2012年9月アーカイブ

今日は中秋の名月ですね・・・・
などと言っている場合ではなく、
強い台風17号が現在本州に接近中。
軽井沢も昼過ぎまでは本当に台風が来るの?
と言うような平穏な一日でしたが。
午後3時頃から雨が降り始め、
しばらく前から強い雨が降り続いています。
どうやら少し風も出てきたかな?
長野新幹線も、夕方4時過ぎから運休する列車がでるなど
影響が少しずつ出始めていますね。

軽井沢の場合、雨も心配ではありますが、
何より風が心配。
森の中にありますから、風により木が倒木したりすると、
道路が通れなくなったり、
停電したりします。

我が家も今朝から風と停電対策を主眼に
ずっと台風対策をしていて、
ガレージにおいてある自作のスキーロッカーは
背が高いため、倒れないようにロープで固定。

20120930-2.jpg

そして、停電対策に、ノートパソコン、タブレット、
携帯は常にフル充電の状態に。
さらに、家中のランタンにキャンドルをセットし、
コールマンのランタンにもオイルを充填。

また懐中電灯の点灯状況を確認し、
すぐに使えるようにテーブルの上にセットしておきました。

さらに、万一のために水と、カップラーメンを補充。
カセットコンロもすぐ使えるように出しています。

20120930-1.jpg

恐ろしいのは、現在軽井沢を直撃するコースで
台風がやってきていること。
台風がやってくると必ず大騒ぎしますが、
とにかく越して1年目の台風9号では
本当にひどい目に遭いました。

今回の台風と良くルートが似ていると言われる昨年の台風15号ですが、
この際には軽井沢のすぐ近くを通りながら、
台風の進路の北側となったためか、
それほどの被害にはなりませんでした。
ただ、今回はそのときより少し西側を通っているために、
軽井沢の西側を抜けるようになると心配です。
と言うのも、一般的に台風は反時計回りに回るため、
進路の右側が猛烈な風になると言われているからです。

軽井沢に台風が最も近づくのは、
今夜9時過ぎから夜半にかけてと言われています。
被害が出ないことを、台風の準備が杞憂になることを
祈りましょう。


台風17号、心配ですねと思った方はこちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

昨晩は最終新幹線で帰宅。今週は火曜日も遅かったので、
もう限界で、昨晩はブログの更新をサボってしまいました。
家に帰って、布団に入って、三十秒で意識不明に。
そして今朝はゆっくりと寝たい・・・ところですが、
いつも通り5時起きして、身支度して、
朝6時に軽井沢を出発しました。

せっかくの休みの日なのに、こんなに早起きして、
どこに出かけたかというと、こちらです。

20120929-1.jpg

軽井沢から高速で1時間あまりで到着する、
北信の小京都、小布施です。
到着したのは朝7時過ぎ。
まだ町中はとても静かです・・・

20120929-5.jpg

と思いきや、小布施の名店、栗菓子で有名な小布施堂本店の脇には
とても朝7時とは思えない、ものすごい行列が。

20120929-3.jpg

我々の前には、既に5~60人ぐらいの人がずらっと並んでいます。
一体何の行列かというと、その理由はこちら。

20120929-14.jpg

新栗が出回るこの時期に、小布施堂の本店でしかいただけない栗菓子、
朱雀をいただくためなのです。

毎年行きたい行きたいと思っていたのですが、
とにかく混むよと聞いていたので、
休みの日に早起きする勇気がなくて毎年断念したのですが、
今年は絶対に食べると心に決め、
ついに、小布施行きを決行したというわけです。

しかし、我々は1時間ほどで到着しましたが、
駐車場には名古屋とか、水戸とか、県外車がたくさん停まっています。
そんな遠くから来られて、しかも我々より前に並んでいた方は
前の晩から徹夜で来られたのでしょうか?
恐れ入ります。

この朱雀、とにかく良い栗がたくさんでる時期しか作らないそうで、
毎日限定およそ400食とのこと。
朝8:30から予約券を販売するので、
皆さんそれめがけて早朝から集まってきたというわけです。

幸い、我々は早く行ったおかげで、9:30からの予約券を
手にすることが出来ました。

20120929-6.jpg

1時間あたりに提供できる量に制限があるため、
あさ8:30から予約券を販売と言っても、
遅い方は午後の販売になってしまったりするそうです。
その間、小布施で時間をつぶすことになるのでしょうが、
我々はそれほど間が開かない時間にいただけそうで、
早起きした甲斐がありました。

とはいえ、予約時間までには1時間ほどあります。
その間、腹ごなしをかねて、朝の小布施を散策です。

20120929-2.jpg

いつ来ても、本当に絵になる町ですね。
いつもはとても混雑していますが、
これだけ朝早いと、朱雀を食べる人以外は
まだそれほど人がいないので、
素晴らしい町並みをゆっくりと散策できます。

そうこうしているうちに1時間が経過したので、
今回我々がいただく小布施堂の当主市村家の本宅に
伺います。

20120929-7.jpg

その昔、葛飾北斎もくぐったという由緒正しい門をくぐると、
情緒あふれる本宅があります。

20120929-8.jpg

このお屋敷の座敷で、いよいよ念願の朱雀をいただくこととなります。
大きな栗がおかれた玄関をくぐり、座敷にあがり、朱雀を待ちます。

20120929-9.jpg

しばらくすると、運ばれてきましたよ、朱雀。

20120929-10.jpg

赤い盆の上に、赤い皿に載せられた褐色の朱雀は、巨大です。

20120929-11.jpg

見た目は巨大なモンブランみたいですね。
もしくは十割そばにも見えますね。
とにかくものすごい存在感です。

さて、これを見て、皆さんどのような味を想像されますか?
きっとモンブランみたいな濃厚な味を想像されませんか?

実は、これが実に繊細な和菓子。
モンブランのピューレのように見える部分は、
大きな小布施の新栗を蒸して、裏ごしをかけたもの。

20120929-12.jpg

まざりけなしの栗100パーセントなので、
糖分は一切加えられていません。
栗独特のほのかで自然な甘みが、口の中に広がる、
素材の味だけの実に上品なお味です。
そして裏ごししてすぐに運ばれてくるので、
運ばれてきた当初はしっとりとしていますが、
座敷を吹き抜ける風などが当たると、
いただいている間にもすぐにモサモサしてくるのです。
これでは、持ち帰りは絶対に無理。
時期限定、場所限定、数限定になるのがよくわかります。

ちなみに中はどうなっているかというと、
こちらは小布施堂名物の栗あんが中心に入っています。
でもその量はほんのわずかで、ほとんどが裏ごしした栗。

20120929-13.jpg

でもその栗あんが入っているおかげで、
途中から次第に味が変わってきます。
裏ごしした栗が栗あんに混ざって、
より栗の味が濃くなります。
これがまた絶品です。

と言うことで、ゆっくり味わって、
とても美味しくいただきました。
あ~旨かった。そして感動しました。
まさに季節をいただいた感じです。
季節を大事にする、日本ならではの和菓子で
本当に素晴らしいと思いました。
おかげで早起きして並んだ甲斐がありました。

今年の朱雀の販売は、9/13~10/21までの予定だそうです。
ただ、良い栗が入らない日は休みになることもあるとか。
朱雀券は、毎朝8:30から小布施堂本店で
販売となります。

20120929-4.jpg

是非行ってみたい方は、詳しくはこちらをご参照くださいね。
機会があれば、もう一回行っちゃおうかな・・・


朱雀、とても旨そうと思った方はこちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

先日ツルヤに行ったら変なものを見つけてしまいました。

20120927-16.jpg

タバスコ柄ながら、ボトルが褐色の瓶、
一体何かと思ったら、スパイシーしょうゆと書いてあります。
ちょっと面白そうなので、早速買って来てしまいました。
その名の通り、しょうゆにタバスコを調合しているそうです。
ステーキやパスタ、サラダなどにおすすめだそうです。
冷や奴などにも良さそうですね。
早速試してみたいと思っています。

ちなみに、発売元は群馬県の正田醤油。
皇后陛下のご実家筋にも当たる、老舗の醤油メーカーですが、
実に意欲的な新製品で、ちょっとびっくりです。
興味のある方はツルヤ軽井沢店へ。
まだたくさん売っていると思いますよ。


スパイシーしょうゆ、すごそうですねと思った方はこちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

早いもので大旅行から軽井沢に帰ってきて2週間。
ずいぶん長々とご紹介してしまいましたね。
いよいよ旅行も終盤となりましたが、
昨日もちょろっと書いたとおり、
台風16号がひたひたと長崎に接近。
ついに雨になってしまいました。

20120927-1.jpg

長崎へはハウステンボス駅から大村線の快速列車で1時間ほどの距離です。

20120927-2.jpg

天気が良ければ大村湾の海岸線ぎりぎりに走るため、
綺麗な内海の海岸線を見ながらの旅行となるのですが、
あいにくの雨で、せっかくの景色が台無しです。
とはいえ、この大村線、海岸線ぎりぎりに走るため
台風が来たり、大雨が降ったりすると、
すぐ停まるそうなのです。
景色がどうのと言っている場合じゃありません。
幸いこの日は遅れることもなく、定刻通りに無事長崎に到着しました。

長崎も、広島と並んで路面電車な町。
ホテルのチェックインにはまだ早い時間だったので、
取り急ぎ荷物だけ集めて、一人500円の一日乗車券を
購入して町に繰り出します。

