軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 03おいしい店 > 最後の水音で天ざるをいただく

最後の水音で天ざるをいただく

2011年11月29日火曜日 22:21 | 2 Comments | 0 Trackback

先日もご紹介しましたが、軽井沢の老舗そば店「水音」が、
いよいよ明日で閉店となります--11月末日でと書いてあったので、
たぶん明日までだと思います。

20111120-1.jpg

私が行ける最後のタイミングだった先週土曜日に、
またまた水音に行ってきました。

20111129-1.jpg

この風情ある、いかにも老舗そば店という店のたたずまいとも
いよいよお別れですね。寂しい限りです。

先日はかなり混んでいましたが、
今回は幸いちょうどお客さんが入れ替わりの時で、
スムースに席に案内されました。
最後の席は、いす席です。
すぐに特徴ある四角い湯飲みに入ったお茶と、

20111129-2.jpg

お茶請けの野沢菜が運ばれてきました。

20111129-3.jpg

今回は、最後なので天ざると心に決めていましたので、
天ざる--ただし海苔抜きを頼んで、野沢菜をポリポリいただきながら
店内の様子を記憶にとどめます。
2カ所の小上がりのほかに大きな座敷もあって、
それぞれ銘木1枚板の大きな座卓が置かれていました。
軽井沢のそば店の中でも、かなり大きなキャパシティの店だったと思います。
実際、先週は観光バスで来たお客さんがドドット押し寄せましたが
すっと店内に収容できてしまいました。
それだけに、満席時やトップシーズンはかなりお忙しかったのでしょう。
先日伺った際、おかみさんがもう体力の限界で・・・とおっしゃっていたのも
致し方ないのかもしれませんね。どうもお疲れ様でした。

そんなことを考えていると、お待ちかねの天ざるが運ばれてきました。

20111129-4.jpg

大きなエビが2尾に、鱚、舞茸などがからりと香ばしく揚がった
とても美味い天ぷらです。

20111129-6.jpg

この天ぷらを揚げる際に出る揚げ玉も最高でした。
あれももういただけないのですね・・・

そして肝心のそば。

20111129-5.jpg

太からず、細からず、コシも満点。そして、なかなか香りの良いそばでした。
そして、量もたっぷり。
軽井沢のそば店はどこもとにかく盛りが上品なので、
そばだけだと絶対に2枚いただかないと食べたりないのですが、
ここは普通盛りでも盛りがしっかりしているので、
天ざるにするとかなりの満腹感になります。
ここのそばがいただけなくなるなんて・・・本当に残念です。

水音の皆さん、どうも長い間お疲れ様でした。
そして短い間でしたが、美味しいそばを
どうもありがとうございました。


水音閉店して、本当に残念ですねと思った方は
こちらからポチッと。
ツイートボタンも設置しましたので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7151

コメント(2)


最終日にもなんとか行けました。

しみじみ・・おいしかった。

信州人にとっては、蕎麦は気取って食べるものではない感覚がありまして(あるようでして)
適価で遠慮なくたっぷりと食べられる水音さんの蕎麦は この町でもとても重要な位置づけでした。貴重でした。

また、期間限定でも復活してくれないかなーという想いを持ちながら、おいしく温かい記憶を胸にしまってきました。

さくらいかるいざわさん こんばんは
東京人にとっても、美味いそばは気取らず食べるもので、
その意味で水音のそばは軽井沢町内では
本当に貴重でした。我が家からも近かったですしね。
たっぷりそばをいただきたいときは、
佐久平の草笛か、治助に行かないと、
これからはだめになってしまいましたね。
もちろん、美味いそば屋はまだまだ町内にたくさんあるのですが。

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.