軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 03おいしい店 > 小布施・桜井甘精堂の栗おこわと我が家のおでん

小布施・桜井甘精堂の栗おこわと我が家のおでん

2012年10月 3日水曜日 22:05 | 0 Comment | 0 Trackback

さて、先週末小布施の小布施堂本店に朱雀を食べに行った帰り、
同じく小布施堂と並ぶ栗菓子の銘店、桜井甘精堂で
栗おこわを買って帰ることにしました。
買ったのは、北斎館の前にある北斎亭。

20121003-1.jpg

周囲はすべて小布施堂の施設ですが、
その真ん中にこの北斎亭だけ、小布施堂ではなく、
桜井甘精堂の店舗なのです。

早速2人前一折りを購入しました。

20121003-2.jpg

家に帰って、経木の蓋を開けると、
つややかな大きな栗が入った、美しい栗おこわです。

20121003-3.jpg

そしておこわの餅米もつやつや。
蒸し加減も素晴らしい、最も好みとするおこわです。

20121003-4.jpg

先週は結構寒くて、最低気温が一桁になったりしていたので、
なにやら急におでんが食べたくなっていたので、
その日の晩飯は、おでんに栗おこわという趣向です。

我が家のおでん作成当番は私。
なので、ツルヤでおでん種を大量に買い込み、
鍋一杯おでんを作りました。

20121003-5.jpg

濃い口醤油を使った、純関東風のおでんです。
煮込むほどにおでん種が飴色に変わっていくのですが、
まだできたてで写真を撮ったので、色が薄いですね。
おでんは大量に作るので、実は今日もまだ煮返して食べています。
あと、「おでんはちくわぶ」と決めているので、
私が作るおでんは、ちくわぶが大量に入っています。
現在ちくわぶが真っ黒に色づいて、ちょうど良い食べ頃ですよ。

しかし、先週一瞬冷え込みがきつくなったので、
皆さん考えることが一緒だったようですね。
実は我が家のご近所もおでんだったそうです。
そして聞けば東京の実家も週末はおでん。
ところが、東京は台風のおかげで30℃近くまで気温が上がったため、
我が家の実家は結局クーラーがんがんにかけて、
おでんを食べたそうです。ちょっと早まりましたね・・・

小布施からの帰りには、栗おこわに加えて、
道の駅にも立ち寄り、今が旬の大きな小布施栗を買って来ました。
さすがは栗の里、道の駅の直売所ではたくさん売られていたようですが、
既にかなり売れていたようです。

20121003-7.jpg

朱雀のあとなので、そんなに遅い時間ではなかったのですが、
やはり結構多くの方が来られているのですね。
それでも、結構大きくて立派な栗を仕入れてきました。
この栗は、今度の週末、両親と親戚ご一行が遊びに来るので、
栗ご飯にする予定です。

20121003-8.jpg

直売所では栗と並んでりんごも出回り始めていました。
信州の秋の味覚が続々登場ですね。

20121003-6.jpg

そういえば、今年は松茸の出来はどうなんでしょう?
雨が少ないから、ダメかなあ。


栗おこわにおでん、旨そうと思った方はこちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7468

コメントする

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.