20120927-3.jpg

ホテルに着いた際にはまだ小雨がぱらついていたのですが、
荷物を置いて出かけた際にはなんと雨が上がっていました。
我々、ついてます。

路面電車を乗り継いで、まず向かったのはこちら。

20120927-5.jpg

長崎一番の観光名所、グラバー園です。
グラバー園についた際には、なんと雲間から薄日も覗くほど
天候が回復。
実は長崎は2回目で、前回来たのは高校の修学旅行だったのですが、
このときはものすごい雨。
今も、平和公園や二十六聖人記念館などで傘を持っている写真が
残っていますが、途中からものすごく強い雨となり、
グラバー園までたどり着かなかったのでした。
ということで、このグラバー園は念願かなっての初の訪問です。
確かに長崎港を一望する、絶景の場所にあるのですね。
グラバーさんは、すごい場所に邸宅を構えたものです。

20120927-4.jpg

バルコニーを大きくとった建物は、日本の夏の暑さをしのぐために
日陰を作り、風を通すためにこういう構造になったのでしょうが、
なにやら軽井沢の古い洋館の別荘にも通ずるものがありますね。

20120927-7.jpg

内部も、なにやらタリアセンの睡鳩荘を彷彿とするような作りです。

20120927-6.jpg

グラバー園の次は、国宝・大浦天主堂へ。

20120927-8.jpg

思い出しましたが、ここまでたどり着いた時点でものすごい豪雨となり、高校の修学旅行では引き返したのでした。
内部の写真は撮影禁止なのでありませんが、
ゴシック様式で建てられた壮麗な内部が見事です。

そのあと、また路面電車に乗って、今度はもう一つの長崎名所である
オランダ坂方面へ。

20120927-9.jpg

ここで、ついに雨が降ってきてしまいました。
雨のオランダ坂です。

20120927-10.jpg

石畳の道で滑りそうなので、両親はパス。
私とうちの奥さんだけ、さわりの部分をちょろっと観光してきました。
あ~修学旅行に引き続き、「長崎は今日も雨だった」です。

さらにそこから今度はこちらも長崎と言えば・・・の出島へ。

20120927-11.jpg

出島と言えば、海に突き出す扇形の文字通り出島で、
鎖国だった江戸時代に小さく海外に向けて開かれた窓口でしたが、
その扇形を忍ばせる石垣が発掘され、
外から見えるようになっていました。

20120927-12.jpg

中には、オランダ東インド会社の紋章が入った門などがあります。

20120927-13.jpg

そして、西側からオランダ商館などが現在順次復元されています。

20120927-14.jpg
20120927-15.jpg

と言うことで駆け足で出島まで観光したのですが、
ここで風雨が強くなってきたので、
とりあえず観光は打ち切り、いったんホテルに待避しました。

もちろんここまで、一気に観光したわけではなく、
途中で食事をしたりしながら観光したわけですが、
その話題は、また明日まとめてお届けしますね。
長崎と言えば、あれですよ、あれ。


あいにくの雨でしたねと思った方はこちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

さて、なんだか飛び飛びにご紹介しているので、
だらだらと長くなってしまっていますが、
広島・長崎旅行紀もようやく終盤に近づいています。

一日天気にも恵まれ、途中でホテルに昼寝に戻ったりして
ゆっくりと巡ったハウステンボスですが、
夕食を兼ねて、夕方からまた繰り出して、
夜のハウステンボスを回ってみることにしました。
イルミネーションがとても綺麗らしいのです。

まずは、先ほど回りきれなかったエリアを
ぶらぶらと散策し、お土産物に良さそうなグッズを扱う店を
覗いてみます。

20120924-1.jpg

このひときわ派手なショップは、
国内最大級のミッフィーショップだそうですよ。

そうこうしているうちに、次第に暗くなってきました。
園内で食事を済ませ、外に出ると、
既に綺麗なイルミネーションが。

20120924-2.jpg

運河を行き交うカナルクルーザーも夜になると
イルミネーションがともるので、
それが川面に映り、これまたとても絵になる情景となります。

20120924-3.jpg

ハウステンボスのシンボルであるドムトールンの夜景を背景に
運河を進むカナルクルーザー。
今回ハウステンボスで撮った写真の中でもベストショットかもしれないと
自画自賛しております。

20120924-4.jpg

ドムトールンと並ぶハウステンボスのシンボル、
スタッドハウスは、結婚式なども行われる昼も華やかな建物ですが、

20120924-0.jpg

夜になると、さらにライトアップされて華麗な建物になります。

20120924-5.jpg

そしてこのスタッドハウスがあるアレクサンダー広場をめがけて
夜のハウステンボスの呼び物の一つである
クリスタルパレードが華やかに行われます。

20120924-6.jpg
20120924-7.jpg
20120924-9.jpg
20120924-8.jpg

と言うことで、夜まですっかり園内を満喫して、
ぶらぶらと歩いてホテルへの帰路につきます。
ガッツりとトルコライスなどをいただいているので、
ホテルまでの距離は、良い腹ごなしとなります。

これがまたどこをとっても様々なイルミネーションに彩られ、
昼間とはまた趣の異なる園内を満喫しながらの
散策となりました。

20120924-10.jpg
20120924-11.jpg
20120924-12.jpg
20120924-13.jpg

本当は翌日もさらにハウステンボスをじっくりと
散策する予定だったのですが、
あいにく台風16号がひたひたと長崎に迫ってきていました。
最終日は長崎市内を観光する予定にしていたのですが、
直撃を受けそうだったので、
予定を変更してハウステンボスは1日で切り上げ、
翌日すぐに長崎市内に向かうことにしました。
名残惜しいのですが、出口を通って園外に出てホテルに戻ります。

20120924-14.jpg

実はディズニーリゾートはあまり好きではなくて、
東京に住んでいるときは比較的近いところだったのですが、
高校を卒業した直後と、社会人になった直後に
2回しか言ったことがありません。
なんだか子供だましな感じがして。

それに比べると、建物が本格的なハウステンボスは
一番最初にも書きましたが、
大人のリゾートといった感じ。
その分子供はあまり面白くないかもしれませんが、
大人にとっては町を散策しているだけでも十分楽しめる感じです。
一つ残念だったのは、花があまり咲いていなかったこと。
チューリップが咲き乱れる春や、
ガーデニングイベントが開かれるこれからは
とても綺麗になるそうなので、是非次回はそんな時期にも
来てみたいと思います。

さ、次は今回の旅行の締めくくりで、
長崎市内ですよ。美味しいものもたくさん登場するので、
お楽しみに!


ハウステンボスのイルミネーション、綺麗ですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

このところ急に冷え込みが厳しくなってきた軽井沢。
昨晩も、なんだか寒いなぁと思って、今朝出社のため家を出たら、
なんと我が家のガレージにある温度計はついに一桁の
8℃を指しています。

20120926-1.jpg

夏から一気に晩秋になってしまった感じ。
先日も書きましたが、1週間前まで
クールマックスのポロシャツに、
半パンツで長崎を旅行していたとは思えないほどの
急激な冷え込みです。
今朝もストーブは我慢しましたが、
朝飯は厚手のフリースを着ていただきました。

新幹線も、軽井沢ではうっすら暖房が入っていた模様。
それが一眠りして起きたら、
今度はうっすら冷房が入っていました。
とても体には良くない感じです。

とにかく気温の変化が急激なので、
皆さんどうぞ体調管理に気をつけてくださいね・・・
と人に言っている場合ではなく、私がなんだかダウン寸前です。
なんかからだがだるく、頭痛もします。
まずい、風邪引いたかなぁ・・・

とはいえ、これだけ急激に冷え込むと、
紅葉が楽しみになってきます。
夏の少雨が心配ではありますが、
一気に冷え込んだので、きれいに紅葉すると良いですね。
我が家のモミジも、気のせいか色が変わってきたような気がします。
紅葉の見頃まで、あと1カ月ほどですよ。
これからクリスマスにかけての軽井沢が
私は一番好きなシーズンです。


え~もう朝の気温が8度ですか!とびっくりした方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

今日も帰りが遅かったので、手近な話題を先に
お届けしますね。
ハウステンボスネタ、まだまだあるのですが、
何しろ写真の数が膨大で、整理しながら書いているので、
ぼちぼちご紹介していきたいと思います。

さて早いもので9月も残すところあと数日となりましたが、
来る10/1で、長野新幹線が開業15周年を迎えるそうです。
それを記念し、Suicaのキャラクター「Suicaペンギン」をモチーフに
信州の名所や特産品などをモチーフにした
ラッピング新幹線の運行が、9/23から始まったと
先日の信濃毎日新聞で報じていました。

そうしたら、今朝軽井沢駅に行って、ホームに降りたら
なんとまあ、いつも乗車するあさま502号が、
まさにこのラッピング新幹線。

20120925-1.jpg

早くも実物に出くわしてしまいました。
5号車のドアの脇には善光寺と、真田六文銭の兜を着けた
真田幸村風Suicaペンギンが。

20120925-2.jpg

なかなか可愛いでないの。

そして、6号車にはスノーモンキーが描かれています。

20120925-3.jpg

さらにさらに、7号車のグリーン車には
サイクリングをするSuicaペンギンに、
ジャムやパン、珈琲など、
なにやら軽井沢をモチーフにしたと思われるような
ラッピングが。

20120925-4.jpg

やはりグリーン車は軽井沢なイメージだったのでしょうかね。

このラッピング新幹線、まずは1編成だけの登場だそうですが、
これから年末に向けて、合計4編成お目見えするそうです。
当たる確率も次第に高くなりそうですよ。
ちなみにこのラッピング新幹線の運行ダイヤは
前日にJR東日本のホームページ
確認できるそうです。
気になる方はどうぞご確認くださいね。


なかなか可愛いラッピング新幹線ですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

早いもので、広島・長崎旅行から帰ってきて1週間。
旅行の際はものすごい暑くて、さらっとしたクールマックスのシャツに
半パンツという出で立ちで出かけたのですが、
1週間たった今朝の出で立ちは、室内でもこもこのフリースを着用。
今朝の軽井沢の最低気温は、11.7℃。
あともう一声で一桁となる寒さです。
先週までは軽井沢でも夏日となっていたのが
信じられない冷え込みです。

