、なんと1泊朝食付きで6800円(2名予約)と激安。
なので、急遽ホテルを予約してしまったのです。

20120331-2.jpg

東京から帰ってきて、自宅で着替えて車で志賀に向かいます。
軽井沢からは高速もつかって1時間半ほどで到着です。
東京の時は、練馬の渋滞に巻き込まれ、
5時間も6時間もかかっていたのが嘘のような早さです。

そして、今朝は朝6時に起きて、
6時半からやっている早朝スキーを滑ってきました。
何しろ、久しぶりの志賀高原焼額山スキー場です。
せっかくゲレンデ内のホテルに泊まっているのだから
滑らない手はありません。
早速滑りに出ました。
誰もいないゲレンデは、実に気持ちよいですよ!

20120331-1.jpg

とはいえ、なんと物好きな我々夫婦・・・
今朝は暖かい朝で、どうやら志賀でもプラスだったようです。
なので、雪はちょっと緩み気味でしたが、
それでもこの辺りのスキー場に比べると格段の雪質で
整備の行き届いた、まだ誰も滑っていないバーンをかっ飛ばして
滑ってくるのはとても気持ちよく、
シーズン末期とは思えない気持ちのよいスキーとなりました。

朝6:30から8:00までが早朝スキータイムで、
料金は別料金の1500円。
まずはめいっぱい滑って、ホテルの広大なレストランで朝食です。

20120331-3.jpg

それからいよいよゴンドラで山頂へ・・・と思ったのですが、
なんと強風でゴンドラがストップ。
仕方なく、一ノ瀬へ移動して、そこで滑っていました。
元々朝6:30から滑っており、午前中滑って帰ろうと思っていたので、
2時間券を購入して滑りに行ったのですが、
一ノ瀬を3回ほど滑ったところでなんと志賀高原でも雨となり、
しかも雨脚が強くなってきたので、
予定より早く切り上げました。
とはいえ、朝の早朝スキーはとても気持ちよく滑ることが出来、
しかもかなり本数を滑ることが出来たので、
なんだか大満足なスキーの1日でした。
来週はまた寒くなりそうなので、
志賀高原は5月6日まで営業しているので、
この調子ならば、まだまだ滑れそうですよ。


なんと今朝はそんなに早くから滑ったのですか!と驚いた方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

今年は雪の回数は昨年より少なかったような気がするのですが、
1月20日前後に降った雪が寒さで溶けずにかなり残って、
2月も後半に入ってから立て続けに雪が降ったので、
かなりの雪が残っていた軽井沢ですが、
このところへ来て、町中ではほとんど雪を見かけなくなりました。
しかし、雪掻きして大量に雪を積み上げたところや
屋根の雪がまとまって落ちた日陰などは
まだまだ雪がかなり残っているところもありました。

軽井沢駅前のロータリーのところも、
一時は4トントラック一台分ぐらいの大量の雪が
広場の真ん中にうずたかく積み上げられていたのですが、
今週に入ってからの暖かさで一気に量が減ってきて、
今晩通りかかった際には、ほんのわずかになっていました。

20120330-1.jpg

明日はかなりまとまった雨が降るようですので
きっとわずかに残った雪も、
すっかり溶けてなくなってしまうことでしょう。

3月もいよいよ明日までとなりましたが、
この雪が溶けてしまうと、名実ともに冬が終わってしまう感じがします。
今日は東京駅で新幹線を待っていたら、
向かい側の東海道新幹線のホームで
きっと転勤で西日本に行かれる方を見送る人たちの
万歳三唱の声がこだましていました。
軽井沢プリンスホテルスキー場も、いよいよ残りあと2日です。
春の訪れはうれしくもある反面、悲しくもあります。
今年はいつも以上に春が来るのかと思えるほど厳しい冬だった軽井沢ですが、
春が本格的に軽井沢にやってくるまで、あともう少しな感じです。


軽井沢もずいぶん春めいてきましたねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

先日友人たちが軽井沢にやってきて、
滑ったあと我が家で食事をして帰ることとなりました。
この日はうちの奥さんも一緒に滑りに行ったので、
支度をどうしようかと思案したのですが、
すぐに出来るようなおかずだけ我が家で用意して、
メインはけろけろキッチンさんにお願いすることにしました。
お願いしたのは美味しいと評判のパエリア。
以前に私もほかのお宅でいただいたことがあったのですが、
ものすごく美味しかったので、
機会があったら是非お願いしたいと思っていたのでした。

お願いしていた時間に中軽井沢駅前のけろけろキッチンさんに伺うと、
すでに店主のぽんきちさんがお待ちかね。
早速できたてのパエリアをいただいて、戻ってきました。
ちなみに、どんな状態で我が家に来るかというと、
こんなかわいらしい箱に入ってやってきます。

20120329-1.jpg

さて、蓋を開けると・・・
写真がない。
実は、撮った写真がボケボケだったのです。
ああ、残念。ぽんきちさん、ごめんなさい・・・
ただ、アップの写真だけはちゃんと撮れていたので、
こちらで雰囲気だけでもお楽しみください。

20120329-2.jpg

ちょっと迫力はなくなってしまいましたが
おいしさは伝わりそうですよね。
季節によって具材が変わるそうですが、
エビ、イカ、たこ、あさり、タマネギなどの具材がたっぷり。
魚介のうまみがしっかりとご飯に染みこみ、
しかも鍋底が適度に焦げていて、
これは絶品です。
見た目もとても華やかで、友人たちも大喜びでした。
しかも32cmの大きなパエリア鍋でやってくるので、
食べ応えも十分。
とても素晴らしいおもてなしとなって、
友人たちも大満足で東京に帰っていきました。
今年は我が家への来客目白押しとなりそうなので、
次回もまたお願いしたいと思います。


美味そうなパエリアですね!と思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

残念ながら、今年もそんな時期が来てしまいました。
今年はひときわ回数多く滑りに行った
軽井沢プリンスホテルスキー場がいよいよ今度の日曜日、
4月1日で今シーズンの営業が終了となります。
私が行けるチャンスは週末だけなので、
あと2回・・・なのですが、土曜日はちょっと違う場所へ滑りに行く予定で、
今度の日曜日はなんと仕事で出社なので、
事実上、この週末は滑りに行くことが出来ません。

ということで、この間の日曜日、
滑り納めに行ってきました。

20120328-1.jpg

先週末は雨のあとちょっと冷え込んだのですが、
さすがに雪はすでにジェラート状。
踏み込んでもずずっと流れてしまう、
春の雪になってしまっていましたが、
それでもゲレンデコンディションはこの時期としてはまずまず。
なにより、まだかなりの雪が積もっていて、
土が出ているところなどありません。
今年は本当に何回も楽しませていただきました。
シーズン券を買ったのですが、かなり元が取れた感じです。

スキーシーズンも、あとわずか。
残されたチャンスを、めいっぱい楽しみたいと思います。

そうそう、軽井沢プリンスホテルスキー場といえば、
隣の軽井沢プリンスショッピングプラザは
今度の金曜日3/30からまたまたバーゲン
なんだか今年、バーゲン多くありませんか?


