軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 03おいしい店 > 信州新町ジンギスカン街道

信州新町ジンギスカン街道

2014年6月 3日火曜日 22:55 | 0 Comment | 0 Trackback

軽井沢に引っ越してきて、びっくりしたことはいくつもあるのですが、
その一つが、信州各地に思いも寄らなかった
名物料理があること。
その一つが、ツルヤで売っている、ジンギスカン用味付け肉でした。
昔から羊肉は大好き。大学時代に中国の西域を旅した際も、
連日の羊責めに、一緒に行った友人が音を上げましたが、
私はへっちゃら。
そんな私にとって、身近なスーパーで、
味付けジンギスカン肉を売っているなんて、
なんとありがたい!
そのジンギスカン肉は、信州新町特産と書かれています。
まさか、信州でジンギスカンが特産だとは知りませんでした。
どんなところか一度行ってみたかったのですが、
先日ようやく念願叶い、信州新町の通称ジンギスカン街道に
行ってきました。

長野インターを降りて、国道19号を松本方面に向けて
しばらく行くと、早くもちらほらとジンギスカンの看板が。
これまで、白馬に行く際にずっと横目に見て
気になっていたのですが、
いよいよ初の、ジンギスカンの本場に潜入です。

オリンピック道の分岐を過ぎて、
さらに松本方面に向かうと、いよいよ数軒の
ジンギスカン料理店が出てきます。
その中から今回は、こちらの店を選んでみました。

20140521-1.jpg

県歌・信濃の国にも登場する「久米路橋」がかかる
久米路峡を過ぎて、しばらく行ったところにある、
ジンギスカン料理店「ろうかく荘」です。

国道19号の脇を流れる犀川をせき止めたダム湖、
「ろうかく湖」のほとりにあり、
店のテラスからは、こんなに素晴らしい
北アルプスが望めます。

20140521-2.jpg

遠くに見えるのは、常念岳かな?

さて、メニューはこんな感じ。

20140521-3.jpg

肉はサフォーク(サホークと表示されていますが)、
ラム、上肉の三種類。上肉は、マトンだそうです。
あとは焼き野菜やサラダ、それになぜか
うどんやラーメンがあります。

早速、一種類ずつ頼んでみました。

20140521-4.jpg

早速やってきた肉は、食べ応えがありそうな
厚切りの肉。手前がサフォークです。
まずはサフォークから焼いてみます。

20140521-5.jpg

焼き鍋は、北海道の松尾ジンギスカンと同じ
真ん中がドーム状になった、
独特のジンギスカン鍋です。
焼くにつれて、肉の脂が両脇にたらりと垂れてくるので、
その油で野菜が美味しく焼けます。
しばらく待っていると、こんがりと旨そうに焼けてきました。

20140521-6.jpg

早速、秘伝と言われるタレに漬けていただきますが、
羊肉独特の臭みがあまりせず、
しかも柔らかくて非常に旨い!

羊肉は、体内脂肪を燃焼すると言われる
「カルニチン」を大量に含む、ヘルシーな肉。
更に、脂肪分が少なく、赤身中心なので、
非常にジューシーな焼き上がりとなります。
2人前ぐらいを、ぺろりといただいてみました。
サフォークも旨いのですが、
羊好きの私は、もう少し羊の臭いがする上肉が一番のお気に入り。
逆にラムは柔らかすぎるので、旨いのですが
食べ応えが今ひとつです。
次回はサフォークと上肉中心に攻めますかね。

景色も良いし、肉も旨いし、最高でした。
今度はまた、ほかの店も是非行ってみなくては。
白馬の帰りに、また行ってみようかと思います。


さあ、次は200万アクセス目指して!
今日も一つ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

月別アーカイブ

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.