そして夜9時頃帰宅したのですが、
その頃の我が家のガレージの温度計は、既に12℃に低下。

20120924-15.jpg

何となくそれからさらに気温が下がっているようですので、
既に11℃台になっているような感じです。
現在もパソコンデスクの足下が、ずいぶんスースーします。
今晩も暖かくして寝た方が良さそうですね。

しかし、急に来ましたね、寒さ。
最近、夏になるときも、秋になるときも
季節がいきなり変わるのは
やはり地球温暖化の影響なのでしょうか。
なんだか、我が家のモミジも、
一部葉の色が変わってきたような気がします。
これだけ急に気温が変化したので、
きれいに紅葉すると良いですね。


しかし、先週までが嘘のように寒くなりましたねと思った方は
こちらからポチッと!
ハウステンボスの話題も待っていますよという方も、
ポチッとお願いします。
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

昨日もちょっと切り口を変えてハウステンボスの話題でしたが、
今日は旅行紀の続きです。
ハウステンボスは、テーマパークと言うより、一つの町なので、
いろんなショップや、レストランが園内にはあります。
上はホテルヨーロッパのフレンチレストランから、
下はフードコートのファストフードまで、
よりどりみどりなのですが、
我が家はここに行ってみました。

20120923-9.jpg

ハウステンボスのシンボル、ドムトールンの下にあるレストラン街の
洋食店「とっとっと」です。
お目当ては、長崎名物のトルコライス。

トルコライスの専門店は、関越道上り線の三芳パーキングエリアにある
Pasar三芳にもありますが、
基本的にはピラフ、またはチキンライスの上に、
とんかつなどの揚げ物を載せて、
さらにサラダやナポリタンがつくという、
言ってみれば大人のお子様ランチ。
ちょっとカロリーはありそうですが、
いまやちゃんぽんと並ぶ長崎名物なので、
長崎にせっかく行ったのならば是非食べてみたいと、
この店でいただくことにしました。

私が頼んだのは、ミックストルコライス。
オムライスに、クリームコロッケ、ハンバーグ、それに
定番のサラダとナポリタンがつくという
ボリュームたっぷりのもの。

20120923-7.jpg

・・・皿が大きすぎて、なんだかよくわからないので
逆さまにして縦に撮影してみました。

20120923-8.jpg

う~ん、食い過ぎかなぁ。

子供の頃、お子様ランチを大人食いしたいと思ったことは
きっと誰もが思ったのではないと思いますが、
文字通りそんな感じ。これでプリンがあったら申し分ない・・・
いえいえ、カロリーオーバーですね。


トルコライス、すごいボリュームですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

それにしても今日は寒い一日でしたね。
午後4時過ぎの我が家の気温はなんと14度。
先週までの暑さは一体何だったんでしょうという寒さで、
フリースを引っ張り出したいような気温です。

20120923-10.jpg

一気に秋が進みそうですね。

秋になってくると、軽井沢で増えてくるのはウエディング。
町や観光協会も「ウエディングの町・軽井沢」を標榜し、
様々なイベントなども実施されますね。

ところが、先日この軽井沢の強敵となりそうな場所を
見つけてしまいました。
それがこちらです。

20120923-1.jpg

そう、ハウステンボスです。

軽井沢は豊かな自然と、別荘地としてはぐくまれた
独特の西洋的な景観が、リゾートウエディングを引きつける
要因なのでしょうが、
ここハウステンボスは、人工的に作られた町とはいえ、
西洋そのもののまさに異国そのものの町並み。
このように町並みの中を馬車が走っていても全く違和感がありませんね。

20120923-2.jpg

この非日常的な感じこそ、ウエディングには欠かせない要素の一つです。
その意味では、ハウステンボスで結婚したい!と言う人が
とても多いようで、たまたま滞在した日が友引だったせいか、
たくさんの結婚式が開かれていました。

まずこちらは、ホテルヨーロッパに御者付きの馬車で乗り付けた
ウエディングのカップル。

20120923-3.jpg

実に絵になります。

そして、こちらは休憩にホテルの部屋に戻った際に
館内のチャペルで今まさに挙式を終えた
カップル。

20120923-4.jpg
20120923-5.jpg

こちらは、ライスシャワーで祝福されたあと、
真っ白なロールスロイスでどこかに旅立ちました。

20120923-6.jpg

なかなかイケメンと、美人さんのカップルで
すてきでしたよ。

と言うことでハウステンボスは、アジアからのウエディングも、
距離が近いだけに余計に有利そうです。
軽井沢、うかうかしちゃいられないですよ!

しかし、こうしたリゾートウエディングは、
ご本人はもちろん、参列している方も、
そして我々のようにたまたま観光で言って出くわした人も、
皆さん祝福してくれるので、
なかなか良いものですよね。

我が家はリゾート地ではありませんが、
明治神宮で挙式したので、
観光客の良い被写体となってしまい、
特に外国からの観光客の方からは
前から後ろから、かなりバチバチと写真を撮られ
とても多くの祝福をいただいてしまいました。
きっと今頃は、どこかの国の方のアルバムに、
我々がしっかり収まっていることと思います。
いずれにしても、この日ハウステンボスで挙式をされた方は
いつまでもお幸せに。


確かに、ハウステンボスの挙式もすてきですねと思った方は
こちらからポチッと!
ハウステンボスの話題も待っていますよという方も、
ポチッとお願いします。
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

しかし、先週の旅行の話題はまだまだあるのですが、
まずは今日は季節の話題から。

早いもので今日は秋の彼岸の中日です。
暑さ寒さも彼岸までと言いますが、
軽井沢は「寒さは彼岸から」です。
昨日辺りから一気に気温が下がり、
今朝の最低気温は13度で、最高気温は20度。
明日はなんと最高気温14度の予想です。マジか!

20120922-2.jpg

こんな、ちょっと肌寒いお彼岸となってしまいましたが、
お彼岸と言えば、おはぎです。
我が家は今年も、中軽井沢の中学校前踏切脇にある
おらが製菓さんにおはぎを買いに行きました。

20120922-1.jpg

一番最初は、美味しいからとお裾分けでいただいたのですが、
とにかくあんこが美味しい。
和菓子の基本はあんこだと固く信じているので、
その意味ではあんこが美味しいこちらの店は、
我が家では5つ星の和菓子屋さんとなっています。

と言うことで、夢にまでみたおはぎを、
今年も、粒あんとこしあんをいただいてきました。
このほかにごま餡がありますが、
あんこ党の私は断然粒あんとこしあんです。
帰ってきて、早速渋茶とともに、
ぺろっといただいてしまいました。
ああ、美味しかった!


おらが製菓のおはぎ、旨そうですねと思った方は
こちらからポチッと!
ハウステンボスの話題も待っていますよという方も、
ポチッとお願いします。
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

昨晩は、最終新幹線になってしまい、家に帰ってきてから
すぐ寝てしまいましたので、お休みをいただいてしまいました。
ということで、先週末の旅行記、早いところ先に進めてしまいましょう。

厳島神社に詣でたあと、いよいよ広島から今回の目的地である
長崎のハウステンボスに向かいます。
広島からは、山陽新幹線・九州新幹線で新鳥栖へ向かい、
そこで特急に乗り換えて2時間あまりでハウステンボスに到着です。

20120921-11.jpg

既に夕方だったので、到着したときの情報は
既に一回ご紹介していますね。

ということで一夜明けた翌日の情報です。
ご承知の通り、先週末は台風16号が接近し、
九州は大きな影響を受けたのですが、
幸い、この日はまだ台風の影響もほとんどなく、
朝から快晴。

20120921-1.jpg

ホテルの部屋のカーテンを開けると、
そこはすっかりオランダといった感じです。
ちゃちいテーマパーク(USJなど)は、
どことなくどの建物も張りぼてに見えますが、
ここの建物は、いずれもかなり本格的。
そのおかげで、本当に海外に来たのではないかと
錯覚するような景色が目に飛び込んできます。

20120921-2.jpg
20120921-4.jpg

早速、園内に入場します。
今回宿泊したホテルオークラJRハウステンボスは、
ちょうど入園口のすぐ脇にあるため、
入園にはとても便利でした。

20120921-3.jpg

まずは、園内の運河を走るカナルクルーザーで、
園内の奥に向かい、そこからぶらぶら歩いてくる作戦です。
船の上から見る風車は、オランダそのもの。

20120921-5.jpg

そして、ドムトールンの近くに来ると、
今度はアムステルダムの市街地に来たかと錯覚しそうです。

20120921-6.jpg

カナルクルーザーは、園内中心地のドムトールンの下、
ハウステンボスで最も良いホテルである
ホテルヨーロッパの前の船着き場に到着します。

20120921-12.jpg

ちなみにこちらのひときわゴージャスな建物が、
ホテルヨーロッパ。
宿泊している方は、専用のクルーザーで
この建物の中庭にある専用の船着き場に向かうそうです。

20120921-10.jpg

そこから、園内をぶらぶら散策します。
こちらの建物は、園内にあるもう一つのホテルである
ホテルアムステルダム。こちらも、テーマパークとは思えない、
本格的で重厚な建物です。

20120921-9.jpg

園内でもひときわ重厚な建物が、
こちらの宮殿風の建物。

20120921-13.jpg

なんとこちらの建物は、JRAの場外馬券場だそうです。

20120921-14.jpg

中で馬券を売っているとは思えませんね。

そして、来るときに船の上から見た風車がある地区。

20120921-7.jpg

ここはキンデルダイクと言い、
オランダの田園風景を再現した地区。
四季折々の花が咲き乱れる、とても綺麗な場所です。
ちょうど花の境の時期だったので、
普段は花が咲き乱れるという園内も
あまり綺麗に咲いている場所はなかったのですが、
このキンデルダイクだけは、とても綺麗に花が咲いていました。
背景の風車と、私が停まったホテルオークラJRハウステンボスが
とても良く引き立ちます。