いよいよスキーシーズンも終盤ですねぇとちょっと寂しい方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

碓氷軽井沢インターから東京方面に向かうと
一番最初のサービスエリアは横川サービスエリアとなります。
東京方面から軽井沢に来られた方は、
帰りに寄って、おそらくは名物の峠の釜めしを買ったり
されるのだと思いますが、
我々は立ち寄るのはだいたい朝。
自宅を少し早く出て、東方面に向かう際に
朝飯を食うために立ち寄ったりします。

当然この時間ではまだ名物の峠の釜めしは店頭に並んでおらず、
スナックコーナーなどで何かいただくことになるわけですが、
これまではだいたいそばを食べることが多かったのです。

しかし、食べ終わってからいつも気になることが。
とても目立たないところに、朝定食のサンプルが出ているのです。
券売機のメニューにもかなり地味な位置に掲示されているため、
ついつい忘れてしまい、
いつも舞茸天ぷらそばなどをいただいてしまうのですが、
今回は一度その朝定食を試してみようと、
忘れずにチャレンジしてみました。

私が頼んだのは洋風の朝定食。

20120327-1.jpg

トーストにスクランブルエッグ、サラダ、ソーセージなどのおかずが付き、
あとコーヒーがつきます。

一方うちの奥さんが頼んだのは和定食。

20120327-2.jpg

塩鮭に温泉卵、納豆にご飯と味噌汁と、
なんだか吉野家の朝定食風です。
ただし、さすがは釜めし屋の朝定食だけあって、
温泉卵が小さな釜に入っていました。

洋定食のスクランブルエッグが炒り卵になっているのを除けば、
味としてはそれなりに大丈夫でした。
さすがは何を食べても安心して食べられるおぎのやです。
美味しくて絶品!というわけではありませんが、
安定感がある朝定食でした。
軽井沢から朝早く東京方面に向かう機会があったら、
是非お試しください。


へぇ、横川SAにこんな朝定食があるのを知りませんでしたと言う方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

このところなんだか軽井沢ブログではなく、
福島ブログと化していましたが、
ようやく長々続いた書き込みが終わりましたので、
本来の軽井沢の話題に戻りましょう。

先日、楽天のよなよなエール直販サイトで、
さくらいかるいざわさん超一押し
「よなよなリアルエール」をようやく買うことが出来ました。

20120326-2.jpg

何回かトライしたのですが、いつもタイミングが悪くすでに売り切れ。
この日は新幹線の中でスマホを操り、
ようやく購入できたという次第です。

噂には聞いていましたが、このビールすごいですよ。
とても缶ビールとは思えません。
店でリアルエールを頼むと、
最初に白濁したような状態で運ばれてきて
その泡がすーっと引いて、
きめ細やかな泡をいただく透き通った琥珀色の状態になるのですが、
このビールも、一緒に入っている能書き通りに冷やして、
グラスに注ぐと、店で頼んだのと同じようになるのです。

20120326-3.jpg
20120326-4.jpg

私は余り酒が飲めず、特にビールが苦手です。
中でもキリンのラガーとアサヒのスーパードライは、
学生時代~新入社員時代のつらく悲しい思い出がたくさんあるので、
今では見るのもいやなのです。

しかし、よなよなエールは別。
ビールを飲むならよなよななのですが、
なかでも、クリーミーな泡で、
華やかな香りのよなよなリアルエールは、
とても美味しいと思って飲むことが出来ます。
そのビールが、自宅で同じように飲めるなんて、
本当にびっくりです。

ラベルもシールで、なかなか量産出来なさそうなビールなのですが、
次回は3/23からこちらで販売になるようですよ。
自宅で軽井沢で飲めるのと美味しい味を楽しみたい方は、
ぜひ。うまさに感動すること、必至ですよ。

我が家もまだ冷蔵庫に入っています。
明日は帰ってきて、飲もう。


よなよなリアルエール、美味そうですね!と思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

ということで、昨日の大内宿をもって、
今年最初の大イベント、福島旅行記は終了です。
しかし、このまま終わってよいのかどうか、ちょっと迷っていたのですが、
思い切って書くことにします。

実は今回、迷ったあげくに鞄の奥底にしまい込んだものがありました。
それはこちら。

20120326-1.jpg

自宅で使っているエステーのエアカウンターです。

しかし、結局鞄から出すことは一度もありませんでした。
裏磐梯猫魔スキー場のWebサイトで発表されている放射線量は
今日時点で0.03μSv(地上1m)。
ちなみに、軽井沢病院で測定している放射線量は
3/23で0.076μSv、
勤務先の東京都千代田区の放射線量は
3/14の千代田区役所の数値で0.07μSvと、
猫魔よりも遙かに高いのです。

そして何より、ホテルの従業員の方も、
美味しいけんちんうどんの店の方も、
喜多方ラーメンの方も、
スキー場の方も、
その他、あちらこちらで我々旅人をもてなしていただいた
多くの地元の方々は、普通に生活し、
そして普通に私たちを歓迎していただきました。

おそらくは、かけがえのない美しいふるさとを
台無しにしてしまった出来事に対する許し難い憤りを持った方や
実際に身内の方に被害が出てしまい、
大きな悲しみを抱えている方も
中にはおられたのかもしれません。
裏磐梯猫魔ホテルも、
昨年の今頃は大きな不安と悲しみを抱えた被災者の方の
避難所となっていたと聞きます。
そこで働いている方は、おそらくいろんな修羅場も
目の当たりにしたことでしょう。

しかしそんなことはおくびにも出さずに、
福島を旅した我々を本当に温かく迎えていただいたので、
我々も心地よくそのもてなしに身をゆだねました。
本当に素晴らしい旅でした。
そんなところで、とても鞄から出して・・・などという
行為はとれるはずもなく、とる気にもなりませんでした。
むしろ、持ってきたことをとても後悔しました。

風評被害で、観光客が減って大変だ・・・というようなニュースを
今年になってからも見たような気がします。
しかし、スキーを除けば本来はシーズンオフであろうこの時期に
ホテルは何組もの団体客が来ていたようですし、
喜多方のラーメン屋を巡る多くの観光客の姿をみかけました。
それを見て、とても安心すると同時に、
もっと多くの方に、この地を訪れてほしいと思いました。

我々も次回は何の心配もなく、
また楽しく美味しい福島・会津観光を楽しみに行きたいと思います。


読んだよの印に、今日も是非1ポチを!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

なんだか1週間がかりになってしまった福島旅行記も
いよいよ終盤。最終日は会津若松を抜け、大内宿に立ち寄って
帰ってくることにしました。

この大内宿は、東京に住んでいるときから
ずっと行きたかったところなのですが、
これまでなかなか行く機会がなかったので、
せっかく今回会津に行ったのだからと、少し足を伸ばして
立ち寄ってみることにしたというわけです。

大内宿へは、宿泊していた裏磐梯からは下道で2時間ほどの旅程です。
この日はあいにくの雨模様だったのですが、
大内宿に到着する頃には、雨も止み、傘なしで散策できるようになりました。
さすが我々、日頃の行いのせいか、ついています。

早速宿場町の中に向かってみます。

20120325-2.jpg

すると、テレビや本などで見たとおりの、
かやぶき屋根の家が道路の両側に並びます。
電柱もなく、道路も昔ながらの舗装していない道。
側溝も石組みのもので、なんだか江戸時代にタイムスリップしたみたいです。
いろいろな古い町並みを見てきましたが、
ここまで徹底して古い町並みが残っているのは、
本当に奇跡としか言いようがありません。

20120325-3.jpg

なので、シーズンともなると全国から大勢の観光客が押し寄せるというのが
とてもよくわかります。
この時期はまだまだシーズンオフの時期だと思いますが、
それでもかなり多くの人が来ていました。

