軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 09温泉 > 夏の信州温泉めぐり-2山梨・みたまの湯

夏の信州温泉めぐり-2山梨・みたまの湯

2012年8月28日火曜日 22:21 | 2 Comments | 0 Trackback

え~、2回目にして、いきなり信州の温泉ではなくなってしまいました。
でも、「信州を拠点にした温泉めぐり」という意味では、
それほどお題とは外れていませんね・・・と理屈をつけて、
今日ご紹介するのは、先日山梨の墓参り&身延山に行った
帰りに立ち寄った「みはらしの丘 みたまの湯・のっぷいの館」です。

20120819-6.jpg

花火や印鑑、和紙の里として知られる、市川三郷町にあるこの温泉、
ちょうど逆三角形の甲府盆地の東縁のなだらかな扇状地上にあり、
甲府盆地を見下ろし、遙か彼方に八ヶ岳を望む、
絶景の温泉です。

20120819-7.jpg

この日はあいにく山沿いが雷雨だったため、
あまり景色が望めませんでしたが、
晴れていればこんなに素晴らしい景色が望めるそうです。

景色が素晴らしいだけではなく、泉質も素晴らしい。
アルカリ性単純温泉という、一見単純な泉質ですが、
浴槽になみなみと満たされた湯は透き通った紅茶色。
なんとこの温泉、約100万年前の太古の植物から溶け出した
天然有機物が含まれた「モール温泉」なのです。

モール温泉と言えば、北海道の帯広や音更町の温泉が有名ですが、
山梨にも数多くのモール温泉があるそうです。
その一つがこちらのみたまの湯。
昨日ご紹介した、長野の裾花峡温泉も肌がすべすべになる湯でしたが
こちらのみたまの湯もモール成分のおかげで
肌がすべすべに。
しかも、泉温別の浴槽が用意されているので、
温めの湯にじっくりとつかり、
仕上げに熱い湯にさっと入って出てくると、
湯上がりがとてもさっぱりします。

景色よし、泉質よしで、
こちらのみたまの湯も、山梨に行く際には
必ず立ち寄る温泉となりそうです。

ちなみに、「のっぷいの館」ののっぷいとは
この辺りの地元の言葉で、石が少なく
きめの細かい肥沃な土地のことを言うそうです。

敷地内には農協の直売所があり、
山梨名産の桃やぶどうなどが売られています。

20120828-1.jpg

これからの時期、特に注目なのがこの辺りでとれる
大塚にんじん。
12月になると出回るそうですが、
カロチンは通常のにんじんの1.5倍、
ビタミンB2は240倍というとても栄養価の高いにんじんで、
とても甘くて旨いそうです。
にんじん好きの我が家としては、
今度年末に買い出しに行くとしましょう。

交通の便は、中央道の甲府南インターか、
中部横断道の増穂インターからいずれも15分ぐらい。
信州からだと、双葉ジャンクションから中部横断道の方が
行きやすいかもしれませんね。
ちなみに軽井沢からだと、清里経由で2時間ほどで到着します。
山梨に行かれる際は、ぜひ。


みたまの湯も良さそうな温泉ですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7430

コメント(2)

甲府にはよく行き、町営、村営のお風呂はよく行くのですがここはまだ行ったことありませんでした。よさげなところなので次回是非行ってみたいと思います。情報ありがとうございます。

44kazuさん こんばんは
甲府に行かれるのでしたら、少し足を伸ばされて是非。景色を楽しむならば、もう少し空気が澄んでくる秋の方が良いかもしれませんね。私も、八ヶ岳の絶景を是非見てみたいと思います。

コメントする

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.