20120921-8.jpg

ちなみに上の写真は、ドムトールンの展望台から見た
ホテルオークラJRハウステンボスの建物です。

と言うことで、かなりはしょってご紹介しましたが、
実はこれでも半日。
午後はいったんホテルに帰って昼寝をして、
夕方また繰り出したのですが、
その話題は、美味しい情報とともに、
また明日。


ハウステンボス、本当にオランダみたいですねと思った方は
こちらからポチッと!
ハウステンボスの話題も待っていますよという方も、
ポチッとお願いします。
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

すいません、大人の修学旅行と題しお届けしている旅行記、
今日は帰りが遅くなって写真の整理が間に合わない、
というより、もう眠くてPCの前に座っているのもつらい感じなので、
一日お休みをいただきます。
・・・明日も休むかもしれません。

ということで、閑話休題、
久しぶりに帰ってきた我が家の話題ですが、
今回、我が家が出来てから、
こんなに家を空けたことがないくらいの大旅行。
木曜日の朝家を出て、帰って来たのは昨晩なので、
6日間も家を空けたことになります。

で、昨晩帰ってきて玄関を開けてまず気づいたのが、
木の香り。
我が家を建てた当初は、玄関を開けるたびに感じていた
木の香りでしたが、ずっと住み続けてしまうと
いつの間にか全く感じなくなってしまいました。
我が家も建てて丸五年がたち、
もう新築ではないので、木の香が失せてしまったのか・・・
と思っていたのですが、
我が家に遊びに来た友人などは、
やはり木の香りがするとよく言います。
その感触を、久しぶりに我々も感じることが出来ました。

20120919-1.jpg

さすがはすべてが木で出来ているログハウス。
そうそう木の香りは抜けないものなのですね。
慣れてしまって感じなくはなっていますが、
これが我が家にいるとひときわ落ち着く理由かもしれません。


へぇ、まだそんなの木の香りがするのですねと思った方は
こちらからポチッと!
ハウステンボスの話題も待っていますよという方も、
ポチッとお願いします。
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

さて厳島神社参拝をおえ、次はいよいよ腹ごしらえです。
お参りが先!と、先ほどはぐっとこらえた参道で、
実は通り過ぎながらも目はどこがよいか、品定めをしていたので、
ここと思った店に、立ち寄ってみました。
それがこちらのいな忠。

20120918-1.jpg

店頭に漂う焼ガキと焼きあなごの香ばしい香りに引き寄せられ、
店内に入り、もちろん頼むのはあなごめしと焼ガキです。

まずはじめに運ばれてきたのは、焼ガキ。

20120918-4.jpg

9月からカキもシーズンインとなりますので、
今シーズン初のカキとなります。
ふっくらと、香ばしく焼き上がった熱々のカキに
レモンを搾って食べると、少しほろ苦く、
でも磯の香りたっぷりのジューシーなカキエキスが
口の中一杯に広がり、誠に美味でございました。

20120918-5.jpg

カキ最高です!

そしてそうこうしているうちに、あなごめしの登場です。
こちらのあなごめしは、重箱の中の飯が見えぬほど
びっしりとあなごが敷き詰められています。

20120918-2.jpg

とはいえ、うなぎに比べると淡泊なあなご。
それだけに味付けには最新の注意が求められると
思うのですが、ここのあなごは甘からず、塩味が強からずで
あなご本来のうまみを引き出す、絶妙の味付けでした。

ということで満腹になったところで帰路につきます。
帰りはJR宮島口駅まで結ぶ、JRの連絡船で
宮島口駅を目指します。

20120918-3.jpg

こちらの舟は高速船ではありませんが、
狭い海峡を渡るだけなので、
厳島神社の大鳥居がだんだん遠くなる感傷に浸るまもなく、

20120918-6.jpg

あっという間に宮島口桟橋に到着します。

20120918-7.jpg

宮島口からは、JR山陽本線と広島電鉄の路面電車の
二通りの方法で広島駅まで帰ることが出来ます。
JRの方が乗車時間は身近いので、
今回はJRに乗車してみました。
こちらもおよそ20分ほどであっという間に広島駅に到着です。
ここからいよいよ九州新幹線に乗り換えて、
まずは新鳥栖まで向かいます。
そして目指すはハウステンボス。
明日はこのハウステンボスの話題を紹介しましょう。


厳島、良いところですね、自分も行ったみたいと思った方は
こちらからポチッと!
しばらく軽井沢ネタがちょっと減りますが、変わらずポチッとお願いいたします。
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

さあ、いよいよ広島から今回の旅の目的の一つである、
世界遺産・厳島に向かいます。
世界遺産・・・と銘打って気づいたのですが、
昨日の原爆ドームも世界遺産。
広島県は、世界遺産が二つもあるのですね。

さて、その厳島、まずはどう行こうか迷ったのですが、
一番おもしろそうな、広島港からの船で行くことにしました。
まずはホテルから駅まで行って荷物を預け、
そこから路面電車で広島港へ向かいます。

20120917-2.jpg

到着した広電広島港駅は、路面電車の停留所とは思えない
立派な駅でした。

20120917-3.jpg

ここから厳島へは、高速船でおよそ20分の船旅です。

20120917-4.jpg

どんな船かと思ったら、かなりスタイリッシュなきれいな船でした。

20120917-1.jpg

内部もなかなか豪華で、普通の客席だけではなく、
サロン風の応接セットまであります。

20120917-5.jpg

そして穏やかな瀬戸の海を快調に飛ばすこと数分で、
早くも厳島の島影が見えてきます。

20120917-7.jpg

その島影がぐんぐん大きくなっていき、船がスピードを落とすと
いよいよ厳島に到着します。

20120917-9.jpg

港ではたくさんの鹿がお出迎え。

20120917-8.jpg

この鹿、かわいらしいのですが、食べ物のニオイを感じたりすると、
ちゃっかり袋を引っ張ったりするので注意しましょう。
そして、低視聴率にあえぐ大河ドラマ「平清盛」ですが、
それでも大河ドラマの神通力は凄いもので、
この日も鹿もびっくりの大勢の人々が、大挙して厳島に襲来していました。

港からはゆっくり歩いて10分ほど、焼きちくわやら、
モミジまんじゅうやら、焼きガキやら、穴子丼やら、
魅惑的な香りが立ちこめる参道を、邪念を振り払い一直線に進むと、
石造りの鳥居が見えてきます。

20120917-10.jpg

この鳥居をくぐると、いよいよ厳島神社の境内となります。
厳島神社は入り江の奥の海上に建てられているのですが、
この石の鳥居をくぐり、しばらく進むと、
厳島神社を代表する海上の大鳥居が見えてきます。

20120917-11.jpg

よく平家は海軍、源氏は陸軍といわれますが、
海に鳥居を作り、社殿も海を正面に造った厳島神社に対し、
源氏が造営した鎌倉の鶴岡八幡宮は山を背負う平地の扇の要の位置に
造営されています。源平それぞれの特徴がよく現れていると言えますね。

ということで、いよいよ本殿の入り口で拝観料を払い、
社殿の中に入ります。

20120917-12.jpg

朱塗りの回廊を進みながら、社殿を望むと、
海に浮かぶ社殿の構造がよくわかりますね。

20120917-13.jpg

このときはちょうど干潮時だったので、
社殿の基礎となる束石の様子までがよくわかりました。

そして入り組んだ建物の隙間から見える海上の大鳥居は
どこから見ても絵になります。

20120917-14.jpg

厳島は今回2回目なのですが、こんな五重塔があったのは
前回気づきませんでした。

20120917-15.jpg

そして、こちらが本殿正面。

20120917-16.jpg

振り向けば、舞楽が舞われる高舞台越しに、
大鳥居が一直線に見えます。素晴らしい!

20120917-17.jpg

昨日ご紹介した広島平和記念公園の構成も圧倒的ですが、
今から1000年近く前に、海に浮かぶ社殿を造営した平家の壮大な構成力も
それをも上回る圧倒的なものだと、改めて感動しました。

そうこうしているうちに、気づいたら何と完璧な干潮に。
先ほどはまだ海面の中だった大鳥居近くまで
歩いて行けそうです。

20120917-19.jpg

ということで、潮が引いた州浜を、歩いて大鳥居の方まで向かいました。

20120917-18.jpg

真っ正面から見上げる大鳥居は、迫力満点です。
そして振り向けば、ようやく全景を見られた厳島神社の本殿です。
平安時代の寝殿造りの様式そのままに建てられたという社殿群は、
緑なす霊山・弥山を背景に、時代がタイムスリップしたかのようです。

20120917-20.jpg

さらにこれを潮が満ちた時間に海上から見るとさらに感動するのでしょうね。

しかし、このとき思わぬことが。
なんと、厳島の神鹿が、干潮の州浜を歩いて社殿の前に。

20120917-21.jpg

普段ならば潮が満ちている場所にたたずむ鹿が
何とも不思議な光景となりました。

ということで、長々お届けした厳島神社。
これでも写真を絞り込んだのですが、
ずいぶんな枚数になってしまいました。
実はこれでまだ終わらず・・・

次は参道を戻りつつ、昼飯となったのですが、
あまりに長くなるので、それはまた明日。

最後におまけは、社殿の背後から見た大鳥居。

20120917-22.jpg

さすがは世界遺産・厳島神社。
どこから見ても絵になる光景がたくさんあります。
また是非行きたいなぁ、厳島。
軽井沢からは、ちょっと遠いのが難点ですが・・・


厳島、良いところですね、自分も行ったみたいと思った方は
こちらからポチッと!
しばらく軽井沢ネタがちょっと減りますが、変わらずポチッとお願いいたします。
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