これだけ多くの客が来るわけですから、
それぞれのかやぶき屋根の家は、ほとんどが店となっています。
中でも多いのがそばを出す店。

20120325-8.jpg

この大内宿の名物と言えば、ネギ一本で食べるそばが有名ですが、
今回はすでに喜多方でチャーシュー麺を食べてきた後だったので、
この名物そばは断念しました。
あとは、地元の素朴な工芸品などを売る店も。

20120325-5.jpg

こちらの店は、布きれで作った野菜や、会津の工芸品である
小法師などが色とりどりに並んでいます。

20120325-6.jpg

こんな店を冷やかしながら奥に進むと、いよいよ宿場も終わり。
宿場としては、こぢんまりした宿場のようですね。
この宿場の一番奥にある、神社の裏山に登ると、
こちらもよく写真で見かける、大内宿の全景を望める場所に出られます。

20120325-1.jpg

上から見ると、美しい大内宿の町並みが一望できます。
まだまだ雪をいただくかやぶき屋根が、実に美しいですね。

この大内宿、入り口の方から奥に向かって少し登りになっているため、
行きと帰りで少し景色が変わります。

20120325-4.jpg

帰りの方が、遠近法の関係で、少し宿場が長く感じられます。
おかげで、念願かなって名残惜しい大内宿をゆっくり眺めて
軽井沢への帰路につきました。

大内宿から軽井沢へは、甲子道路というとても立派な道を通って
白河へ出て、そこから東北道に乗って帰ります。
この日は飛び石連休だったので、ちょっと車が混んでいましたが、
会津若松からはだいぶ南に来ているので、
ここから軽井沢は意外に近い感じがしました。
がんばれば、日帰りも出来るかもしれませんね。
大内宿はとてもよかったので、今度は、新緑の時期と、紅葉の時期に
また是非訪れてみたいと思います。


大内宿、よいところですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

福島の美味いものネタをもう一つ行きましょうね。
こちらは裏磐梯に向かう途中に、一つ手前の磐梯熱海インターで降り、
一般道で猪苗代湖方面に向かうと中山峠という峠の手前に
ひときわ目立つわらぶき屋根の古民家があります。
こちらがけんちんうどんの名店、鞍手茶屋です。

20120324-1.jpg

何でこんな店を知っているかというと、
実はこの店、東京の霞ヶ関と大手町に支店があるのです。
うちの会社からも近く、実は昼飯の定番。
寒い日になると、「じゃあけんちんうどん」となって、この店によく行きます。
せっかく福島に来たのだからと、本店に立ち寄ることにしました。

けんちんうどんのほかにも餅なども美味しいのですが、
今回は迷うことなくけんちんうどんです。
運ばれてきたのはこちら。

20120324-2].jpg

すいません、携帯で撮影したので、
ちょっと画像が汚くてすいません。
アップで撮った方がきれいにとれていますので、
こちらをご参照ください。

20120324-3.jpg

どんぶりからあふれんばかりに盛りつけられた
大量の野菜。
大根、にんじん、ジャガイモ、豆腐などが大ぶりに切られ、
これにざっくり切った長ネギと、白菜がおそらくごま油で炒められて、
それが完成直前に汁の中に放り込まれています。
肉は入っておらず、あげだけが入っているという、
具だくさんながらも野菜たっぷりなヘルシーなけんちんうどんです。

この野菜の下に、コシがある太めの手打ちうどんが入っているので、
大量の野菜をかき分けながらわしわしとうどんにむしゃぶりつきます。
野菜の甘みと、ごま油の香りがマッチした汁がうどんに染みこみ、
至福のおいしさ。熱々で出てくるので、やけどに注意しながらいただくと
たちまちからだがぽかぽかに温まります。
これぞ東北、これぞ福島という、絶品のけんちんうどんです。

東京の支店もそれはそれで美味いのですが、
やはり本店でいただく方が美味いのは、
水と景色、そして素朴な従業員さんのもてなしのおかげでしょうか。
いつも東京でいただく以上にとても美味しくいただいてきました。
わざわざ福島まで・・・という方は、是非こちらを参考に、
東京の店の方にいらしてみてください。
ただ、大手町の店は、土日が休みです。


とても美味そうなけんちんうどんですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

タイトルに書いたとおり、会津に行ったら
喜多方ラーメンも食べないわけにはいきません。
ということで、最終日に裏磐梯から喜多方へ出て、
ラーメンを食べに行きました。

小さな街にラーメン屋がひしめくので、
どこに行くのか悩ましいところですが、
今回我が家が行ったのはこちら。

20120323-2.jpg

喜多方市役所そばにある、松食堂というラーメン屋さんです。

実はこの松食堂の隣は超有名店の坂内食堂。

20120323-1.jpg

こちらは大行列で、こうして写真を撮っている間にも
あっという間に車の列が出来てしまいました。

20120323-3.jpg

そのほとんどが他県ナンバー。
恐るべき人気です。

ところがこちらの松食堂はひっそり。
しかし、こちらもとても美味しいラーメンが頂けるのです。
行列尻目にそそくさと入店します。

メニューはラーメンとチャーシュー麺で、
それぞれ麺の大盛りというのがあります。
せっかくここまで来たのですから、チャーシュー麺を注文しました。

こちらの店は女性三人で切り盛りしているのですが、
てきぱきと麺がゆであがり、
それほど待たずにできあがってきました。
できあがりはこちら。

20120323-4.jpg

あっさりながらも、コクがあるスープに、
喜多方独特のツルツルもちもちの平打ち縮れ麺。
それにどんぶりの上には一面にチャーシューが敷き詰められています。
こちらはやや塩分があるのですが、
スープがあっさりしているので、ちょうど良い塩気です。
お隣の坂内食堂の肉そばもとても美味しく、ボリュームがあるのですが、
それよりは少しあっさりしていて食べやすく、
私はこちらの松食堂のラーメンの方が旨いと思います。
ゆったりと美味しく、ラーメンを頂いてきました。
あ~会津は最高です。


坂内のラーメンの美味しいけど、隣の松食堂のラーメンも旨そうだと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

さて、会津に行ったからには、会津若松に行かないわけにはいきません。
これまでスキーのついでに、何度か立ち寄ったことはあったのですが、
じっくり町歩きをしたことがなかったので、
今回はゆっくりと歩き回ってみることにしました。
目指すは会津若松のシンボルで、戊辰戦争の舞台となった鶴ヶ城と
その近くにある繁華街、七日町を目指します。

会津若松市は、いわき、郡山、福島に続く県内4番目の街で、
人口はおよそ13万人。古くから栄えた会津盆地の中心地だけあって、
古くからの建物も多く残り、風情ある町並みとなっています。

20120322-1.jpg

中でもひときわ威容を誇るこちらの建物。

20120322-2.jpg

会津の伝統工芸品である、会津塗の製造直売を行う白木屋漆器店の建物で、
大正3年に建てられた建物だそうです。
中では高級な漆器から日常使い出来そうなお手頃な漆器などが
展示販売されています。

こちらは味噌や漬け物を扱う満田屋。

20120322-3.jpg

会津のみそ漬けはとても美味しいので、
我が家もいくつか購入して帰ってきました。

お次は先日も写真だけお届けした鶴ヶ城へ。

20120322-6.jpg

5層の天守は、幕藩時代のものではなく、
昭和40年に復元されたものだそうですが、
数年前に修復されたそうで、白亜に輝く見事な天守です。
そして屋根は赤瓦。これも数年前に復元されたそうですが、珍しいですね。

城内にはたくさんの桜の古木がありました。

20120322-5.jpg

まだまだつぼみは堅かったのですが、
あと1カ月足らずで桜が咲くと思いますので、
そのころはまた見事な城の姿となることでしょう。
機会があったら、そんな時期にもまた是非来てみたいと思います。


