軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 03おいしい店 > 伊勢の絶品ういろうで一足先に春をいただく

伊勢の絶品ういろうで一足先に春をいただく

2009年1月28日水曜日 21:39 | 2 Comments | 0 Trackback

それにしても、最近のこのブログ、
何のブログだか分からなくなってきました。
伊勢参詣記、もうしばらくおつきあいくださいね。
とにかくとても楽しかったもので・・・

さて牛串を食べ終えると、参詣を終えた人、
これから参詣に向かう人で、内宮に続くおはらい町はものすごい人です。

20090127-1.jpg

それにしても、本当にすばらしい町並みが続いています。
正月に行った柴又もすばらしいし、長野善光寺門前もすばらしいのですが、
伊勢のおはらい町は、規模と風情が際だっています。
本当は一軒一軒冷やかしていきたいところですが、
あまりの混雑ぶりに、写真を撮るのもままなりません。

20090127-2.jpg

そんな古い町並みで見つけたのが、こちらの正月飾り。

20090127-3.jpg

牛蒡締めが横になっているんですね。
関東とは違います。
ちなみに我が家の正月飾りはこんな感じでした。
これって、関東では標準的ですよね。

20081229-1.jpg

いずれにしても、関東の物よりかなり素朴な感じです。
より注連飾りに近いんですね。

さてそんな風情ある町並みの中でも、
ひときわ目立つ「白鷹」という看板を掲げたこちらの店。
伊勢神宮の御料酒、灘の「白鷹」を扱う酒屋さんです。

20090127-4.jpg

店内には、薦被りの樽酒や昔の酒器などが所狭しと
並んでいます。とても良い感じ。

20090127-5.jpg

せっかくなので、ちょっと一杯。

20090127-6.jpg

一合と五勺の2種類があり、今回は五勺。
荒塩をつまみにいただくそうです。

20090127-7.jpg

美味しかった・・・とうちの奥さんが言っていました。
すいません、私は下戸です。

私はと言えば、向かいにあるこちらに興味津々。

20090127-8.jpg

伊勢で赤福と並ぶ銘菓・・・と私が思っている、
虎屋ういろです。

ういろうと言えば、名古屋のういろうが有名ですが、
ここの「ういろ」は、あんな物とは質が違います。
本当に手作りのういろう。
今回はよもぎとさくらをいただいてきました。
ちなみにこちらはさくら。

20090127-9.jpg

ほのかに香るさくらの香りと、もっちりとした舌触り、
そして真ん中にサンドされた風味ある小倉あんが一体となった
こちらの「ういろ」は、にゅるりんとケーシングされ
どことなく人工的な味がする名古屋のういろうとは
全く違います。
ういろう嫌いの人が食べても、これは美味しいときっと頷くに違いありません。
いずれにしても一足早く、春をいただきました。

こちらの「ういろ」、東京では池袋の東武百貨店で確か買えるはずです。
あとは本店のネット通販でも購入できます。
ご興味の方は是非。


ここのういろう、旨そう!と思った方はこちらをポチッと↓
しかし、ういろうと「ういろ」、どっちが正しいのでしょうか。
漢字で書くと「外郎」ですよ、ちなみに。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6170

コメント(2)

白鷹の東京支店はうちの会社の近所にありますよ。
その白鷹かな?わたしも下戸なのであまり詳しくなくて・・・
最初の配属先が名古屋支店でしたのでお土産にはういろが定番でしたが、このういろうは全然違いますね!

karuizawawoodさん こんばんは
白鷹は灘の酒らしいので、おそらく同じものだと思いますよ。なかなか辛口で美味しい酒だったらしいです。
それにしても、こちらのういろは、本当に美味しいですよ。名古屋のういろうの粉っぽい感じが一切ありません。

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.