軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 03おいしい店 > 須坂まで行って、久しぶりの栗中華

須坂まで行って、久しぶりの栗中華

2013年4月 5日金曜日 22:08 | 0 Comment | 0 Trackback

さて、この週末も志賀高原に今シーズン最後のスキーに行く予定なのですが、
なんだか天気が悪いみたいで、ちょっと心配。
先週日曜日も雨で軽井沢プリンスホテルスキー場の最終日に
滑りに行けなかったので、せめて最後の日ぐらいは
気持ちよく滑って滑り終えたいのですが。
・・・まあ、先週の志賀高原が、気持ちよく滑り終えたので
そんなに悔いはないのですけどね。

さて、話はその先週の志賀高原行きの帰り、
温泉は上林温泉近くのみやま温泉・わくわくの湯に行った話題は
一昨日お届けいたしましたが、
その気持ちの良い露天風呂に浸かりながら、
昨年は須坂の湯っ蔵んどに行って、
帰りにその少し前に秘密のケンミンSHOWで話題となった
栗中華を毎回のように買って来たっけ・・・なんてことをつらつら思い出していたら、
急に栗中華が食べたくなってしまいました。

ここで復習です。
栗中華とは、中華料理ではありません。
大きな栗が入った、どら焼きのような和菓子なのです。
どら焼きと何が違うかというと、皮がちがう。
どら焼きよりかなりモチモチした皮で、
饅頭のようにくるっと餡と栗をくるんであるのです。
どら焼きより上品な甘さのお菓子で、
何より大きな栗が実に旨い。我が家は大好物なのです。

志賀高原からは下道で、小布施経由で須坂の旧市街に向かいます。
目指す栗中華を売るのは、盛進堂という老舗和菓子店。
蔵が並ぶ町並みを抜けると、その中心部に、
こんな店があるはず・・・・でした。

20120405-4.jpg

しかし、なんとあるべき場所に店が無い!
さては、昨年テレビに取り上げられた反動で突然大量に売れたものの、
その後ぱたりと売り上げが伸び悩み、
閉店してしまったのか・・・と心配しながらそろそろ近づくと、
元あった店の場所に、なんだか小さな小屋が。

20130404-1.jpg

よく見てみると、中でお菓子を売っています。
どうやらこれが盛進堂の新店舗らしいです。
どうしたんですかとお店の方に伺ってみたら、
何でも道路の拡張工事に元の店が引っかかったとのことで、
取り壊し、こちらの店舗にしたそうです。
もう少し大きくても、大丈夫な気がしますが・・・

それはともかく、お店は残っていて何よりでした。
そして、店内にはちゃんと念願の栗中華も。
買い占めてしまいたい衝動に駆られつつ、
適正な料を買って帰ってきました。

早速我が家に帰っていただきます。

20130404-2.jpg

袋から栗中華を出すと、こんな感じです。

20130404-3.jpg

どら焼きと似ていますが、ちょっと違いますね。
皮が二つ折りになって、くるっと餡と栗が巻かれています。
それを2つに割ると、
中から大きな栗が出てきます。

20130404-4.jpg

この栗中華は一個210円と、ややお高めですが、
これだけ大きな栗が入っていれば、それだけの価値はありそうです。

いずれにしても、数日ですべて我が家の胃袋に収まってしまいました。
この週末も、また買いによって来ようかな・・・・


おかげさまで100万アクセス突破!
さあ、次の節目に向けて、今日も一つ、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
。そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7724

コメントする

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.