軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 03おいしい店 > 浅間翁に行ってきた

浅間翁に行ってきた

2010年10月30日土曜日 21:59 | 2 Comments | 0 Trackback

心配された台風14号、首都圏は交通機関が乱れるなど
少し影響があったみたいですが、
幸い軽井沢は朝から結構強い雨が降ったとはいえ、
大して風が吹くわけでもなく、
今は雨も峠を越えたみたいです。
何事もなくよかったですね。

さて、御代田の雪窓公園のところに建築中だった浅間翁が
25日にオープンしました。
一足先に、けろけろキッチンのぽんきちさんが行かれたとのことでしたが、
うちも早速今日の昼、台風が接近する大雨の中、
御代田まで行ってきました。

20101030-1.jpg

まだ開店直後だけあって、店の前には開店祝いの生花が
たくさん並べられています。

20101030-2.jpg

雨で、しかも1時過ぎに伺ったのですが、
さすがは全国のそば好きなら知らぬ人はいない高橋邦弘氏率いる
「翁」の看板をいただく店のことだけあって
他県ナンバーの車で、駐車場もいっぱい。

これは満席かなと思って、落ち着いたしつらえの入り口を入ると

20101030-3.jpg

幸い、1卓だけあった空席に着席できました。

まだ開店直後ということもあるのか、
メニューはもりとかけ、それにおしぼりそばと
鴨せいろ、あとは天ぷらと舞茸天ぷらのみでした。
おつまみで焼き味噌というのもあったかな。

もちろん初訪ですので、頼むのはもりです。
ちなみに大盛りはなし。

待つことしばし、窓際に目をやると、
八幡屋礒五郎帝国のこの界隈では珍しい
やげん堀の七味唐辛子がありました・・・
やげん堀だから、「なないろとんがらし」じゃないといけないですね。
東京では「しちみ」ではなく「なないろ」、「とうがらし」ではなく
「とんがらし」です。

そうこうしているうちにお待ちかねのそばが運ばれてきました・・・
と思ったら、お盆の上に、つゆ、そば猪口、薬味、箸が乗っているだけ。
その後しばらくして、ざるに盛られたそばだけが
しずしずと運ばれてきました。
なかなか変わった配膳です。

一同にそろった姿がこちら。

20101030-5.jpg

そばは二八ですね(たぶん)。

20101030-6.jpg

コシはかなり強く、つなぎが強めな感じです。
そのためか新そばの時期の割には
そばの香りはモデラートな感じなので、
このあたり、好みは分かれるところでしょう。
そばつゆは、いわゆる東京風の辛めのつゆです。

どうやら店主さんは高橋氏の元で修行された
すごく若い職人さんみたいです。
そば産地であるとともに、
全国屈指のそばの名店が多数並ぶ地域に出店されたので
何かと大変なこともあるでしょうが、
ぜひ切磋琢磨して、早くほかの店をしのぐ存在になってほしいと、
そば好きとしてはとても期待しています。


おぉ、早くも浅間翁に行ったのですねと思った方は
こちらからポチッと!!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6807

コメント(2)

蕎麦粉は二八、北海道産と信州産の合わせ粉だそうです。

「そばの香りはモデラートな感じなので・・」

うまいこと言いますね。さすがです!

蕎麦王国信州でしっかり揉まれ、練られて、美味しい蕎麦を打って欲しいものですね。

ぽんきちさん こんばんは
そういえば、うちはやげん堀の七色は
いただけませんでした。
入ったときに精算していた方は
もらっていたようなので、
私の直前で在庫がなくなったのか、
それとも天ぷら食べないともらえなかったのか
きっとどちらかですね。
いずれにしても、我が家もすっかり八幡屋磯五郎帝国の
軍門に下っているので、どちらでもよかったのですが。

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.