ということで、順次写真と、書くことの整理がついてきたので、
今回の久しぶりの大旅行の旅行記を書くことにしましょう。
今回は最終目的地はハウステンボスだったのですが、
昨日も書いたように、私と母が大の飛行機嫌いなので、
ハウステンボスまで新幹線と在来線を乗り継いで向かいました。
とはいえ、さすがに一直線にハウステンボスまで東京から向かうのは
ちょっと難しかったのと、
私の休みの関係で、両親とうちの奥さんだけ先に向かい、
会社終了後に私が新幹線でおいかけて途中で私が合流すると言うことで、
広島で落ち合うことにしたのです。
さらに広島ならば、翌日両親が行きたがっていた
宮島にも行くことが出来ます。
ということで深夜に無事広島に到着しました。

今回宿泊したのは、広島の中心地、紙屋町からほど近い
リーガロイヤルホテル広島。
中四国随一の高層ホテルで、今回は北側の客室だったので
真下に広島城を望む、とても見晴らしの良いホテルです。

20120916-1.jpg

そして、翌朝、散歩で向かったのがこちら。

20120916-3.jpg

日本人ならば、決して忘れては行けない場所の一つ、
世界遺産・原爆ドームです。
いつ見ても、原爆が炸裂した当初のままに残されたこの建物を見ると、
胸がつぶれそうになります。

そこからさらに広島平和記念公園に向かいます。

20120916-9.jpg

とても大きな広場で、正面には馬蹄形の慰霊碑、
その背後には広島平和記念資料館があります。

20120916-10.jpg

そして今回初めて気づいたのですが、
馬蹄形の慰霊碑の前に立つと、
背後にある原始の火と、その背後にある原爆ドームが、
何と一直線に並ぶのですね。

20120916-11.jpg

ほらこの通り。

20120916-12.jpg

慰霊碑に黙礼すると、その馬蹄形の窓の中に凄惨な原爆ドームが
頭を持ち上げたときにいの一番に目に入るので、
過ちは繰り返しませぬから・・・という慰霊碑の碑文の言葉が、
本当に心に染みます。

そしてもちろん、原爆慰霊碑を反対側から見ると、
今度は慰霊碑越しに、壮大な広島平和記念館が一直線の線上に見えます。

20120916-4.jpg

ということで、平和記念館と、慰霊碑、原爆の火、原爆ドームが
すべて一直線に並ぶのです。
今回は久しぶりの原爆ドームなのですが、
以前来たときはそんなことに全く気づきませんでした。

この素晴らしい平和公園の設計をしたのは丹下健三。
その構想力に脱帽です。

気づいたと言えば、もう一つ。
原爆ドーム、見る角度によって、印象が全く変わるのですね。

20120916-5.jpg
20120916-6.jpg
20120916-8.jpg

しかしこれだけの惨禍にみまわれながら、
その周囲に広がる広島の町並みは、
原爆という悲惨な被害を受けたとは思えない、
日本でも有数の美しい町並みとなりました。
その美しい町並みを形作る上で欠かせないのが、
広島名物の路面電車。

20120916-2.jpg
20120916-7.jpg

しかし、久しぶりに見ましたが、ずいぶん長大な編成が
走るようになったのですね。さすがは日本一の路面電車王国です。
いいなぁ、路面電車。
東京でも、私の実家がある東京の下町方面は道路も広く、
南北の交通が不便な部分があり、でも地下鉄を掘るほどでもないので、
本当は路面電車があればとても便利なのに・・と前から思っていました。
エコで便利な路面電車、日本でももっと普及すればよいのに。

ということで、原爆ドーム探訪からスタートした今回の旅、
広島に長崎と、修学旅行のような日程になってしまいました。
ということで、「大人の修学旅行」と銘打ち、
何回かお届けしていきます。あ~何日で終わるだろうか・・・
旅して喰って、旅して喰って・・・ネタをたくさん仕入れすぎて
どこから手をつけて良いかわからない感じです。
ま、しばらくお付き合いくださいね。


大人の修学旅行、楽しみにしていますよと言う方はこちらからポチッと!
しばらく軽井沢ネタがちょっと減りますが、変わらずポチッとお願いいたします。
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

さて、ハウステンボス行きに先立ち、
その旅行準備に靴を新調しました。
今回は、久しぶりに鉄道を使った大旅行。
え、ハウステンボス行くのに飛行機じゃないんですか?と思った方は鋭い。
私も母も、飛行機大嫌いなのです。
仕事の場合は致し方なく乗りますが、
それ以外は絶対にいや。なので今回も、東京から新幹線で向かいました。

車だといろいろあまり気にしなくて良いのですが、
鉄道だとどうしても歩くのが増えます。
さらに今回はハウステンボス散策というのが最終目標なので、
歩くのが必須です。
そこで、歩きやすい靴を、軽井沢のプリンスショッピングプラザに
買いに行ったのでした。

いろいろ見て回ったのですが、掘り出し物を見つけてしまいましたよ。
それがこちら。

20120915-1.jpg

お気に入りのティンバーランドで見つけました。
ここのほかの靴と同様、底が厚くて、とても歩きやすそうです。
おまけにとても軽いので、今回の旅行のように歩き回るのには
うってつけです。

20120915-2.jpg

そして、何より素晴らしかったのがその値段。
一体いくらだと思いますか?

20120915-3.jpg

なんと、11,550円の靴が、2,940円ですよ!

20120915-4.jpg

たまにこんな掘り出し物に巡り会えるので、
アウトレット通いはやめられません。
おかげさまでとても履きやすいので、
かなり歩き回っていますが、疲れが違うようです。

ということで、現在旅行記はがんばって写真整理中です。
ものすごい量の写真を撮ってしまったので、
なかなか整理がつかなくて。
整理がつき次第、また順次ご紹介します。

それにしても、台風が心配だ・・・


それはお買い得なものを見つけましたねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

まずは、昨日書いた東京駅大丸のお肉の細道の反響にびっくりです。
確かにうまそうでしたもんね・・・今度是非チャレンジしてみたいと思います。

さて、唐突ですが、ハウステンボスにやってきました。

20120914-2.jpg

今回は、両親と一緒です。
祖母の介護から解放され、ようやく両親も自由に旅行に行かれるようになりました。
どこに行きたい?と聞いたら、宮島と道後温泉とハウステンボスと北海道という
盛りだくさんな注文。
さすがにいっぺんは無理なので、
まずは今回、ハウステンボスに行くことにしたのです。
それも、昨晩は広島で一泊し、今日は朝から宮島観光をして
夕方ハウステンボスに到着したのでした。
ということで、この一日で、ご紹介したい情報が盛りだくさん。
まずは、本日の最終目的地だったハウステンボスの情報から
先にお届けしてしまおうというわけです。
宮島の情報は、写真がものすごく多くて整理に手間取っているので、
整理がつき次第またお届けしますね。

ということで、上の写真は、
宿泊しているホテルオークラJRハウステンボスの部屋から見た
ハウステンボスのシンボル、ドムトールンの夜景です。

このホテルオークラもなかなか良いホテルですよ。

20120914-1.jpg

オランダのアムステルダム中央駅を模したという威風堂々たる建物です。
このアムステルダムの中央駅は、東京駅赤煉瓦駅舎のモデルとも言われていますね。

20120914-3.jpg

内部もなかなかリゾート感たっぷりの作りですが、
ショッピングゾーンの一部には何とファミリーマートが
入っていたりして、とても便利なホテルでもあります。

20120914-4.jpg

おまけに、温泉まで。
先ほど入ってきましたが、鉄分が強い、なかなか良い湯です。

一つ気がかりなのは台風の行方。
明日はまだ大丈夫そうなので、明日のうちに園内を
しっかり探索してきたいと思います。


へぇ、ハウステンボス行ったのですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

軽井沢に引っ越す前は、よく行くだろうなと思っていた東京駅大丸。
でも、いざ引っ越してみるととにかく一刻も軽井沢に帰りたいので、
ごくごくたまにしか行かないのですが、
お盆も空けた8月22日、第2期増床工事の先行開業として
地下1階の食料品売り場がオープン。
現店舗に移転して以来、少しパワーダウンしていた食料品売り場が
なかなかおもしろいというので、ようやく偵察に行ってきました。

お目当ては、その名も「お肉の細道」!
肉ですよ、肉。肉に目がない我が家は、
そのネーミングを聞いただけで脳みその中が肉汁まみれとなりそうだったのですが、
とにもかくにも一目散にお肉の細道を目指します。

新店舗になって以来、だいぶ日本橋寄りに店舗が移ってしまったのですが、
今度の新店舗は、従来の店舗の北側の部分に
新しい建物が出来たようです。
地下の八重洲中央改札を出ると、その脇に、
新しい大丸の地下の入り口が出来ていました。

そして、目指すお肉の細道は、
そのまさに入り口の所に陣取っています。

20120913-1.jpg

まずは入り口から、焼き肉の叙々苑、
そして五反田のステーキ・ハンバーグの名店・ミート矢澤、
さらには日本橋の洋食の名店・たいめいけんなどが
ずらりと並んで、すべて弁当を販売。
場所柄、改装前はずらりと並ぶ弁当が
東京駅大丸の名物でしたが、
それがパワーアップして復活した感じです。

しかし、ものすごい人。細道という割には、
結構広い通路なのですが、そこに押すな押すなの人出なので、
人のおかげで細道になってしまった感じです。
最近めっきり苦手なのが、この人混み。
パワーが出そうなうまそうな弁当を横目に見ながら、
あまりの人混みにすっかりパワーダウンし、
へろへろになって退散しました。
スカイツリーもそうですが、もう少し落ち着いてから
行くことにしますかね。


なかなか魅力的なものが出来ましたねと思った方は、
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

さて、諏訪の新作花火大会と、
先週末のサイトウ・キネン・フェスティバル松本の
2週連続で訪れた松本。
松本に行ったら、やはりここに行かなくては・・・ということで、
蔵造りの家並みが連なる中町通りに繰り出しました。