会津若松って、こんなに良いところだったんですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

さて、この時期に裏磐梯に泊まったら、滑らないわけにはいきません。
いろいろ行きたいところも、見たいところもたくさんあるし、
普段からよく滑っているので、
余りがっつり滑りに行ったわけではないのですが、
それでも裏磐梯猫魔ホテルのオフィシャルスキー場である
裏磐梯猫魔スキー場と、前から一度行きたかったグランデコスノーリゾートに
滑りに行ってきました。

まずは裏磐梯猫魔スキー場ですが、ホテルから送迎バスで10分ほどの
場所にあります。このスキー場の裏側にあるアルツ磐梯スキー場とともに
いずれも星野リゾートの運営するスキー場です。
アルツ磐梯は東京時代に何度も滑りに行ったのですが、
こちらの猫魔スキー場は初めて。
思っていたよりコンパクトなスキー場でしたが、
手強そうなコースがたくさんあります。

20120320-3.jpg

磐梯山を背景に滑るこちらのコースなど、
かなりスピードが出そうなコースです。

20120320-1.jpg

東北や関東から、腕に覚えがあるスキーヤーが大挙して訪れるというのも
うなずけます。
ちなみに上の写真で三角形に白く輝く山は磐梯山の山頂ですね。

一方、グランデコスノーリゾートは穏やかな山容の吾妻山の斜面に広がる
なだらかなコースが特徴。森の中を滑る、実に雰囲気のよいコースです。
ゴンドラに、すべてフード付きの高速リフト、
それに設備が整ったセンターハウスと、
首都圏にもう少し近ければ、ものすごく人気が出そうな設備が
整っています。

20120320-5.jpg

独特な「DECO」というロゴマークが、印象的ですね。
そのためか、最近のスキー場にしては珍しく、
車用のロゴシールなども売っていました。

あいにく、一番雰囲気のよいコースは濃い霧のため何も見えず、
写真の撮影も出来なかったのですが、
下から見上げるとこんな感じ。
正面のコースが一番急だというレイアウトで、
中間部はかなり長い緩斜面となります。

20120320-4.jpg

ただ、一本ずつのコースが長いので、
滑走感はかなりありますので、
こちらも天候が今ひとつながら、ご機嫌に滑ってきました。
最近は軽井沢近辺のスキー場ばかりなので、
たまには泊まりがけのスキーというのもよいものですね。
この辺りのスキー場は、かなり遅くまで滑れるようなので、
意外に近いし、ホテルはよいし、
機会があれば、また是非滑りに行きたいと思います。


どちらも面白そうなスキー場ですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

裏磐梯猫魔ホテル

svetla
0

今日はお彼岸の中日。昨晩帰宅後、車で東京の実家にとって返し、
実家に一泊泊まった後、今朝は朝から千葉にある墓参りに行ってました。
いや、京葉道路の渋滞、ものすごかったですね。
軽井沢に住んでいると、高速の渋滞には巻き込まれずに済むことが多いので、
久しぶりにひどい渋滞に遭遇した感じです。

そんなこんなで、早くもまたまた1日あいてしまった、この週末の
福島旅行記。
今回の福島行きで、宿泊したのは裏磐梯にある
裏磐梯猫魔ホテルです。

20120319-3.jpg

この裏磐梯猫魔ホテル、軽井沢にゆかりがあるホテルで、
運営しているのはなんとあの星野リゾート。
星野の本拠地に住んでいると、トンボの湯やハルニレテラスなど
日帰り施設は頻繁に利用させていただいているのですが、
宿泊となるとなかなか機会がありません。
我が家も、今の家が出来る直前に、
一回星のやに泊まったことがあるだけです。
なので、非常に評価が高い
星野リゾートのサービスを体験するべく、ワクワクして出かけました。

まずはその外観にびっくりしてしまいました。

20120319-1.jpg

で、デカイ!
もっとこぢんまりした施設かと思ったら、ものすごく巨大で、
しかも豪華なホテルなのです。

20120319-2.jpg

それもそのはずで、このホテルは元々地元資本により
バブルまっただ中に贅を尽くした施設として開業したそうですが、
ご多聞に漏れず、バブル崩壊の中で運営主体がいくつか変わり、
数年前から星野リゾートが運営しているそうです。

そんな来歴はともかくとして、さすがはバブル期の建物と言うことで、
とにかくいろいろ豪華。ロビーも驚くほど広々しています。

20120319-4.jpg

ロビー正面には、これまた今まで行った温泉の中でも
トップクラスとなるゆったりとした豪華な温泉大浴場があり、
目の前の桧原湖を見ながら、ゆったりと湯につかれます。
この温泉の泉質がまた素晴らしく、
ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉だというほのかに茶褐色の湯は
とても温まり、疲れが溶けてしまいそうな温泉です。
近くにあったら、毎週行きたいような泉質です。

パブリックスペースだけではなく、客室も広々。

20120319-5.jpg

バストイレのセパレートタイプで、
ベッドもセミダブルなので、ゆっくり眠ることが出来ます。
そして何より素晴らしいのが、窓からの眺望。

手つかずの裏磐梯の自然が、一望できるのです。

20120319-6.jpg

赤松林の向こうに、真っ白の雪原が見えるようですが、
荒れは雪原ではなく結氷した桧原湖。
これが新緑の時期となれば緑なす木々の向こうに
静かに水をたたえる湖水をのぞみ、
紅葉の時期ならば、全山色づく木々が湖面に映えた
絶景が望めるに違いありません。
この眺望を眺めるだけでも、このホテルに泊まる価値がありそうです。

夕食は和洋のコースメニューか、バイキングを選択するのですが、
我々はバイキングを選択。
野菜たっぷりの東北各地の郷土料理が並ぶバイキングは、
手の込んだ料理が多く、味も秀逸でした。

今回は、この素晴らしいホテルを拠点に、
福島県会津各地を回りました。
こうして写真を整理していると、また行きたくなってしまいました・・・


裏磐梯猫魔ホテル、良さそうなホテルですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

この週末、ブログの更新をサボっていましたが、
どうしていたかというと、福島に行ってました。
出かけたのは会津。

20120318-1.jpg

こちらは会津の象徴、鶴ヶ城です。

今回は、裏磐梯から喜多方、会津若松、大内宿などを廻り、
先ほど軽井沢に帰ってきました。
東京からは何度か出かけたことはあるのですが、
軽井沢から行くのは初めて。
昨年、北関東道が開通したので、とても便利になり、
3時間あまりで会津に到着します。
この週末はあいにくの天候だったのですが、
それでも冬から春へと移り変わる時期の会津を
堪能してきました。

いやいろいろ素晴らしかった。
なにぶんにも先ほど帰ってきたばかりなので、
順次写真を整理して、ご紹介していきます。
お楽しみに!


