軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 03おいしい店 > 諏訪・新鶴本店の塩羊羹

諏訪・新鶴本店の塩羊羹

2012年1月 9日月曜日 22:23 | 0 Comment | 0 Trackback

さて、ちょっと話題がさかのぼり、
一昨日の諏訪大社の話題に戻ります。
諏訪大社下社秋宮の参拝後、
いつもは車ですぐに出かけてしまうのですが、
今回は少しあたりを散策してみました。
この下社秋宮があるのは、旧中山道の下諏訪宿。
そのためか、周囲には趣のある、古い建物がたくさんあるのですね。
このような洋館や、

20120109-1.jpg

こんな雰囲気のよい路地もありました。

20120109-2.jpg

そんな一角に、ひときわ風情がある建物があります。

20120109-3.jpg

看板を見ると、塩羊羹と書いてあるじゃありませんか。

20120109-4.jpg

これは興味津々です。
早速買い求めてみました。

20120109-5.jpg

この新鶴本店の創業は明治6年とのこと。塩羊羹の名店として、有名なのだそうです。
茅野名産の寒天と、十勝の大豆をつかって
作られたという羊羹は、以外や淡い色合い。

20120109-6.jpg

昨年木曽で買って来た黒の漆器の皿に載せると、
余計その淡い色合いが目立ちますが、
一口口に入れると、塩気によって引き立つ、
上品ながらコクのある甘みが口に広がります。
これに渋茶がもう絶品。
渋茶好きな我が家にとっては、またとない茶菓子です。
諏訪に行ったら、また買ってくるとしましょう。


美味そうな塩羊羹ですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7195

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.