軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > BLOG > 03おいしい店アーカイブ

信州新町ジンギスカン街道

2014年6月 3日火曜日 22:55 | 0 Comment | 0 Trackback

軽井沢に引っ越してきて、びっくりしたことはいくつもあるのですが、
その一つが、信州各地に思いも寄らなかった
名物料理があること。
その一つが、ツルヤで売っている、ジンギスカン用味付け肉でした。
昔から羊肉は大好き。大学時代に中国の西域を旅した際も、
連日の羊責めに、一緒に行った友人が音を上げましたが、
私はへっちゃら。
そんな私にとって、身近なスーパーで、
味付けジンギスカン肉を売っているなんて、
なんとありがたい!
そのジンギスカン肉は、信州新町特産と書かれています。
まさか、信州でジンギスカンが特産だとは知りませんでした。
どんなところか一度行ってみたかったのですが、
先日ようやく念願叶い、信州新町の通称ジンギスカン街道に
行ってきました。

長野インターを降りて、国道19号を松本方面に向けて
しばらく行くと、早くもちらほらとジンギスカンの看板が。
これまで、白馬に行く際にずっと横目に見て
気になっていたのですが、
いよいよ初の、ジンギスカンの本場に潜入です。

オリンピック道の分岐を過ぎて、
さらに松本方面に向かうと、いよいよ数軒の
ジンギスカン料理店が出てきます。
その中から今回は、こちらの店を選んでみました。

20140521-1.jpg

県歌・信濃の国にも登場する「久米路橋」がかかる
久米路峡を過ぎて、しばらく行ったところにある、
ジンギスカン料理店「ろうかく荘」です。

国道19号の脇を流れる犀川をせき止めたダム湖、
「ろうかく湖」のほとりにあり、
店のテラスからは、こんなに素晴らしい
北アルプスが望めます。

20140521-2.jpg

遠くに見えるのは、常念岳かな?

さて、メニューはこんな感じ。

20140521-3.jpg

肉はサフォーク(サホークと表示されていますが)、
ラム、上肉の三種類。上肉は、マトンだそうです。
あとは焼き野菜やサラダ、それになぜか
うどんやラーメンがあります。

早速、一種類ずつ頼んでみました。

20140521-4.jpg

早速やってきた肉は、食べ応えがありそうな
厚切りの肉。手前がサフォークです。
まずはサフォークから焼いてみます。

20140521-5.jpg

焼き鍋は、北海道の松尾ジンギスカンと同じ
真ん中がドーム状になった、
独特のジンギスカン鍋です。
焼くにつれて、肉の脂が両脇にたらりと垂れてくるので、
その油で野菜が美味しく焼けます。
しばらく待っていると、こんがりと旨そうに焼けてきました。

20140521-6.jpg

早速、秘伝と言われるタレに漬けていただきますが、
羊肉独特の臭みがあまりせず、
しかも柔らかくて非常に旨い!

羊肉は、体内脂肪を燃焼すると言われる
「カルニチン」を大量に含む、ヘルシーな肉。
更に、脂肪分が少なく、赤身中心なので、
非常にジューシーな焼き上がりとなります。
2人前ぐらいを、ぺろりといただいてみました。
サフォークも旨いのですが、
羊好きの私は、もう少し羊の臭いがする上肉が一番のお気に入り。
逆にラムは柔らかすぎるので、旨いのですが
食べ応えが今ひとつです。
次回はサフォークと上肉中心に攻めますかね。

景色も良いし、肉も旨いし、最高でした。
今度はまた、ほかの店も是非行ってみなくては。
白馬の帰りに、また行ってみようかと思います。


さあ、次は200万アクセス目指して!
今日も一つ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

佐久に「いっちょう」が出来る!