しばらく更新がないと思ったら、
そんなとこに行っていたのですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

先週までは暖かでしたが、金曜日から土曜日にかけて大雪となって以降、
朝晩はこの時期としては、またまた寒い日が続いています。
今晩も、我が家についたときの気温は氷点下6℃と真冬並みでした。

20120315-1.jpg

ましてや軽井沢町内でもひときわ雪が多い我が家周辺、
道路は今回はかなり早く除雪が入ってくれたおかげで
雪はほとんどなくなりましたが、
我が家の庭や、勾配が緩い駐車場の屋根は
まだ雪がたくさん乗っかっています。
日中はそこそこ気温があるので、少しは溶けるようなのですが、
夕方になると急速に冷え込むようで、
一気には溶けない感じです。

そのおかげか、我が家のガレージの屋根には
現在巨大つららが成長中。

20120315-2.jpg

一番長いものは1m近くになりそうな感じです。
今年、ここまで巨大につららが成長したのは初めて。
この週末はいったん暖かくなって、また一時雨が降るそうなので、
そのときまでの命かもしれませんが、
明日朝も厳しく冷え込み、日中は少し暖かになるようなので、
それまではもうちょっと成長するかもしれません。
あすから3月も後半になるわけですが、
この巨大つららを見ていると、
春はまだまだな感じです。
ま、この週末はスキー場が絶好のコンディションになりそうなので、
私にとってはこの気候はラッキーなのですけどね。


つらら、ずいぶん巨大になりましたねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

春が近づき、軽井沢の観光シーズン入りを前に
駅などで無料配布される「るるぶFREE軽井沢」が発行されました。

20120314-1.jpg

この手の冊子、新店情報などが豊富なので、
定住した今でも欠かさずもらってくるのですが、
今回ももらってきてぱらぱらとめくっていると、
実に耳寄りな情報を見つけてしまいました。

20120314-2.jpg

軽井沢警察署の隣に、以前サークルKだった建物が
長いこと空き家になっていたのですが、
しばらく前から工事がスタート。
いったい何が出来るのかと思っていたら、
4月にチョコレート専門店が出来るそうです。

その名も、軽井沢チョコレートファクトリー東京ラスク。
最近人気の東京土産の一つである東京ラスクが、
あの跡地に、チョコレート工場併設の
チョコ専門店を開設するそう。
その広告が、るるぶFREE軽井沢に掲載されていたというわけです。
どんな店になるか、楽しみですね。


まさかチョコレート専門店が出来るとは思っていませんでしたという方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

軽井沢駅では定期を購入すると、花と長野版のポケット時刻表をくれます。
ちょうど3月が定期の更新時期で、新たに定期を購入したのですが、
ちょうど私が定期を購入する時期と、
ポケット時刻表を発行する時期が微妙にずれているので、
いつも時刻表だけ後からもらいに行ってきます。
今回も、先週になってようやく新しい時刻表が発行になったので、
軽井沢駅の窓口でもらってきました。

20120313-1.jpg

表紙には大きく「3.17ダイヤ改正」の文字が。
そうなんです、今年もJR春のダイヤ改正の時期が
やってきました。

今年の目玉は、東北新幹線に新型車両E5系が
追加配備ということらしいのですが、
私にとっては、軽井沢に引っ越してきて以来、
年々混雑が激しくなっているような気がする
長野新幹線のダイヤ改正が特に気になります。

で、どうなったかというと、
新幹線関係の動きは下記の通りだそうです。

1.「はやて」(東京~新青森間)15往復中、7往復をE5系車両で運転
2.山形新幹線、「つばさ」の速達化で東京~山形間が2時間20分台に
3.東北新幹線、朝夕の通勤時間帯の利便性向上
 (1)朝時間帯の上り 「やまびこ」 1 本を速達化
 (2)夕時間帯に東京~盛岡間を運転する下り「やまびこ」を新設
4.上越新幹線、朝通勤時間帯を中心に輸送力増強

以上。(JR東日本Webサイトから)

・・・・あれ、長野新幹線は?

なんと、今回のダイヤ改正では全く無視。
そんなことはなかろうと、穴の開くほど時刻表を眺めていたら、
朝のあさま506号が本庄早稲田駅を通過に変更というのと、
のぼりの最終あさまの長野駅発車時刻が、
4分繰り下がり21:46になった・・・ということぐらいです。

ツイッターをフォローいただいている方は、
毎朝ぶつぶつ言っているのをご覧いただいたかもしれませんが、
このところの朝のあさまの混雑は、とても激しいものがあります。
高崎駅からはもちろんですが、
軽井沢駅でも後から来た方は着席できないケースもあるほどです。
帰りも同様。
特に夜8時台は一本しかないため、かなりの混雑となります。
その辺り、少しは改善してほしいのですが、
全く今回はお構いなしでした。
そろそろ何とかしてほしいのですけどね・・・
このままだと、2014年の北陸新幹線金沢開業まで
きっとこのまま放置なのでしょう。
でも今からこの混雑ぶりでは、
これから始まるトップシーズンがとても心配で、
もはや待ちきれない感じです。
頼みますよ、JR東日本!何とかして!


長野新幹線利用者にとっては、とても拍子抜けなダイヤ改正ですねと思った方はこちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

薪売るコンビニ

svetla
0

最近、軽井沢を含む東信地区はファミリーマートの出店ラッシュ。
これまでこの辺りはセブン・イレブン、ローソン、それにセーブオンが
多かったのですが、最近あちこちでファミリーマートが新しくできたのを
見かけます。

軽井沢町内も、軽井沢駅近くのスーパーヤオトクが改装し、
昨年ファミリーマートとの兼営になったほか、
プリンス通りの72近くの以前はセブン・イレブンだったところも
いつの間にかファミリーマートになっていました。

その軽井沢駅前のファミリーマートヤオトク軽井沢店の店頭で
面白い張り紙を見つけてしまいました。

20120312-1.jpg

すごいなぁ、薪の販売ですよ。
しかも、値段も結構リーズナブル。
太さや量違いで、一束480円と300円があるようで、
大量に購入すると、配達もしてくれると書いてあります。
まさしくコンビニエンスなのですが、
薪売っているコンビニなんて、初めて見ました。
店頭にも在庫があるのかどうかよくわかりませんでしたが、
別荘の方が夜東京から来られた際、
薪の備蓄が減っていて、とりあえず朝までの分を少し購入・・・
なんて場合は、とても便利かもしれませんね。
今度試しにどんな薪か、買ってみたいと思います。


へぇ、コンビニで薪売っているなんて、自分も初めて聞いたよと言う方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

あの日から1年

svetla
0

2012年3月11日の軽井沢は、前の日の雪がたっぷり残る、
ちょっと寒い朝となりました。

20120311-0.jpg

今日は仕事で出張のため、いつも会社に行くのと同じ時間に起きて、
同じ時間に家を出ました。

1年前の3月11日は金曜日。しばらく前から入院していた祖母は、
その前の週に肺炎が悪化し、予定を変更して様子を見に東京に行たのですが、
幸い容態が好転してきたので、
その週末は残り少ないスキーシーズンを過ごすべく、
久しぶりに菅平あたりに滑りに行く予定にしていました。
あと1日会社に行けば、滑りに行ける・・・
そんな思いで、いつものように新幹線に乗って、
東京へ向かいました。

そして、14時46分。
日本のすべてのものが、その前と非連続になってしまった瞬間を
東京都心にある高層ビルの職場で迎えました。

あれから、早くも1年が経ったことになります。
幸い、私も妻も、そのそれぞれの実家の両親、親戚も
この震災による直接の被害はありませんでした。
震災直後こそ、多かれ少なかれ生活や仕事に一定の影響は受けましたが
今日に至るまで、無事に一年を過ごすことが出来ました。

今日も、おかげさまで普通に起きて、普通に家を出て、
無事仕事に出かけています。
今日は長野経由で名古屋に向かったのですが、
長野新幹線は定刻通りに長野駅に到着し、
長野駅からの名古屋駅特急しなのも定刻通りに名古屋に向け出発。
何もかもが、予定通りです。

