軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 03おいしい店 > ル タン ザンシャンに行ってみた

ル タン ザンシャンに行ってみた

2011年3月 3日木曜日 22:43 | 0 Comment | 0 Trackback

スキー場も、温泉も行ったことがないところを新規開拓してみる
と言うのがテーマの今年。
食事に出かける店も、このところお気に入りが固まってきて、
そこばかりでかけていたので、
行ったことがないところに行ってみようと言うことで、
先日前から気になっていた
塩沢のレストラン「ル タン ザンシャン」に出かけてみました。

20110303-1.jpg

出かけたのは夜だったのですが、
店の外観を撮り忘れたので、日中改めて取り直したものです。
ちょうど、塩沢の交差点をタリアセンの方に少しおりたところの
左側に建っています。
以前はプランデルプという名のフレンチレストランでしたが、
いつの間にか閉店していて、今の店に変わりました。
それにしても、舌を噛みそうな名前の店が続きます・・・
ちなみにフランス語で、「古い時代、昔の時間」と言った意味だそうです。
店内に入ると、古民家から移築したという床材や梁などが
使われており、暖かみのある作りになっています。

料理はフランス料理と、洋食のちょうど中間な感じ。
コースは3150円、3800円、4800円の3コースがあり、
なかなかリーズナブルな価格設定です。
コースのほかにアラカルトもありましたが、
この日は肉と魚両方が含まれている
3800円のコースをチョイスしました。

まずはオードブル。

20110303-2.jpg

とてもシンプルですが、肉の味がしっかりして、とても美味しかったですよ。

ス-プはカボチャのポタージュです。

20110303-3.jpg

こちらもとてもシンプルな味です。

魚料理は鱈と牡蠣のグリエ。

20110303-4.jpg

ほのかにゆずが香る、ちょっと和風なソースです。

メインの肉料理は、何品かの中からチョイスできるのですが、
夫婦ともに選んだのがこちら。

20110303-5.jpg

一見ハンバーグのように見えますが、
これ、何だと思いますか?
実はなんと豚足なんです!
豚足を細かく刻み、それをまとめて網油で包んで
焼いたものなんです。ちょっと意表を突いた料理ですが、
赤ワインのソースをたっぷり付けていただくと、
ぷるぷるの食感とこんがりとローストされた豚足が
得もいえないハーモニーを醸し出します。
これまでいただいたことのない組み合わせの味で、
こちらもとても美味しくいただきました。

最後に、紅茶とデザート。

20110303-6.jpg

正直、そんなに高級食材は使われていない感じですが、
この値段でこの料理はかなりお値打ちな感じです。

この店、ホームページもなく、
ブログなどでもあまりまだ紹介されていないので、
どんな店かわからなかったのですが、
普段より、ちょっと贅沢して食事したい場合や、
カジュアルな店でもてなしたい友人などが来た場合などには、
うってつけな店です。
早速我が家のお気に入り店リストに、付け加えさせていただきました。


しかし難しい名前の店ですよねと思った方は
こちらからポチッと!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6936

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.