軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 03おいしい店 > 夏のそば三昧~小諸 菖蒲庵

夏のそば三昧~小諸 菖蒲庵

2010年8月 7日土曜日 22:01 | 0 Comment | 0 Trackback

暑い日が続いていた軽井沢ですが、
今日も暑かったものの、ちょっと日陰に入ったり、
家の中にいると、涼やかな風が吹き抜け、
高原の夏らしい、結構さわやかな一日でした。
おかげで、今日の夕方は、とても気持ちよく昼寝が出来ました。

さて、このところずっとお届けしている夏のそば三昧特集、
今日は小諸の菖蒲庵です。

20100807-1.jpg

この菖蒲庵、以前からけろけろキッチンの店主ぽんきちさんの
ブログ
に良く登場していて、
とても興味がありながらなかなか行く機会がなかったのですが、
今回ちょっと出かける途中に立ち寄ってみました。
小諸といっても、小諸の市街ではなく、
千曲川を渡った反対側にあるので、
佐久から行った方が近い感じです。

エントランスの部分は、とてもよく手入れされており、
いかにも蕎麦屋という落ち着いたたたずまいですが、

20100807-2.jpg

店内にはいるとびっくり。
正面にはよく手入れされた芝生の向こうに
浅間山に連なる山々の絶景が広がります。

20100807-3.jpg

そして、さらに驚くことに、
この芝生の部分はヘリポートだとか!
自家用ヘリでわざわざ東京からここまでそばを食べに来る方もいると言うから
驚きです。
ちなみにこの庭の先まで行くと、断崖の下に千曲川の絶景が望めるそうですが、
ちょうど芝生の散水中だったので、そこまでは行かれませんでした。

さて、わざわざヘリコプターで食べに来るそばが
どんなそばかというと、メニューはこんな感じになっています。

20100807-6.jpg

こちらは温かいそばのメニュー。

20100807-7.jpg

鴨せいろとおしぼりそばが有名だそうなのですが、
初めてなので、基本のせいろをいただきました。
ちなみに大盛りですよ。特盛りというのもありました。

20100807-4.jpg

実に艶やかなきれいなそばが出てきました。

20100807-5.jpg

荒々しいおお西のそばと比べると、みずみずしく見えます。

早速たぐりはじめましたが、
まずはつゆがこのあたりには珍しい少しからめのつゆ。
東京式に、そばの先だけをちょっとつけて、
一気にすすり上げるにはちょうど良いあんばいのつゆです。

そして肝心のそばは、見た目よりそば粉の香りがガツンと感じるそば。
とはいえ、10割のような荒々しい食感ではなくて、
もちもち感を感じるほどのなめらかな食感です。
実に美味しい。
最初は二八かと思ったのですが、聞けば外二だそうです。
とてものどごしがよいので、大盛りはあっという間に平らげてしまいました。
量は草笛の普通盛りより少ない感じですので、
これなら特盛りでも大丈夫かな。
次回は是非チャレンジしてみたいと思います。

そして、このそばならば、確かに鴨つけにはとても合うかも。
冬になったら鴨つけせいろも良いかもしれませんね。
さすがにそば通なぽんきちさん絶賛の蕎麦屋さんです。
ここから望月にかけては、美味しい蕎麦屋さんがたくさんあるようですので、
そのうち順次開拓していきたいと思います。


菖蒲庵のそばも、美味しそうですね~と思った方は
こちらからポチッと↓

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6724

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.