名古屋行きの特急しなのは、長野駅を出発してしばらくし、
篠ノ井線にはいると、日本三大車窓と呼ばれる姨捨駅周辺を通って
松本に向かいます。
山沿いを姨捨に向けて高度を上げていくと、
進行方向左手の車窓に、残雪が残るのどかな里山の向こうに、
ゆったりと流れる千曲川と、その両側に広がる善光寺平の
雄大な風景を車窓に望むことが出来ます。

20120311-1.jpg

この風景、このブログでも何回か登場したことがありますが、
私は大好きで、いつもはわくわくしながら車窓の風景を楽しむわけですが、
今日はなんだか、いつもとは違う、複雑な気分でこの光景を眺めてしまいました。

実はこの景色を見ながら、不覚にも涙がこぼれてしまったのです。

高いところから下を見下ろすという非日常的な視点も相まって、
あの1年前の日とはは異なり、
何事もない日常を当たり前に過ごせていることへの感謝の思いと、
被災して、困っている多くの方々に、自分が何が出来ただろうという後悔の思いと、
身近な祖母の死も含め、ニュースなどを通じて
あまりにいろんな死の姿を目の当たりにしたことなどなどが
いろいろごちゃ混ぜになって、
えもいわれぬ気分になってしまったのです。

もちろん、車窓から望む、穏やかな信州の風景が
気持ちを高めてしまったことは言うまでもありません。
自分にとっても、3月11日が特別な日だったことに
改めて気づいてしまいました。

今日の14時46分はまさに仕事の真っ最中で、
大々的には黙祷できなかったのですが、
この場を借りて、改めて。

合掌

ちなみに、震災1周年を機に、当ブログの復旧・再開後も
封印していた震災翌日のブログも加筆訂正の上、再掲示しました
その翌日のものまで記入し、不注意でデータを一時削除してしまったのですが、
その分、そして再開までの空白期間のものも含めて
思い出す限り、そして資料がある限り、
内容を埋めていきたいと思います。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

まずはこちら。

20120310-2.jpg

今朝起きて、いの一番に飛び込んできた景色が
こちらの景色です。
ものすごい大雪。もう笑ってしまうしかないほどの雪です。
今回はかなり湿った雪だったので、
木々の着雪がものすごく、
久しぶりに白樺がイナバウアーとなってしまいました。

今日は出かける予定があったので、
とにかくまずは雪かき。
1時間ほど汗だくになりながら雪かきしましたが、
湿った雪だったので結構足腰に来る雪でした。

ばたばたしていたので、正確な積雪をはかっていなかったのですが、
上の写真から想定すると、
我が家の庭では30cm近く積もった感じです。

我が家の前は何とか除雪しましたが、
土曜日の朝と言うこともあって、我が家の近くの道路は
まだまだ降りっぱなしの状態。
モフモフの雪をかき分け、
なんだかちょっとしたアドベンチャー気分で前へ進みます。

20120310-3.jpg

さすがにこれだけ降ると除雪車が来るのも早く、
ちょうど道路の途中で除雪車と行き会いましたので、
おかげさまで帰りの道は、だいぶ楽に帰ってこられました。

とはいえ、到着した我が家の屋根下は、
過去最高に近いほどの積雪に。

20120310-4.jpg

およそ1.5メートルほど積もっている感じです。

3月に入ってから、雪は降るものの、
直後に雨が降ったり、暖かくなったりするために
1月から積もる根雪もだいぶ溶け始めていたのですが、
我が家の庭は再び一面の銀世界になってしまいました。

20120310-5.jpg

今回は、これまでと少し違い、
あすから再び冬型が強まり、来週1週間はかなり寒くなるようです。
かなり水分が多い雪だったので、かさは減りそうではありますが、
今回の雪はしばらく残ってしまいそうですね。

ちなみに今日はどこに行ったかというと、
久しぶりに湯の丸に行ってきました。

20120310-1.jpg

こちらもかなりモフモフの雪だったので、
腿がぱんぱんに張ってしまいました。
今日は早く寝よう・・・といってももう夜11時近くですが。


それにしても、今日はすごい雪でしたねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

しかし予想していたこととはいえ、3月になって冬型が緩んだら、
軽井沢は本当によく雪が降ります。
今週は月曜日に続き、2度目の本格的な雪。
しかも、朝から小雪が舞い、日中は一度雨に変わったようですが
その後また雪に変わって今に至るまでずっと雪が降り続いている今日は
すでにかなりの大雪になっています。

20120309-1.jpg

今日の雪はいわゆる典型的な上雪で、
水分を含んだものすごく重い雪。
しかも雨から雪に変わったためか、
木々への着雪がすごく多く、
はやスノーモンスター状態になっています。

20120309-2.jpg

常緑の木々は着雪が増えると枝がしなってくるので、
今日は道にしなだれかかる木々が続出。
車に当たって折れている大きな枝などもありましたので、
いずれにしても車の通行には十分注意が必要な感じです。

今で我が家のデッキでおよそ15cm積もっているでしょうか。
予報では明日の朝まで降り続くようなので、
1/20に匹敵する大雪になりそうな予感です。
この週末、軽井沢にスキーなどで来られる方は
どうぞ気をつけてお越しください。


またずいぶん積もりましたねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

昨年秘密のケンミンSHOWなど様々なテレビで取り上げられ、
健康によいと、ちまたで大人気となったえのき氷。
軽井沢でもツルヤとマツヤでごく少量入荷しているのですが、
何しろ人気らしく、すぐに売り切れてしまいます。
まさかうちのブログで取り上げたから・・・ではないと思いますが、
今年に入ってからも、なかなかありつけないでいました。

それが先日、ツルヤに行ったうちの奥さんが、
こんなものを発見してしまいました。

20120307-1.jpg

名前こそ、冷凍えのきピューレとなっていますが、
紛れもないえのき氷。

さすがはツルヤです。えのき氷、自社ブランドで作ってしまったのですね。
きっと引き合いは多いのに、なかなか商品が入手できないので、
業を煮やして作っちゃったというところでしょう。
入手困難なえのき氷とは違い、自社製品だけあって、
そこそこの量が入荷していたようです。
早速我が家も買って来て、朝味噌汁に入れています。

作り方が単純な商品ですから、それほど違いはないと思っていたのですが、
微妙な火加減などが違うのか、
ツルヤの新製品の方が、あっさりした感じではあります。
しかし、エキスに変わりはないでしょうから、
本家商品は未だに入手が容易ではないので、
しばらくは気軽に入手できそうなツルヤの新製品に
ご厄介になることが増えそうですね。


ツルヤすごい!えらい!と思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

今朝の軽井沢はまた雨模様。
そのため、日曜日の夜から降った雪はさらにぐちゃぐちゃとなり、
今朝の裏道はひどい道路状況でした。いや、怖かった。
その後、軽井沢の最高気温は、東京と同じ15℃。
先日氷点下17℃だったところの2週間後の気温だとは思えません。
この暖かさのおかげか、水気の多い大根おろしのようになっていた
軽井沢の道路の雪は、ほとんど溶けて、
ひときわ雪が多い我が家周辺でも
道路の通行に差し支えるほどの雪はなくなりました。
最も、今朝ようやく除雪が来たからかもしれないのですが、
いずれにしても、明日朝はひやひやしなくて良さそうです。

さて、雪が多いと言えば、軽井沢の比ではなかったのが
先週末スキーに行った妙高高原。
その妙高のスキー帰りは、やはり温泉です。
せっかくならば、現地で行ってみようと言うことで、
妙高杉ノ原スキー場の隣の池ノ平スキー場の近くにある、
妙高池ノ平温泉「温泉かふぇ」に行ってみました。