20120912-1.jpg

暑かったのですが、天気は良かったので、
白壁が初秋というより、晩夏の強い光に
見事なコントラストとなっています。

20120912-2.jpg

そんな中町通りをぶらぶらと歩いていると、
なにやら後ろに大きな車の気配が。
何かと思って振り返った目に飛び込んだのが、
こちらのバスでした。

20120912-3.jpg

白の車体に、全面赤い水玉がちりばめられた、
インパクト絶大なこのバス、
松本出身の前衛芸術家、草間彌生さんデザインのバスで、
この中町通りやあがたの森など、
松本市内中心部の名所を巡る循環パス、
タウンスニーカーの車両として走っているのだそうです。

このタウンスニーカーも停まる途中の松本市美術館では
現在11/4まで、松本市美術館開館10周年記念展
草間彌生 永遠の永遠の永遠」を開催中。
このバスの比ではない、強烈なインパクトの作品が
松本市美術館の前庭に展示されているのを、
車で通りながら横目に見てしまいました。

それにしても、松本城や中町通り、そして昨日の枇杷の湯と
藩政時代からの古き良き城下町の風情がある一方で、
サイトウ・キネン・フェスティバル松本や、
草間彌生さんのような前衛芸術の展覧会が開かれる、
最先端の文化が身近にある町でもあります。
そして、信州大学があるせいか、
長野よりも何となく町に活気があります。
昨日も書きましたが、松本は本当に奥が深い町です。


すごい強烈なインパクトのバスですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

ということで、素晴らしい演奏会だった
サイトウ・キネン・フェスティバル
20周年記念スペシャルコンサートを終え、
軽井沢への帰路についたわけですが、
とにかく松本は暑かったので、ひとっ風呂浴びて帰ろうということで、
キッセイ文化ホールの脇を流れる女鳥羽川の対岸にある、
浅間温泉へと向かいました。
いつもはここから三才山トンネルを抜け、
別所温泉や小諸のあぐりの湯などに行くことが多いのですが、
今回は思いのほか遅くなってしまい、
最終受付に間に合いそうになかったので、
いつもは通り過ぎてしまう
浅間温泉に立ち寄ってみたのです。

向かったのはこちら。

20120911-1.jpg

立派な門構えと、趣のある看板が歴史を感じさせる
湯々庵 枇杷の湯です。

現在は日帰り温泉施設となっていますが、
数年前まで旅館としても営業していたというこちらの施設、
なんと、松本藩主ゆかりの湯殿として、
400年の歴史を誇る、由緒正しい施設なのです。

入り口は、先ほどの門をくぐるのではなく、
その脇にある建物の入り口から入ります。

20120911-2.jpg

中に入ると、これがまた高級旅館の趣。

20120911-5.jpg

手入れの行き届いた廊下にはガラスの展示ケースが設けられ、
古い調度品などが展示されています。

20120911-7.jpg

中庭には枝振りが立派な松が。
暗いのと大きいので、カメラでとらえきれませんでしたが、
松本城主お手植えの松だそうです。

20120911-3.jpg

この松をのぞむ窓の反対側には、
これまた風情があるしつらえの湯上がりが。

20120911-4.jpg

立派な床の間もあり、湯上がりにくつろぐと言うよりは
思わず居住まいを正してしまいそうです。

20120911-6.jpg

ただちょうどひんやりとした夜風が吹き抜け、
しばらくここにいると、すっかり汗が引きました。

さて、肝心な風呂ですが、
本館には露天風呂がついた男女の大浴場があり、
さらにそのほかに松本藩の御殿湯のあった場所に、
野天風呂が男女それぞれあるそうです。
こちらもそそられましたが、別棟なので、
今回は夜遅いこともあって、
大浴場に入ることにしました。
ここがちょっと珍しい作りで、
2階が男風呂、1階が女風呂になっています。

大浴場はそれほど大きくはありませんが、
あふれる湯が次々と注がれる、大きな風呂と、
露天風呂には、この夏新調したという
真新しい桧の香り漂う大きな桧風呂があります。

泉質はアルカリ性単純泉ということで、
無色透明の肌あたり柔らかな湯。
温度も少しぬるめで、じっくりと入っていると、
あとからじんわり効いてくる温泉です。
そして、湯上がりはさらっとしていて、
しかも肌はつるつるになるので、
夏にはもってこいのさっぱりした温泉です。
演奏会の余韻に浸るにはぴったりな温泉でもありました。

今回あとから気づいたのですが、
館内には日本料理 草創庵という、和食の店もオープンし、
本格的な懐石料理から、予約なしでもいただける
手軽な逸品メニューやセットメニューなどもあるそうです。
次回はここにも寄ってみたいと思います。

しかし、松本も奥が深いですね。
土曜日の日経プラス1で、
歴女が訪ねたい城下町の第4位が松本でしたが、
たしかに、いろいろ探索しがいがありそうです。


ずいぶん風情がある温泉ですねと思った方はこちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

ということで、昨晩書ききれなかった、
サイトウ・キネン・フェスティバル松本の件です。
20周年という節目の年ながら、総監督の小澤征爾さんが
病気療養中のため、はじめから不在となった今年のフェスティバル。
これまでは、とにかくプラチナチケットとなることが多い音楽祭で、
私も2009年に一度聴きに行くことが出来たきり、
毎年チケット確保に失敗していたのですが、
今年は小澤さんもいないし、少しはチケットとりやすいかな・・・
と思ったのは全く考えが甘く、
お目当てだった8/26のハーディング指揮のアルプス交響曲は、
チケット確保に敢えなく失敗してしまいました。

ま、仕方がないか・・・とあきらめがついたところで、
追加発売になったのが、先週9/7と9/9に開催された、
20周年記念スペシャルコンサート。
プログラムを見ると、
サイトウキネンオーケストラによるコリオラン序曲、
プロコフィエフの古典交響曲、ベートーヴェンの合唱幻想曲のほか、
若手演奏家で結成する小澤征爾音楽塾オーケストラによる
ヘンゼルとグレーテル序曲にラヴェルのマ・メール・ロワ、
さらにはスズキメソードの生徒さんによる演奏と
映像で振り返る20年と、かなり盛りだくさんなガラコンサート的な
雰囲気のコンサート。
お目当てのアルプス交響曲とはだいぶ雰囲気が違いそうでしたが、
それでも、フェスティバルの最終日を飾るコンサートだし、
何より松本の町を挙げた祝祭的な雰囲気も味わってみたかったので、
早々にチケットを確保し、昨日いそいそと松本に向かいました。
まだご紹介していませんが、先週諏訪の新作花火のあとも
松本に立ち寄って帰ってきたので、
2週連続の松本です。
今回も下道で、三才山トンネルを抜けて、
1時間半ほどで松本に到着しました。

会場の旧松本文化会館は、今年からネーミングライツを販売し、
キッセイ文化ホールと名前が変わっていました。

20120909-3.jpg

相変わらず、華やかな飾り付けが、雰囲気を盛り上げます。

20120909-1.jpg

さて、肝心の演奏ですが、
まずは、ルドヴィック・モルロー指揮による、
ベートーヴェンのコリオラン序曲からスタート。
モルローは実演はもちろん、そもそも初めて演奏を聴く指揮者ですが、
なかなか手堅く演奏をまとめるタイプの指揮者と見受けました。
ごくごくオーソドックスな解釈のコリオランでしたが、
さすがは小澤総監督のお眼鏡にかなった指揮者と言うべきか、
縦の線がビシッとあったなかなかドライブ感のある演奏でした。
何より、さすがはサイトウキネン。弦も管も打楽器も熟練の音です。

そして、何より素晴らしかったのがこの指揮者による
プロコフィエフの古典交響曲。
プロコフィエフの曲は、すべての楽器が細かい音を弾いて、
しかも、一つの旋律が様々な楽器に受け渡される
精密機械のような曲が多いのですが、
この古典交響曲はその典型。
へたっぴなオーケストラがやると、
細かい音符を一生懸命追おうとするためか、
崩壊寸前になりそうなときもあって、
聞いている方がはらはらしてしまうこともあるのですが、
さすがはサイトウキネン、音の粒がそろっていて、
一音たりともゆるがせにしない感じです。
1楽章は、個人的な好みより少しゆったり目のテンポでしたが、
4楽章は指揮者のラテンの血が騒いだのか、
かなりのスピードで演奏。
それでも全く崩壊することなく、実演でこれまで聴いた中では
最良の演奏でした。

そして、今回何より驚いたのが
第2部冒頭で登場したスズキメソードの生徒さんたち。
なんだか歩くのもおぼつかないおちびちゃんから
中学校ぐらいまでの生徒さんが、
チェロではフォーレのエレジー、
ヴァイオリンではメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲3楽章と
ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲の第1楽章を
それぞれ演奏したのですが、音程も早いパッセージも
ぴたりと合っています。
小澤総監督が、日本の音楽が世界に通用するのは、
このスズキメソードにより育った生徒さんたちが支えているから、
ということで、今回招かれたそうですが、
確かに驚きの演奏した。

最後のベートーヴェンの合唱幻想曲では、ピアノソロに
なんとピーター・ゼルキンが登場。
普段はなかなか聴かない、地味な曲目ではありましたが、
第9の原型とも言われる曲は、
記念の年の最後のコンサートを締めくくるのに
とても良い選曲だったように思います。

サイトウ・キネン・フェスティバル松本の素晴らしいのは、
町を挙げた祝祭的な感じと言いましたが、
終演後はこの日登場した演奏者300人あまりが
一人ずつ小さな花を持って舞台に勢揃い。
華やかに閉幕となりました。