2014年5月21日水曜日 23:02 | 0 Comment | 0 Trackback

さて、今日もまたまた群馬の美味しい話題なのですが、
今日はデカ盛りの話ではありません。

今年に入ってから、一度取り上げようと思っていたのですが、
現在佐久インター脇で、大きな木造の建物が
建築中です。

20140519-1.jpg

その建物の脇に設置された看板には、
「いっちょう」の文字が。

そうなんです、我が家お気に入りの群馬の居酒屋チェーン、
「いっちょう」が佐久に建築中なのです。

最近特によく行くのが、安中にあるいっちょう。
JR信越線の安中駅近くの国道18号線沿いに、
このような立派な店舗を構えているのですが、

20140519-2.jpg

こんな店舗が、まもなく佐久にお目見えするのかもしれませんね。

ここは居酒屋というか、和食ファミレスといった感じのメニュー構成。
麺とどんぶりを組み合わせた膨大なセットメニューのほか、
酒のつまみになりそうな居酒屋メニューも豊富。

先日はセットメニューではなく、
居酒屋メニューを頼んでみたのですが、
まぐろの刺身や、

20140519-3.jpg

いか刺しは、非常に新鮮。

20140519-4.jpg

また、カリカリのオニオンリングや、

20140519-5.jpg

チーズトッポギなど、ビールにぴったりのおつまみメニューも。

20140519-6.jpg

ここは基本的に掘りごたつ式の個室になっているので、
大勢でわいわいやってもあまり隣の迷惑にはなりません。
近くに出来ればいいなぁと思っていたのですが、
佐久に出来れば、行きやすくなります。

一銚のホームページを見たら、まだ開店の案内は
でていませんでしたが、夏ぐらいには出来るのかなぁ。
できあがるのが、楽しみです。


いよいよ次は150万アクセスをめざして、
今日も一つ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

群馬はデカ盛り-3 「ボンジョルノ」のパスタ

2014年5月20日火曜日 22:52 | 0 Comment | 0 Trackback

さて、群馬のデカ盛り情報の第3弾は、
またまた高崎パスタの有名店、「ボンジョルノ」さんです。
我が家がよく行く「シャンゴ」や、
昨日ご紹介した「洋麺亭」同様、群馬県内で
チェーン店で展開するパスタ屋さんの一つです。
今回は、高崎環状線ぞいにある、本店に行ってみました。

20140513-1.jpg

鮮やかな看板に導かれて近づくと、
南欧風の瀟洒な店舗となっています。

20140513-2.jpg

早速中に入ると、人気店と見えて、
ほぼ満席。
ただたまたま入れ替わりで数組がでたので、
待つことなく入ることが出来ました。

様々あるメニューの中から、
私が頼んだのは、数年前の高崎キングオブパスタに選ばれたという
高崎産ハーブ豚のカッチャジョーネ、うちの奥さんは
あっさり塩味のゴンドラ塩味を注文です。
いずれもサラダとドリンクを付けてもらいました。

さて、しばらく待っていると、大きなサラダが。

20140513-4.jpg

ふうん、二人で行くと、とりわけなんだと思ったのは
私のとんだ早とちり。
上の写真のサイズのサラダが、もう一つ出てくるじゃありませんか!
なんと、上の量で1人前。とてもサービスセットのサラダの量とは
思えないしっかりとした盛りのサラダです。

そして、しばらくすると、うちの奥さんが頼んだ
ゴンドラ塩味が出てきました。

20140513-3.jpg

比較できるものを、隣に置いて撮影すれば良かったと
あとから思ったのですが、見た目からおわかりいただけますでしょうか。
とにかくもの凄い量なのです。

よく見たら、なんと1人前300g。
高崎パスタの標準なのでしょうか。
昨日の洋麺亭も、Mが300gでしたね。

そしてしばらくすると、私が頼んだ
高崎産ハーブ豚のカッチャジョーネが出てきました。
こちらも皿がでかいので、遠近法がおかしくなっていますが、
もの凄い量なのです。

20140513-5.jpg

いやぁ、食いでがありそうです。

20140513-6.jpg

どんな料理かというと、豚をとろとろに煮込んだ
角煮のようなものが、ボロネーズソースでしっかり和えた
スパゲティーニに、添えられています。
早速いただきましたが、ちょっと甘めの濃い味付けで、
私好みの味。
パスタがアルデンテを通り越していたのが
ちょっと残念でしたが、味は中々旨いパスタ。
さすがは、キングオプパスタに選ばれただけのことはあります。