20120306-1.jpg

池ノ平温泉の中心にある「ランドマーク妙高」という、
文字通りランドマークになりそうな大きな建物の中にあるこの施設、
温泉にネットカフェが併設されているような、ちょっとユニークな施設で
冬季はなんと24時間営業しているそうです。
仮眠室などもあるので、夜間着いたスキーヤーやボーダーが
ここの温泉で温まって、リフトが動き始める朝まで
仮眠をとるというような使い方なのでしょうね。

利用料は時間制で、1時間だと880円と、長野価格からすると
ちょっと高め。観光地価格なので、致し方ないですね。
早速入浴しますが、内湯はかなり広めで、
ゆったりとつかることが出来ます。
泉質は硫黄泉だそうですが、草津のような強烈な硫黄臭はありません。
ぬめりのある、肌に優しい泉質で、やや温めの湯ですが
じんわりと体の芯から温まってきます。

すごいのは露天風呂。豪雪地なので、露天といっても
全面屋根がついています。
その屋根の下にある湯は、なんと真っ黒。
私が目が悪く、めがねを外すと余りよく見えないので、
足下が見えない黒い湯は、入浴するのに結構躊躇しました。
転んだりしないよう、おそるおそる入浴してみると、
ほのかなタール臭がする、これまで経験したことがない泉質です。
この黒い色は、天然でこうなっているわけではなく、
池ノ平温泉の湧出地にたまる、
黒い泥を混ぜているそうです。
この黒い泥、かなり温泉成分が濃いらしく、
湯につかると、こちらも温めの湯ながらかなり温まります。
珍しい泉質の温泉でしたが、とてもよい温泉でした。
次回も妙高に行った際は、ここに立ち寄ろうと思います。

この温泉カフェの前も、ものすごい積雪。

20120306-2.jpg

2メートル以上は軽くありそうです。
交差点など、雪の壁が出来てしまっていて、
脇の道からの直進車がなかなか見えないので、
とても怖かったです。

20120306-3.jpg

ここ数日の暖かさや雨で、もう少し溶けてしまったかもしれませんが、
何度見ても、すごい雪です。


温泉かふぇ、良さそうですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

昨晩から降り始めた雪は夜通し降り続け、
今朝の我が家は本格的な雪景色。

20120305-1.jpg

朝6時過ぎで、深いところでは10cmぐらいの積雪となっていました。
気温が氷点下すれすれと軽井沢的には気温が高かったため、
さらさらの雪ではなく、べたっと重い雪です。
月曜日早々、出勤前の雪かきです。

雪はその後も降り続き、昼前にうちの奥さんがメールで送ってきた写真を見ると
さらに積もって15cmほどになっています。

20120305-2.jpg

ところが、恐れていたことが。
上の写真を撮った直後から雪が雨に変わり、
夕方までずっと雨。

その結果、15cmも積もった雪が水分を含み、
べちゃべちゃのシャーベット状に。
そこを車が通るのですから、
みるみる道路はぐちゃぐちゃです。
通行量が多い国道18号や、バイパスなどは
すでにかなり溶けていて、通りやすいのですが、
我が家がある奥まった道に入ると、
ぐちゃぐちゃな雪に妙な形で轍がついてしまい、
おまけに水分が多いわけですから滑る滑る。
何度も一回転しそうになりながら、
必死にハンドルを握り、何とか自宅にたどり着きました。
こんなことが、このところ多くて困ります。

あすはさらに気温が高くなり、
その後は週末にかけて再び寒くなる予想とか。
そうすると、今度はシャーベット状になった雪が
バリバリに凍ります。それはそれでまた滑るので、
ちょっと憂鬱な日が数日続きそうです。


大雪の後の雨は、本当に迷惑ですよねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

夕方、ちょっと出かけて6時頃軽井沢に帰ってきたのですが、
追分あたりからぽちぽちと降り始めた雪が、
中軽井沢にさしかかると、本格的な雪に。
我が家にたどり着いたときには、
すでにうっすらとデッキが積雪し始めていました。

20120304-1.jpg

今は止んでいますが、デッキは3cmほど積もっている感じです。
今日はこの後明日の午後にかけてずっと雪の予報ですので、
明日朝の積雪がちょっと心配です。

先日も申し上げたとおり、厳しい寒さは峠を越え、
ようやく春に向かい始めた感じではありますが、
南岸を低気圧が進み、周期的に東京が雨が降るようになると、
気温によっては軽井沢は雪になります。
先週土曜日の雪も東京は雨でしたが、
軽井沢は大雪。
どうも今回もそんなケースになりそうです。

しかも、日中気温が高くなると、
それまでの雪が、雨に変わったりします。
そうすると積もった雪にたっぷりと雨がしみこみ、
シャーベット状になってとてもスリップしやすくなります。
さらに、夜になって冷え込むと、それが凍ってアイスバーンになります。
先週から、ずっとこのパターン。
アイスバーンがここ数日の暖かさで溶けて
道路が走りやすくなったというのに、
また元の木阿弥になりそうです。
あ~あ、週明けそうそう、憂鬱な1日となりそうです。
最もこれが過ぎないと、軽井沢には春が来ないので、
致し方ないのですけどね・・・


それにしても、中途半端な積雪は困りますよねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

3月3日はひな祭り。
しかし、そんなことはお構いなく、
今日は早起きして、妙高杉ノ原スキー場に行ってきました。

20120303-4.jpg

東京に住んでいたときは、何度か滑りに来たこのスキー場、
妙高山麓の中でも、比較的空いていて、
しかもコースが長く、快適に飛ばせる中斜面が多いので、
結構気にいったスキー場だったのですが、
いかんせん、東京からだと遠い。
日帰りは絶対無理で、一泊が必要になります。

ところが軽井沢からは高速で1時間半ほどで到着します。
なので、もっと行ってもよいはずのスキー場なのですが、
わざわざここまで行かなくてもよいスキー場がたくさんあるので、
引っ越して以降、一度も行っていませんでした。

だいたいこのスキー場、行く時期が難しい。
冬まっただ中だと、日本有数の豪雪地帯なので、
滑っている間も、ものすごい雪が降ることもしばしば。
以前行った際には、一回リフトに乗ると、
まるでかさこ地蔵のように雪まみれになり、
時には吹雪いたりして、視界も最悪といったこともしばしばでした。
おまけに、以前は1泊で出かけたのですが、
一晩で1メートル近く雪が積もり、
埋まった車を1時間以上かけて発掘したこともあります。
記録的な豪雪だった今年、
おそらくものすごい雪が降っていたことは
容易に想像できます。
なので、天候が落ち着くのをじっとまっていました。

逆にあまり暖かくなってしまうと、
それほど標高が高くないため、雪質が悪化するのがかなり早い。
かくして、いい感じで滑れるのは先週末か、
今週末をおいてほかにないと考え、
今日でかけてみたというわけです。

出かけて見たものの、昨日の天気予報は雪。
しかし、それほど強い冬型ではなさそうだったので、
予定通り決行です。

軽井沢からは小諸インターまで行って上信越道で妙高高原インターまで。
インターを降りてからは10分ほどでスキー場に到着です・・・が、
行く道中は、ものすごい雪の壁。

20120303-1.jpg

昨晩から雪が降っていたようで、
道路にはシャーベット状の雪が少し残っていましたが、
走行に差し支えるほどではありません。
むしろ、凍結している軽井沢の方が怖い。
しかし、両側から雪の壁が迫る道は
ものすごい圧迫感です。
カーブの見通しなどは非常に悪く、
対向車が見えないので実にどきどきします。

