軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 03おいしい店 > 東京駅大丸「お肉の細道」

東京駅大丸「お肉の細道」

2012年9月13日木曜日 20:45 | 4 Comments | 0 Trackback

軽井沢に引っ越す前は、よく行くだろうなと思っていた東京駅大丸。
でも、いざ引っ越してみるととにかく一刻も軽井沢に帰りたいので、
ごくごくたまにしか行かないのですが、
お盆も空けた8月22日、第2期増床工事の先行開業として
地下1階の食料品売り場がオープン。
現店舗に移転して以来、少しパワーダウンしていた食料品売り場が
なかなかおもしろいというので、ようやく偵察に行ってきました。

お目当ては、その名も「お肉の細道」!
肉ですよ、肉。肉に目がない我が家は、
そのネーミングを聞いただけで脳みその中が肉汁まみれとなりそうだったのですが、
とにもかくにも一目散にお肉の細道を目指します。

新店舗になって以来、だいぶ日本橋寄りに店舗が移ってしまったのですが、
今度の新店舗は、従来の店舗の北側の部分に
新しい建物が出来たようです。
地下の八重洲中央改札を出ると、その脇に、
新しい大丸の地下の入り口が出来ていました。

そして、目指すお肉の細道は、
そのまさに入り口の所に陣取っています。

20120913-1.jpg

まずは入り口から、焼き肉の叙々苑、
そして五反田のステーキ・ハンバーグの名店・ミート矢澤、
さらには日本橋の洋食の名店・たいめいけんなどが
ずらりと並んで、すべて弁当を販売。
場所柄、改装前はずらりと並ぶ弁当が
東京駅大丸の名物でしたが、
それがパワーアップして復活した感じです。

しかし、ものすごい人。細道という割には、
結構広い通路なのですが、そこに押すな押すなの人出なので、
人のおかげで細道になってしまった感じです。
最近めっきり苦手なのが、この人混み。
パワーが出そうなうまそうな弁当を横目に見ながら、
あまりの人混みにすっかりパワーダウンし、
へろへろになって退散しました。
スカイツリーもそうですが、もう少し落ち着いてから
行くことにしますかね。


なかなか魅力的なものが出来ましたねと思った方は、
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7446

コメント(4)

大丸はとても混んでるのでゆっくりと見たことがありません。
サンドイッチのメルヘンが入ってるのでそこだけ目指してササーっと退去。
この様子ですとお肉の細道はしばらく近づけませんね。
それにしてもいいネーミングですね。

こちらで教えていただいたので早速今日ミート矢澤のハンバーグ弁当を買って帰りました。いや、これがすごく美味しかった。
家族みんな大満足です!

svetlaさんが教えてくださるお店にハズレはないと、いつも我が家では大変頼りにしています。文蔵もキャボットコーブもそうです。
きっと食の感性が似ているんだと思います。

感謝感謝です。ありがとうございます。

ぜひお近くに起こしの際はお立ち寄りください。コーヒーご馳走させてください!

うさぎさん こんばんは
そうそう、メルヘンも入っていましたね。メルヘンは東京駅サウスコートのエキュートに入っているので、うちの奥さんが実家に帰っているときなどに、朝飯に買っていったりしています。しかし、お肉の細道は、もうしばらく落ち着いたころに、ゆっくり行ってみたいと思います。

バロンさん こんばんは
おお、早速ミート矢澤行かれたのですね!いいなぁ。私も一瞬買おうと思ったのですが、10分待ちとか書いてあったので、時間的に無理で断念してしまいました。そんなに美味しかったのですね・・・。確かにあの肉汁たっぷり出てきそうなふっくらしたハンバーグは確かにうまそうでした。今度万障繰り合わせて、チャレンジしてみます。

コメントする

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.