軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 07ガーデニング > 庭のギボウシが今年は更に良い状態に

庭のギボウシが今年は更に良い状態に

2012年6月 2日土曜日 21:26 | 2 Comments | 0 Trackback

とっても久しぶりな何もない一日。
正しくは、日中は何も用事がない一日。
昨晩の激しい雷雨ですっかり寝不足だったため、
今朝は心おきなくゆっくり寝ることが出来ました。

こんな日はゆっくり庭いじりをするに限ります。
このところ、天気が余りよくなく、
こうしてブログを書いているたった今も
屋根をたたく結構強い雨音が。
どうやら天気予報が当たったようです。

ただ、今日の日中は比較的良い天気でした。
暑くも寒くもなく、絶好の庭いじり日和です。
まずは、いじくる前に、我が家の庭が現在どんな状態かを
確認しておきましょう。
このところ仕事が忙しく、毎朝ぼーっとして会社に出かけているので
ゆっくり庭を眺める暇もなかったのですが、
わずか一週間の間になかなか良い状態になっていました。
中でも一昨年うちの奥さんの実家からもらってきたギボウシが
昨年よりも更に株が大きくなり、とても立派な状態に。

20120602-5.jpg

土壌のせいか、斑入りの斑の割合が毎年少しずつ異なるのですが、
今年は白とグリーンのバランスがとてもきれいに入りました。
こんなギボウシ、売っているのあまり見たことありません。

このギボウシ類はよほど我が家の庭に合っているらしく、
どのギボウシも実に大きく育ちました。
家側から見た小道の入り口のところのギボウシ&ヒューケラ群も
なんだかとても良い感じに育っています。

20120602-3.jpg

何が素晴らしいって、ほったらかしでこうなったのが素晴らしい。
しかも、こぼれ種が発芽して、
今年は小さなギボウシがあちこちに芽を出していました。
変なところに生えているのもあるので、
今のうちの掘り起こして、大きくなっても大丈夫そうな場所に
移植しておきたいと思います。

このギボウシ群の背後に今が盛りと咲き誇るのが
山つつじ。今年は花の数も多く、真っ赤に燃えさかるように咲きました。

20120602-4.jpg

この後、我が家のドウダンツツジも真っ赤に咲き出します。
そうなんです、我が家のドウダンツツジは
サラサドウダンなので、
真っ赤な小さなサクランボみたいな花が咲くのです。

予定では更にこの後、コデマリ、ヤマボウシ、
バラと咲き始める予定です。
チューリップと水仙が咲き終わった跡地も、
今年はコスモスでも植えたいと思っています。
さあ、忙しくなってきました。
しばらくは、休日はガーデナーです。


ギボウシずいぶん立派になりましたねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7332

コメント(2)

希須林ファン | 2012年6月 3日 08:19

ご自宅の屋根から落ちた雪の多さを伝える、冬のsvetlaさんのブログと比べて、この同じお庭の美しさは何でしょう?(笑)。
あの長くて厳しい冬があるから、避暑地の短い半年が、美しく、いとおしいんですよね。

昨日は初めて熊と格闘しました。イノシシは2頭仕留めた事がありますが、熊は立ち上がって手を出してくるし、牙をむいてくるので、それは恐ろしい1時間でした。
結果は?、私が今コメント出来ていると言う事は?、ハイ、何とか仕留めました。

希須林ファンさん こんばんは
すいません、いつもの癖で、どこかにオチがあるのではないかと読み進めましたが、ない!ということは、本当に熊に襲われたのですか!?ご無事で何よりです。幸い我が家周辺では今のところあまり熊の出没情報はないのですが、元々熊の居住地だったところにあとから人が住んでいるわけですから、やはり気をつけないと行けませんね。私も、初心に返って、ちゃんと熊鈴持ち歩けるようにしておきたいと思います。

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.