20120303-2.jpg

慎重に運転して、無事スキー場に到着しました。

この妙高杉ノ原スキー場の特徴は、
長いゴンドラでかなり上の方まで一気に上がれること。
ほとんどの方が、このゴンドラを使うためか、
途中のリフトはかなり休止していました。

ベースの部分は、曇りで小雪が舞う程度だったのですが、
ゴンドラで上に上がると、ものすごい霧で、
自分がこれから滑るコースが全く見えません。
この妙高杉ノ原スキー場は、それほど急なコースもなく、
どちらかというとフラットな斜面が多いので、
安心して滑れば大丈夫なのですが、
しかし前が全く見えないのは、実に怖い。
おそるおそる滑ってくると、
途中からは少しずつ霧が晴れて、
日本のスキー場の中でも有数の広いゲレンデが
お目見えします。

20120303-3.jpg

この辺りは、結構気持ちよく滑ることが出来ました。

さらに下まで下がってくると、霧は晴れるのですが、
今度は雪質が悪化。まあこれはもう春スキーになってきているので
致し方がないですね。

20120303-5.jpg

しかし久しぶりの妙高杉ノ原でしたが、
やはりコースそのものはとても滑りごたえがあるコースです。
今度は、天気がよく、ゲレンデがよく見える日に
滑りに行ってみたいと思います。
今年は無理なので、来年かな・・・


せっかく妙高まで行ったのに、天気が悪くて残念でしたねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

今日は朝から雪の予報でしたが、
本格的な雪にはならず、時折みぞれになってみたり、
雪っぽくなってみたり、また雨になってみたりと
1日よくわからないものが降っていたようなので、
おかげで今日も軽井沢の道路はひどい状態。
一見雪が積もっていないように見えても、
シャーベット状の雪で人も車も滑る滑る。
毎日どきどきの通勤です。

さて、先週所用で佐久に行った際、
久しぶりに佐久平の草笛に行ってみました。

20120302-1.jpg

このところは、佐久に行くとニトリ隣の治助に行くことが多かったので、
草笛は本当に久しぶりです。
ちょうど昼の混雑が一回転したところで店に入ったので、
昼なのに、珍しく待たずに入店できました。
我々が入った直後にまたどやどやと人が入ってきたので、
ちょうどよいタイミングです。
いや、なんだか今年はこの手のことがツイています。

メニューを見るまでもなく、私は「もり中」を注文。
もり中・・・つまりもりそばの中盛りですね。
奥さんは今回は温かいそばで、山菜そばを注文しました。

待つことしばし、注文したものが運ばれてきました。
まずはもり中。

20120302-2.jpg

深めの桶に、すり切り一杯そばが盛られているのは、
何度見ても豪快です。

20120302-4.jpg
20120302-3.jpg

ちなみに奥さんが頼んだ山菜そばはこちら。

20120302-5.jpg

大きなどんぶりになみなみと入っていて、
普通のそば屋ならば大盛りといった感じで食べ応えがありそうです。

早速伸びないうちにいただきます。
私が頼んだもりそばは、この店こだわりの七三の割り。
のどごしがよく、薫りも良い、
相変わらず美味くて食べ応えのあるそばです。

20120302-6.jpg

そばは、伸びないうちに一気に食うポリシー。
いつものペースで、そばをたぐっていきますが、
なんだかいつもと様子が違います・・・
ある時点で、かなり満腹に。
このところタニタ本メニューを中心に食べているのですが、
このダイエット本の特徴は、炭水化物である主食の量がとても少ないこと。
ご飯は100gしか食べません。

その少ない炭水化物になれてしまったためか、
これまでならばぺろっと平らげていた草笛の中盛りが、
どうやら入らなくなってしまったのです。
うわ、久しぶりに草笛のそばなのに、もったいない・・・

なので、いつもよりもだいぶ時間をかけて、
何とか平らげました。うっぷ・・・
いつもならば、これも楽しみにしている、というより
そばを食べる主目的でもあるそば湯は、
もはや入る余地がなく、今回は一口飲んだだけでパス。
こちらは、もったいないことをしました。

しかし、こんなことがあるのですね、というより、
今までやはり食べ過ぎだったんだな、きっと。
次回から草笛に行った際は、
おとなしく普通盛りを頼みます。


確かに草笛のそばは量が多いですよねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

いよいよ今日から3月です。
別に月が変わったからではないのでしょうが、
とても暖かい一日となりました。
軽井沢も例外ではなく、昨日の大雪が嘘のように
今日は暖かくなり、そのおかげか、
町内の道路に降り積もった雪も、
凍り付いてアイスバーンになる前に
かなり溶けてしまったようです

厳しい寒さが続き、当ブログでも寒い寒いと言っていましたが、
10日ほど前から少し春の兆しも感じられるようになりました。
昨日はまたドカッと雪が降ってしまったため、
我が家の庭もまた一面の深い雪に覆われてしまいましたが、
先週末は少しずつ端の方から地面が見えてきていました。
その一角から、なんとスノードロップの芽が。

20120301-2.jpg

自然はすごいですね。今年はこんなに寒かったのに、
ちゃんと昨年と同じような時期に芽を出し、
つぼみをつけて開花の準備を進めています。

あの忌まわしい東日本大震災からまもなく1年、
被災された方に比べたら、取るに足らない経験ではありますが、
首都圏の交通麻痺の影響で、軽井沢へ帰る足がなくなり、
私もようやく動き始めた数少ない新幹線に
ぎゅうぎゅう詰めになりながら、
2日がかりでようやく軽井沢の我が家にたどり着きました。
そのときも、庭の半分ぐらいがまだ雪に覆われていたのですが、
ちょうど庭の片隅でスノードロップが咲き始めたところでした。
厳しい冬を乗り越え、咲き始めたスノードロップに
震災後の状況を重ね合わせ、
とても癒され、とても勇気づけられ、
言いようのない感動を覚えたのを
昨日のことのように思い出します。

きっとこれからも、我が家の庭に春の訪れを告げる
スノードロップを見るたびに、
いつまでも震災のことを思い出すに違いありません。

その震災1周年を前に、首都圏では
なんだかこのところ大きな地震が相次いでいます。
今朝は茨城県で震度5弱の揺れを感じる大きな地震があり、
軽井沢でも揺れを感じたそうです。
私はちょうど新幹線に乗っていましたが、
地震直後に停車することはなかったものの、
より震源に近い東北新幹線には少し影響があったようで、
大宮駅直前で一時停車し、東京駅への到着が5分ほど遅くなりました。
まだその程度でよかったのですが、
いずれは大きな地震が来ることも想定されています。
備えだけは、より一層心がけておきたいと思います。

スノードロップ、つぼみもかなり大きくなり、
そろそろ咲きそうではあるのですが、
明日はなんとまた雪の予報。
しかもほぼ一日降る予想なので、
また軽井沢の積雪が心配です。
スノードロップの辺りは、現在昨日の雪がまだしっかり積もっていて
咲き始めたスノードロップを覆ってしまったので、
開花するのはもう少し先になってしまうかな。
先週の土曜日以降、何となく1日おきに雪が降っているような
感じなので、我が家の雪かき隊長もややへばり気味。
まだまだ我が家の庭は、昨日の雪がたっぷり積もっているし、
ほどほどに降ってもらいたいものです。


花を見ると、春が近づいてきたのを実感できますねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2012年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年2月です。

次のアーカイブは2012年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。