そしてこの花は、なんと帰りのロビーで来場者一人ずつに配布。

20120909-4.jpg

何とも心温まるコンサートとなりました。
もちろん我が家もしっかりいただいて帰ってきました。

20120909-7.jpg

しかし、盛りだくさんなプログラムのおかげで、
16:00開演のコンサートが終わったのは、
19:00近くになってから。
既に辺りは真っ暗になっていました。

20120909-5.jpg

本当はちょっと松本市内まで出直して、
食事でもしてこようかなと思ったのですが、
予定変更。浅間温泉でひとっ風呂浴びて、
軽井沢に帰ることとしましたが、
その話題は長くなるので、また明日。

サイトウ・キネン・フェスティバル松本、やはり素晴らしい
フェスティバルです。来年も何とかチケットを確保して、
聴きに来たいと思います。そして小澤さんの指揮姿も!
一日も早くお元気になられますように。


来年のサイトウキネンは、
小澤さん復活を祈念しましょうと思った方は、
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

9月に入ってから我が家はイベント目白押し。
先週末の諏訪新作花火大会に続き、
今日はサイトウ・キネン・フェスティバル松本に行ってきました。

20120909-0.jpg

8月4日から開催していたサイトウ・キネン・フェスティバル松本も、
今日が最終日。
1992年から続けられているこの催しも、
今年で20年目と言うことで、
今回は特別に、9/7と今日の二回、
記念スペシャルコンサートが行われ、
我が家はそれに行くことが出来ました。

20120909-6.jpg

20周年目の最終日を飾るにふさわしい、
素晴らしいコンサートで、
いろいろ書きたいことがたくさんあるのですが、
昨日は出社で、今日も決行朝から出かけていたので、
ちょっと疲れてしまいました。
明日からの仕事に差し障るといけないので、
詳しくはまた明日お届けいたしますね。
お楽しみに!


良いコンサートで良かったようですねと思った方は、
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

さて、この夏食べに行って旨かったラーメン第二弾は、
軽井沢町役場の真ん前にある三代目 仔虎です。

20120908-0.jpg

軽井沢に住んでおられる方なら、
既に行っているよ!といわれそうですが、
我が家は実は今回が2回目。
これまでなかなか行くチャンスがなかったのですが、
5月に一度行って、こちらのラーメンに、
すっかりはまってしまったのです。

20120908-2.jpg

すっきりと澄んだスープに、細打ちの縮れ麺。
その上に、具は白髪ネギと割いた鶏と、色味に絹さやという、
実に見た目の美しい「とりそば」です。

世の中、こってりしたラーメン全盛のご時世ですが、
私の好きなのは、昔ながらの魚介の薫りが高く、
スープが透き通っているいわゆる東京「中華そば」や、
こちらの鶏そばのような、あっさりしたラーメン。
中軽駅前のあってりめんこうじのチキチキめんも美味しいですが、
それより数段あっさりして、でもコクがあるスープが
細めの縮れ麺に絡む、仔虎のとりそばは、
絶品だと思います。本当に旨い。

実は今回は軽井沢に来ていた両親とともに出かけたのですが、
それには訳があります。
店名に「三代目」とありますが、
初代は東京の銀座で店をされていたそうです。
なんとその店に、若かりし頃の両親が、良く通っていたそうなのです。
というのも、父の勤務先のすぐそばにその店があったから。
私も子供の頃から、「あそこのラーメンは旨い」と聞いて育ったので、
一度行ってみたいと思っていたのですが、
先日たまたまこちらの仔虎に伺ったら、
そんな由来をお聞きしたので、
それは是非にと言うことで、両親を連れてきたのでした。

その父が頼んだのは、非常にシンプルなラーメン。

20120908-3.jpg

大きなチャーシューが2枚も載っていて、
なかなかボリュームがありそうです。
スープをちょっともらってみたのですが、
こちらも鶏だしが強い、あっさりながらもしっかりとしたスープ。
伝統的な中華そば、といった感じのラーメンです。

そして、母が頼んだのは、夏ならではの
冷やし中華。

20120908-4.jpg

こちらも、様々な具材がたくさん載った、
とても旨そうな冷やし中華でした。

ちなみにうちの奥さんは、私と同じとりそばを注文です。

ということで、あってりめんこうじと並んで、
折に触れて出かけるラーメン屋さんとなりそうです。
それにしても、佐久のラーメン屋さんもレベルが高いですが、
軽井沢のラーメン店も、なかなかレベルが高いですね。
そのうち、ラーメンの町になったりして。


とりそば旨そう!と思った方はこちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

先日の温泉めぐりは、「夏の信州温泉めぐり」と銘打ったものの、
最初三回のうち、2回が県外だったという残念な企画だったので、
今回はオール信州情報でまとめられる第二弾のシリーズ企画として、
ラーメンを取り上げてみました。

最近、昼も弁当を持って行っているので、
平日はほとんど外食しないのですが、
おかげでなかなかありつけないのが麺類。
そばはもちろん、うどん、パスタ、ラーメンなど、
麺と名の付くものはとにかく大好物で、
本来は3食麺でも大丈夫な位なので、
麺を食べる機会が減ったのはチトつらい。
特に、夏になるとつるっと食べることができる麺類が
無性に食べたくなります。

そんな麺類好きの私にとって、信州は天国。
そばが旨いのは当然ながら、意外だったのは
うどんやラーメンが旨いこと。
特にラーメンは、安養寺味噌ラーメンを売り出し中の佐久や、
様々なラーメン店が多い上田など、行ってみたい店が目白押しです。
折に触れて行ってみようと言うことで、
今回は上田方面に出かけた帰りに、
前から気になっていた「中華そば ゆいが」さんに行ってきました。

20120907-1.jpg

場所は、上田バイパスと、18号が交わる秋和交差点の上田より。
シックな黒い建物と、とてもよく目立つ店舗ですので、
すぐにわかると思います。

こちらのお目当ては、看板にも書いてある特濃つけ麺。
そそります。
早速お願いしてみました。

運ばれてきたのはこちら。
まずは麺ですが、太い!

20120907-2.jpg

つけ麺の名店、東京の六厘舎をも思わせる
極太麺です。
太麺好きには、願ってもない極上の麺です。
ちょうど良いあんばいにゆでられた麺は、
モチモチ。私の好みどんぴしゃりです。

そして付け汁は、特濃との名前の通り、
とろっとしたとても濃そうな付け汁。

20120907-3.jpg

魚粉がたっぷり載せられており、
見た目ほどくどい感じは全くありません。
魚介の薫り高い、文字通り濃厚な味の付け汁で、
もちもち感が強いしっかりした麺に良く絡みます。
個人的には、六厘舎や大勝軒より好きかな。
ぺろっと美味しくいただいてしまいました。

つけ麺と言えば、佐久・岩村田の文蔵のつけそばも絶品ですが、
それに勝るとも劣らない素晴らしいつけ麺。
信州のラーメンは、本当にレベルが高いと思います。
是非また行きたいと思っています。


旨そうなつけそばですね!と思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

さて少し話題がさかのぼり、先週の日曜日の話題なのですが、
諏訪の新作花火大会を見て、諏訪で宿泊したあと、
翌朝初めて諏訪大社上社本宮に詣でてみました。

20120906-1.jpg

全国の諏訪神社の総元締めで、なおかつ信濃国一之宮の諏訪大社は
日本最古の神社の一つと言われており、
伊勢神宮などとともに、4つのお宮から構成されています。
我が家はこれまで何となく軽井沢から行きやすい
下社の春宮、秋宮にお参りしていたのですが、
ほかのお宮も参詣しないのはバランスが悪いかなとも思い、
今回時間があったのでまずは上社の本宮に
お参りしてみることにしたのです。

場所は中央道の諏訪インターの近く。
さすがに上社本宮というだけあって、
ひときわ大きな境内となっています。
まずは上記の鳥居をくぐって境内に足を踏み入れると、
絶好の記念写真スポットとなっているのが、
上社本宮一の御柱。

20120906-3.jpg

こちらもひときわ太くて、大きな御柱です。

20120906-4.jpg

不思議なのがその配置で、
上記の写真の鳥居から入ると、
参拝にはまっすぐ行くのではなく、
いったん左手に回っていきます。
しばらく行くと、また鳥居が。

20120906-5.jpg

こちらは何となく門前町らしい感じです。
かつてはこちらがメインだったのでしょうか。
鳥居脇には立派な看板が。

20120906-6.jpg

そして上の青銅製の鳥居をくぐると、
立派な門が構えています。

20120906-7.jpg

その門をくぐると、長い回廊が。

20120906-8.jpg

その回廊を歩いて行くと、
ようやく本殿境内に入ることとなります。
入り口の龍の形の手水鉢で手を清め、
境内に足を踏み入れます。

そうすると、簡素な参拝所の向こうに、

20120906-10.jpg

社殿が広がっています。

20120906-11.jpg

とても立派な社殿ですが、実はこれは本殿ではないそう。
実は、諏訪大社上社本宮の御神体は、
一番上の石の鳥居をくぐると正面に見える
なだらかな山が、ご神体だそうなのです。
奈良県の三輪神社などもそうですが、
山そのものがご神体になっているというのは、
とても古い神社の特徴だとか。

ということで、今回も素晴らしい花火が見られたことを感謝し、
しっかり拝んで帰ってきました。
諏訪大社であと残すは上社前宮のみ。
本宮のすぐ近くだそうなので、
次回諏訪に行った際には是非お参りに行って、
諏訪大社のすべてのお宮を回ったことにしたいと思っています。


ほかの御利益もあると良いですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

今日帰ってきたら、駅の雰囲気がなにやら朝と違う感じ。
何だろうと思ってよく見てみたら、
違いはこれでした。

20120905-1.jpg

確か朝には着いていなかった、紅葉まつりのフラッグが登場。
先週末で、長~~~い夏休みも終わって、
静かな、というよりちょっと寂しい軽井沢が戻ってきたばかりですが、
早くも紅葉まつりとは。

