軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 03おいしい店 > 雷電くるみの里の「くるみおはぎ」

雷電くるみの里の「くるみおはぎ」

2010年2月17日水曜日 23:58 | 2 Comments | 0 Trackback

この冬、一番はまっているご当地スイーツが、こちら。

20100217-1.jpg

東御にある道の駅「雷電くるみの里」で売っている
くるみおはぎです。

売っている、と言っても、物販のコーナーに
パック詰めされて売っているのではありません。
軽食などを出すコーナーで、イートインのメニューとして
売られているのです。

中で食べるだけかと思ったら、
持ち帰りが出来ることを最近知りました。
と言うことで、早速買ってきたのです。

皿にのっていて、大きさがよくわからないのですが
大きさがとても大きく、子供の握り拳ほどもあります。
その上に、すり下ろしたくるみに砂糖と
少し多めの塩を混ぜてまぶしたもので、
独特の甘じょっぱい味が、何とも言えず美味しいのです。
なにより、くるみの里だけあって、
くるみの味が絶品。
我が家ではこの正月、これをまねして
きなこの代わりに餅にまぶして食べてみましたが
やはり絶品でした。

とても美味しいので、くるみの里に行かれたら是非おためしください。
ちなみに1個130円で、自販機で1個・2個の単位で食券を購入して
係のおばちゃんに渡し「持ち帰りで」というと、
パック詰めしてくれます。


くるみおはぎ、美味しそう!と思った方は
こちらからポチッと↓

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6558

コメント(2)

くるみおはぎなんてのもあるんですね!
このあたりはクルミが特産のせいか、子供の頃から家で母が作るおはぎはゴマにクルミをまぜたものでした。
以前関西出身の友達が来たときにそれを食べて感激してくれたのを逆にびっくりしたことがあります。
くるみのおはぎって全国区ではないんですねー
胡麻和えにも必ずくるみ入れますし、今でも実家の冷蔵庫にはクルミがいっぱいです(笑)

KOHARUさん こんばんは
そうなんですよ、料理にくるみをこんなに使うところは
そうそうありません。
でもくるみを入れると、胡麻などとは違ったコクが出て、
とても美味しいですよね。
うちではおやきを作る際にも、あんこにツルヤのくるみバターを混ぜて、それに砕いたくるみやサツマイモ、カボチャなどを入れたりします。

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.