こちらは300gとのことでしたが、
わけなくいただけました。

しかしデカ盛りが多い群馬の中でも、
パスタは特に麺量が多い気がします。
そういえば、シャンゴも結構な量。
東の粉もの横綱の群馬県、やはり粉ものは
相当お好きなのですね。
聞くところによると、更にパワフルな店があるとか。
それは、ちょっとご遠慮しときます。


いよいよ次は150万アクセスをめざして、
今日も一つ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

群馬はデカ盛り-2 「洋麺亭」のパスタ

2014年5月19日月曜日 22:12 | 0 Comment | 0 Trackback

さて、群馬のデカ盛り情報ですが、
第2回目は、高崎パスタの代表的な店である、
「洋麺亭」さんです。
しかし、今日ご紹介するのは、高崎にある本店ではなく、
なんと長野市にある支店。
若里の、ホクト文化ホールの近くに
しっとりとした、和風のたたずまいの
雰囲気の良いパスタ屋さんがあるのですが
それが洋麺亭です。

20140512-5.jpg

たまたま先日善光寺に行く際に、
ちょうど長野市内に入る手前で昼飯タイムとなってしまい、
どこか内科と探していたら、ちょうど見つけたので、
これ幸いと入ったのが、この洋麺亭でした。
ここが、驚愕のデカ盛り店だったとは・・・

私が頼んだのは、鶏肉のクリームスパ。
S・M・Lとあるのですが、
Lは麺量が500gと書かれていたので、
さすがに多いかなと思い、Mにしてみたのです。
今にして思えば、いつものノリで、Lなんか頼んでいたら、
大変なことになっていたところでした。

ちょうどランチタイムだったので、
サラダとドリンク付きのセットにしてもらいました。
まずは、サラダが出てきます。

20140512-7.jpg

イタリアンドレッシングがかかった、
こちらはごくごく普通のランチサラダ。
ちなみに、ドリンクとサラダのセットは、メインに150円増しです。
安い!

さて、しばらく待っていると、注文したパスタが
運ばれてきました。
そして、私はその量に、目を疑います。

20140512-8.jpg

この写真だとよくわからないので、
うちの奥さんが頼んだSサイズのものと比べるため、
並べて写真を撮ってみました。
奥に並んでいる、コップとも見比べてくださいね。

20140512-9.jpg

その大きさが、おわかりいただけましたでしょうか。
ほとんど、3人前ぐらいありそうな感じ。
これ、本当に1人前ですか?
いつも食べている、草笛の中盛りが500gだと聞きますので、
全然平気!と思って頼んだのですが、
未だかつてない巨大な皿に、しっかり盛られたパスタ。
見ていても減らないので、チャレンジすることにしました。

麺は見事なアルデンテにゆであげられ、
それが、あっさりとしたクリームソースに
絡まります。
塩分もそれほど強くなく、実に旨いパスタです。

20140512-10.jpg

美味しいので、食べられるかなと心配だったのですが、
結局完食いたしました。
さすがに腹一杯にはなりましたが。

ちなみに、このMサイズのパスタを、
ぺろり一人前食べきっている女性の方が沢山いて
またまた仰天。
さらには、近くの人がLサイズを食べていましたが、
あり得ない量。なんと、銀のパーティープレートに
山盛りになっています。ほとんど、ランチビュッフェの
食べ放題パスタ状態。
これは完全にとりわけサイズです。一人で食える量では
ありません。

と言うことで、美味しいので、また行きたいのですが、
次回はSサイズを頼もうかと思います。
さすがの私でも、Mは多い・・・


いよいよ次は150万アクセスをめざして、
今日も一つ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

群馬はデカ盛り-1 安中「幸楽」の巨大とんかつ

2014年5月16日金曜日 23:25 | 0 Comment | 0 Trackback

さて、軽井沢と境を接する群馬県ですが、
ゴールデンウィーク直前に発表された、
富岡製糸場の世界遺産登録確実の報道で、
このゴールデンウィークは多くの方が、
訪れたそうですね。
じつは、我が家はまだ富岡製糸場は行ったことがなく、
行って見ようかねぇと言っていたところでしたので、
ちょっと一足先を越された感じです。

