軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 03おいしい店 > 身延はゆばの里

身延はゆばの里

2012年8月24日金曜日 22:15 | 0 Comment | 0 Trackback

さて、一回話題がさかのぼって、先週行った身延の話題ですが、
身延に行って困るのが食べ物。
身延山久遠寺は大きな寺院ですが、そこの参道にある飲食店は、
なんだかもう一つな感じで、前回も時間切れで入った店で
ちょっとひどい目に遭ってしまいました。
要するに、高くてまずい。

今回もちょうど昼時になってしまい、どうしようと思っていたのですが、
ちょっと調べたら、「ゆばの里」という道の駅みたいなものが
あるらしいので、そこへ行ってみることにしました。

甲府から静岡へ続く国道52号線をもう少し南に向かうと
程なくこんな看板が出てきます。

20120824-2.jpg

ここがお目当てのゆばの里らしいので、
早速入ってみました。
確かに道の駅風の、なかなか大きな建物です。

20120824-1.jpg

中に入ると、こういった第三セクター風の建物お約束の
農産物や地元産品の直売所があり、
その奥がレストランになっていました。

そもそもなぜ身延で「ゆば」なのかと言うことですが、
やはりこれも日蓮上人と関係があり、
久遠寺の精進料理の材料として、
代々身延で作られ続けてきたそうです。
そのゆばを、製造直売、およびゆばをつかった料理を出すのが
こちらのゆばの里だそうです。

早速レストランに入ってみました。
メニューはいずれもゆばをつかったものばかり。
とりあえず初めてと言うことで、
ゆば定食(800円)を頼んでみました。
待つことしばし、運ばれてきたのはこちらです。

20120824-3.jpg

もう少し、とろっとしたゆばかと思っていたのですが、
こちらのゆばは、かなりしっかりとしたゆば。

20120824-4.jpg

少し食い足りないかなと思ったのですが、
意外や意外、しっかりと歯ごたえのあるゆばで、
大豆のしっかりした味が感じられる、なかなか旨いゆばです。
上の写真のゆば刺しのほか、
煮物やご飯、吸い物などにもゆばが入っていました。
まさにゆば定食です。

そのほかに単品で頼んだのが、何枚も重ねたゆばを串に刺し、
それに甘味噌を添えたゆば田楽(650円)も注文。

20120824-5.jpg

こちらもしっかりとした食感で、濃厚な大豆の香りがひろがる
なかなか旨い田楽でした。

今回は炎天下を持ち歩くため断念しましたが、
こちらでいただいたゆばは買って帰ることも出来ます。
次回行ったら、クーラーボックス持参で
是非買ってきたいと思います。


なかなか旨そうなゆばですねと思った方はこちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7426

コメントする

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.