さしもの軽井沢も今年はなんだかいつまでも日中は暑かったのですが、
先週ぐらいから朝晩はぐぐっと温度が下がってきました。
既に半袖では肌寒いぐらいな日もあります。
そして何より、朝が遅くなってきましたね。
毎朝5時起きですが、これまではベッドから起きても、
電気をつけずに身支度が出来たのですが、
先週辺りから電気をつけないとどこになにがあるのだか
わからないほど暗いまま朝を迎えています。
さすがに会社に出かける時間は、もう明るくなっていますが、
これからもっと日が長くなってくると、
まだくらいうちに家を出て、軽井沢駅に向かうこととなります。

こうなってくると、なんだか寂しさを覚える方が多いのでしょうが、
私にとってはこれからが軽井沢のベストシーズンの始まり。
美しい紅葉と、信州の秋の味覚を堪能したあと、
いよいよ白銀のスキーシーズンがスタートします。
今年はエルニーニョが発生し、
夏は冷夏に、冬は暖冬にと
2カ月ほど前天気予報で言っていたのを聞いた覚えがありますが、
どうやら夏は見事に外れて暑い夏。
ということは、冬も冬らしい冬になるのではと、
ちょっと期待したりしています。
昨シーズンはなかなか良いゲレンデコンディションが続きましたので、
今年も良いスキーシーズンとなることを期待しましょう。

話がそれましたが、軽井沢紅葉まつり、
この週末から様々なイベントが町内で繰り広げられるようです。
詳しい情報はこちらから。


ほほう、早くも紅葉まつりですかと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

夏が終わればクリスマス・・・
というのはちょいと気が早いですが、
先日我が家に届いた大賀ホールからのDMを開封したら、
一昨年から大賀ホールのクリスマスの定番となった、
バッハ・コレギウム・ジャパンの「メサイア」のチラシ。
いよいよ、9/1から発売になるというご案内でした。

20120904-1.jpg

早速大賀ホールに買いに行かなきゃ!と思っていたのですが、
何分にも9/1は諏訪の新作花火大会の日。
夕方からはホテル前の道路が通行止めになるため、
早めにチェックインしてくださいと言われていたので、
早めに諏訪に向かってしまいました。
翌日買えばいいやと思っていたのですが、
帰ってきたら今度はぐったりくたびれてしまい、
家から出る雰囲気でなくなってしまいました。

ということで、昨晩ネットで購入。
まだ発売になったばかりだし、大丈夫とタカをくくっていたのですが、
なんと意外や既にどの席も結構埋まっている感じ。
最近、ネットで予約するときはチケットぴあではなく
希望のシートを選べるイープラスをつかっているのですが、
何とか夫婦2席分をゲットできました。
行こうかなと思っておられる方は、
早めにチケットを確保した方が良さそうですよ。

ということで、今年もクリスマスは大賀ホールのメサイア。
そのあと、イルミネーションめぐりをして、
どこかで食事をして帰ってくると言うのが
我が家のここ数年の定番の過ごし方。
キリスト教によって切り開かれた町、
軽井沢ならではのちょっと贅沢なクリスマスを楽しく過ごせるよう、
しっかりと仕事して、稼ぎますかね。


もうクリスマスのメサイア発売開始の時期なんですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

先日、「夏の信州温泉めぐり」と称して温泉の話題を書いたものの、
3回のうち2回は甲州と上州という、
ややお粗末なていたらくになってしまいましたが
今日は、正真正銘信州の温泉、しかも初めて入る温泉です。

ということで、今年の諏訪湖新作花火でご厄介になったのが
昨日も書きましたが、ホテル紅やの別館「稀石の癒」です。

20120903-1.jpg

別館と言っても、紅や本館の方が建物としては新しいようなのですが、
こちらは数年前にリノベーションされたようで、
こざっぱりとした、とても綺麗な施設です。
ここの売りは、「稀石」という名の通り、
上諏訪温泉の効果に、オーストラリアのバドガスタイン鉱石という
ラドン温浴効果がある石を浴槽につかっているので、
体を癒す効果が期待できるそうです。

温泉は面白い作りで、1Fに大浴場とサウナ、
そして岩盤浴などがあります。
そして、2Fに露天風呂があるので、
露天に入るときは、いったん服を着て、
2Fに上がってまた温まるといった感じです。
宿泊していれば、浴衣がありますし、
日帰り入浴ならば、作務衣のような館内着を貸してくれるので、
それを着て移動する形になります。

我々は今回宿泊だったので、
本館14階の展望大浴場も利用できました。
下の写真は、エレベーターホールの
湯上がりスペースから撮影したものですが、
これと同じ景色が、浴槽からも一望できます。

20120903-2.jpg

ちなみに隣にある高い建物は、なんとリゾートマンション。
こんな所に部屋があったら、花火見学には毎年困らないですね。

20120903-3.jpg

このホテル紅や、館内にガレのガラス花瓶などがさりげなく置かれ、
今時なかなかゴージャスなホテルだなと思ったら、
バルブのキッツのグループ会社だったのですね。
キッツと言えば、傘下にガラスコレクションで有名な
北澤美術館も持ちます。そんな関係だったとは、思いませんでした。

いずれにしても、花火に温泉にと、すっかり夏休み気分を
満喫できて良かったです。


稀石の癒よさそうですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

ということで、昨晩も速報をお伝えしましたが、
今年も諏訪で開催された第30回全国新作花火競技大会に
行ってきました。

一昨年と昨年は、打ち上げ会場正面の片倉館から見たのですが、
今年はこちらから花火を見ました。

20120902-19.jpg

諏訪湖岸のホテルの中でも、ひときわ威容を誇る、ホテル紅やです。

20120902-18.jpg

今回はこのホテルの14F建ての本館の屋上から
諏訪湖の花火を観覧することになります。

とうことで、昨日1枚目にご紹介したのは、
屋上から見渡した夜の諏訪湖。

20120901-2.jpg

上の写真を撮影したのは、
オープニングのスターマインが上がった直後だったので、
少し煙がたなびいていますが、
とても高い位置から、花火の打ち上げる初島の様子まで
はっきりと見ることが出来ました。
真ん中下辺りに、ブーメラン型に灯りが見えるのが、
初島です。

この初島から、次々と花火が打ち上げられます。
実際の花火を見ながら、夢中でシャッターを押したのですが、
ことしは昨年購入したデジタル一眼持参で言ったので、
シャッタースビートが早い分、昨年よりは
少し良くとれていると思います。
先ほど整理が完了しましたので、
写りの良いものをいくつかまとめました。

まずはオープニングのスターマインから。

20120902-1.jpg
20120902-2.jpg

10号玉が打ち上がると、あまりの大きさに
画面になかなか収まりません。
そして、この新作花火大会の目玉は、
なんと言っても出品された趣向を凝らした新作花火の数々。
今年は特に珍しいものが多く、
ホクトのきのこの歌に乗せて打ち上げられるきのこ型の花火や、
サイコロをイメージした立方体に見える花火などが
次々と打ち上がります。
残念ながら、この二つは撮影に失敗したので、
写真はありませんが、とにかく、変わった花火のオンパレードです。

20120902-4.jpg
20120902-5.jpg
20120902-6.jpg

そして、その合間に上がるスターマインがまた素晴らしい。
今年は30回を記念して、5号玉100連発などというのもあって、
いつにも増して華やかな花火が続々と打ち上げられました。

20120902-7.jpg
20120902-8.jpg
20120902-9.jpg
20120902-10.jpg

フィナーレを飾るのが、昨日も1枚だけ写真をお届けした
水上スターマイン、「Kiss of Fire」。
諏訪湖の湖上に、半円形に打ち上げられる二つの花火が
次第に近づき、その二つが重なり合ったとき、
つまりまるで花火がキスをしたように見えるときに、
その重なった水上スターマインの頭上に
次々と花火が打ち上がるという、
実にゴージャスな花火です。
今回は、上から見下ろしていることもあって、
どのように打ち上げられているかが
とてもよくわかりました。

20120902-11.jpg
20120902-12.jpg
20120902-13.jpg
20120902-14.jpg
20120902-15.jpg
20120901-3.jpg
20120902-16.jpg
20120902-17.jpg

しかし、今回は打ち上げ会場から遮るものがないこともあってか、
特にこのKiss of Fireは、体に爆風を感じるほどでした。
もちろん、諏訪湖周囲の山にこだまする打ち上げ時の爆音もものすごく、あまりの迫力に恐れをなした子供が、ずっと
「もう帰ろうよ・・・」とおびえるほど。
大人にとっては、いつにも増してど迫力の花火に、
今年も大満足です。

さらに大満足だったのがもう一つありました。
というのも、今回はこのホテルに泊まってしまったのです。
毎年、帰りがとても大変だったのですが、
泊まってしまえばとても楽ちんです。
最も私が泊まったのは、このホテル紅やの別館で、
正面の高いビルの裏にある「稀石の癒(きせきのゆ)」。

20120902-20.jpg

なかなか良い施設でしたので、こちらの情報はまた明日あらためて
ご紹介するとしましょう。

我が家にとって恒例行事となった、諏訪湖の新作花火大会。
来年はいよいよ湖上花火大会にチャレンジしてみようかな・・・


本当に素晴らしい花火で良かったですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

さて今日から9月。9月にはいると、ここ数年我が家の恒例行事となっているのが
諏訪湖の全国新作花火競技大会に行くことです。
今年もやってきました諏訪湖に!

20120901-2.jpg

取り急ぎ、写真の整理に時間がかかりそうなので、
もっともよく写ったものをとりあえずアップしておきますね。

20120901-3.jpg

詳しくはまた軽井沢に帰ってからまとめてご紹介します。
とにかく今年も素晴らしかったです!


素晴らしい花火で良かったですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2012年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年8月です。

次のアーカイブは2012年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。