この群馬県、関東の方ならばともかく、
関西の人と話すと、ほとんどイメージがありません。
ほらほら、スキー場がたくさんあって、谷川岳があって、
草津温泉があるところ・・・などと、いろいろ言ってみますが、
なかなかイメージがわかないようです。
しかし、それなりにイメージを持っているであろう、
関東の人でも、ちょっと知らない群馬の一面があります。
それは何かというと、食べ物がデカ盛りだと言うこと。

当ブログを長年ご愛読の方なら、既にご存じのことと思いますが、
とにかく食に対する好奇心が旺盛な我が家。
出かけるたびに、いろいろ食べてみるのですが、
ずっと以前からうすうす思っていたのが、
何で群馬はみんな盛りがよいのだろうと言うこと。
信州にも、少しいえることではありますが、
とにかく群馬の盛りの良さと言ったら、半端ではありません。

このところ、特にそんな店ばかり、たまたま入ってしまったので、
何回かシリーズで、ご紹介したいと思います。

まず本日ご紹介するのは、安中の国道18号沿いにある
とんかつ屋さん「幸楽」さんです。

20140512-1.jpg

幸楽と言えば、嫁姑がいつもいがみ合っており、
最近はそれに実の娘まで絡んでバトルが繰り広げられる、
ラーメン屋さんが全国的には有名ですが、
ここは地元では美味しいと評判のとんかつ屋さんです。

うちのご近所の方が長年ひいきにされていて、
美味しいよと前々から聞いていたのですが、
しばらく休んでいたのでなかなか入れず、
先日通りかかったら店が開いていたので、
これ幸いと入ってみたのです。

この日はとても腹が減っていたので、
ロースカツ大と、北京風味カツのそれぞれ定食を注文。
メニューに、揚げ時間がかかりますと、
メニューの種類ごとに書かれていたので、
気長に待つことにします。

もっと待つのかと思ったら、20分ほどでカツが運ばれてきました。
・・・・・デカい!デカすぎる!

20140512-3.jpg

遠近法を無視したサイズのとんかつで、
大きさがよくわからないかと思いますが、
大きさもさることながら、厚みが3cmもあるのではないかという
超重量級のカツです。
これに、ご飯と味噌汁がつきます。

20140512-2.jpg

いやぁ、こんなにデカイのだったら、ご飯いらなかったかも。

ちなみに北京風味カツというのはこちら。

20140512-4.jpg

中に、少しピリ辛の餃子の餡のようなものが
射込んであります。
こちらは普通サイズのものですが、とにかく肉が厚く
ボリューム満点です。

揚げ上がりの時間がかかったのは、
恐らく、低温でじっくり揚げているから。
かりっとした感じはそれほどありませんが、
その分衣にくるまれた肉は軟らかく火が通り、
肉汁も失われていない感じ。
非常に旨いとんかつです。
さすがは評判になるだけのことはある。

とんかつは、群馬の郷土料理と言っても良いようで、
前橋や高崎の市内に行くと、とんかつののぼりが立つ店が
かなりたくさんあります。
これまで2軒ほど行きましたが、
いずれもとにかくでかいとんかつ。
これを女性の方がぺろりと召し上がるのを見ると
本当に敬服します。
さすがはかかあ天下の本場、
とんかつでパワーがでているのかもしれません。
いずれにしてもとんかつ好きには、
たまらない土地柄ですね、群馬。

群馬のデカ盛り情報は、まだまだつづきます。

いよいよ次は150万アクセスをめざして、
今日も一つ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

月別アーカイブ

カレンダー

2014 Jun »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

アイテム

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

Powered by

Powered by Movable Type

ATOMを購読

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.