軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 03おいしい店 > 草津にある究極の蕎麦屋「風」

草津にある究極の蕎麦屋「風」

2008年11月 6日木曜日 22:50 | 0 Comment | 0 Trackback

さて、カメムシ攻撃にもめげず、なぜ草津まで出かけたかというと、
お目当てはこちらの蕎麦屋「風」。

20081106-3.jpg

けろけろキッチンの店主、ぽんきちさんがブログで絶賛されていたので、
これは行かなければと、行くチャンスをねらっていたのです。

場所は国道146号、通称草津道路を長野原から草津に向かい、
右手に草津ホンダがある先の路地を右に入っていくと、
ほどなく店があります。
国道が谷筋を走っているので気がつかなかったのですが、
谷筋を上がると、その上は広大な高原になっているのですね。
知りませんでした。

さてこの店の何が凄いって、なんと注文を受けてから
蕎麦を打つということ。
ぽんきちさんのブログでそう書かれていて、びっくりしたのですが、
店にはいると、本当にこんな看板が掛かっています。

20081106-4.jpg

本当なんだ・・・これは凄いことだと思います。
店の一角では、店主が今まさに蕎麦をうっているところ。
それも、ひいたばかりのそば粉をその場でこねて、
鮮やかな手さばきで蕎麦をうっていきます。
思わず見とれてしまいました。
本当に、文字通り究極の三たて・・・「挽きたて、うちたて、湯がきたて」です。

しかし連休の中日の昼時だったこともあってか、
店内は超満員。店に入った時点で一組待っており、
座っている人も今注文をしたという風情。
これは時間がかかるぞ~と思って我慢すること1時間半、
ようやく蕎麦が運ばれてきました。

20081106-5.jpg

蕎麦にはなんと本わさび付き。
ぽんきちさんが仰っていたとおり、ほのかな緑色の蕎麦です。
アップで撮ってみましたが、実に綺麗な蕎麦です。

20081106-6.jpg

伸びてしまうと行けないので、早速口に運びますが、
非常に香り高いだけでなく、蕎麦に甘みがあるのです。
こんな蕎麦、初めてかも。
ちょっと残念だったのが、少ししけ気味ののりが載っていたところでしょうか。
次回はかけないようにお願いしようと思いましたが、
とにかく、のりが邪魔なくらい蕎麦が美味しい。
一時間以上待った甲斐がありました。

最近天ぷらは頼まないポリシーなのですが、
この日はあまりにも隣の方が食べている舞茸天ぷらが美味しそうだったので、
思わず頼んでしまいました。

20081106-7.jpg

舞茸は本舞茸だそうで、こちらも香りが高く絶品。
ちょっといい値段でしたが、思い切って頼んだ甲斐がありました。

20081106-8.jpg

それにしても、あの蕎麦の香りと甘みは癖になりそうです。
また行かなくては。


オー美味そうな蕎麦屋がまた登場しましたねと思った方は
こちらをポチッとお願いします↓

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6077

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.