軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 03おいしい店 > 黒うどん山長で鍋焼きうどんをいただく

黒うどん山長で鍋焼きうどんをいただく

2011年1月19日水曜日 23:16 | 2 Comments | 0 Trackback

私が無類のそば好きなのは、このブログに
頻繁に登場するそばのネタをご覧いただければ
おわかりいただけると思いますが、
それに負けず劣らず好きなのがうどん。
特にこう寒い日が続くと、無性に温かいうどんが食べたくなります。

先日も所用で旧軽方面へ出向いたところ、
昼時になってしまい、
最初は川上庵でそば・・・とも思ったのですが、
あまりに寒いので、
何か温かいものをと言うことで思い立ったのがこちら。

20110119-1.jpg

旧軽銀座の路地を入ったところ・・・
と言うより、旧軽井沢の町営駐車場あたりの
三笠通りから一本入った路地・・・と言う方が
わかりやすいかもしれませんが、
そこにある「黒うどん山長」です。

あまりに寒かったので、ここで鍋焼きうどんを
いただくことにしました。

カウンターのみなので、案内されて座ると
まず運ばれてくるのがこちらの漬け物・・・というより
お通し。切り干し大根や野沢菜、花豆などが
乗っています。

20110119-2.jpg

それをちまちまつまみながらカウンターの中を見ていると、
なんと黒うどん、その都度パスタマシンのような機械で
一回一回打っているのですね。
黒うどんという名の通り、確かに真っ黒です。

そして、割と短い時間で手際よくゆであげると、
いよいよ小鍋に張った味噌味のつゆの中に麺が投入され、
さらに色とりどりの野菜が盛りつけられます。
それにかまぼこと卵、最後にエビの天ぷらが一尾乗って
運ばれてきました。

20110119-3.jpg

ものすごい具だくさんです。
そして味噌は信州味噌ではなく、名古屋風の赤味噌が中心。
少し合わせ味噌で味が足してありますかね。
いわゆる名古屋の味噌煮込みうどんよりはマイルドな風味です。
そして肝心のうどんの写真を撮り忘れたのですが、
確かに黒い・・・と言うより、ゆであがりは飴色の麺で、
かなりもちもちとした、独特の食感のうどんで、
赤味噌ととてもよく合い、美味しかったですよ。
そして何よりとても暖まりました。

これからの時期、そばもよいけど、
熱々の煮込みうどんが美味しい時期になりますね。

軽井沢でうどんと言えば、
この山長のほかに、追分に松鶴といううどん屋さんがありましたが、
残念ながら閉店してしまったようです。
そうそう、その向かいのきこりのほうとうも美味しいらしいですよ。
うちの奥さんがたまに食べています。

明日は大寒。これから一段と寒さが厳しくなる季節になります。
特に年明け以降寒さが厳しくなっていますが、
まだこの寒さが2週間もつづくそうです。
温かいうどんでも食べて、寒い冬を乗り切りましょう。
ちなみに山長さんは冬でもやっているみたいですよ。


黒うどん山長の鍋焼きうどんは美味いですよねと思った方は
こちらからポチッと!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6893

コメント(2)

どちらかというと、うどん党で、「黒うどん」気になってました。今度行ってみます~
「松鶴」閉店ですか!残念です。

しいちゃんさん こんばんは
山長、チェーン店みたいですね。
本部は小田原にあるようで、関東一円に数軒
展開しているようです。
なかなか美味しかったですよ。お時間があったら是非。

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.