軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 09温泉 > 夏の信州温泉めぐり-5「松本・浅間温泉 湯々庵 枇杷の湯」

夏の信州温泉めぐり-5「松本・浅間温泉 湯々庵 枇杷の湯」

2012年9月11日火曜日 22:43 | 0 Comment | 0 Trackback

ということで、素晴らしい演奏会だった
サイトウ・キネン・フェスティバル
20周年記念スペシャルコンサートを終え、
軽井沢への帰路についたわけですが、
とにかく松本は暑かったので、ひとっ風呂浴びて帰ろうということで、
キッセイ文化ホールの脇を流れる女鳥羽川の対岸にある、
浅間温泉へと向かいました。
いつもはここから三才山トンネルを抜け、
別所温泉や小諸のあぐりの湯などに行くことが多いのですが、
今回は思いのほか遅くなってしまい、
最終受付に間に合いそうになかったので、
いつもは通り過ぎてしまう
浅間温泉に立ち寄ってみたのです。

向かったのはこちら。

20120911-1.jpg

立派な門構えと、趣のある看板が歴史を感じさせる
湯々庵 枇杷の湯です。

現在は日帰り温泉施設となっていますが、
数年前まで旅館としても営業していたというこちらの施設、
なんと、松本藩主ゆかりの湯殿として、
400年の歴史を誇る、由緒正しい施設なのです。

入り口は、先ほどの門をくぐるのではなく、
その脇にある建物の入り口から入ります。

20120911-2.jpg

中に入ると、これがまた高級旅館の趣。

20120911-5.jpg

手入れの行き届いた廊下にはガラスの展示ケースが設けられ、
古い調度品などが展示されています。

20120911-7.jpg

中庭には枝振りが立派な松が。
暗いのと大きいので、カメラでとらえきれませんでしたが、
松本城主お手植えの松だそうです。

20120911-3.jpg

この松をのぞむ窓の反対側には、
これまた風情があるしつらえの湯上がりが。

20120911-4.jpg

立派な床の間もあり、湯上がりにくつろぐと言うよりは
思わず居住まいを正してしまいそうです。

20120911-6.jpg

ただちょうどひんやりとした夜風が吹き抜け、
しばらくここにいると、すっかり汗が引きました。

さて、肝心な風呂ですが、
本館には露天風呂がついた男女の大浴場があり、
さらにそのほかに松本藩の御殿湯のあった場所に、
野天風呂が男女それぞれあるそうです。
こちらもそそられましたが、別棟なので、
今回は夜遅いこともあって、
大浴場に入ることにしました。
ここがちょっと珍しい作りで、
2階が男風呂、1階が女風呂になっています。

大浴場はそれほど大きくはありませんが、
あふれる湯が次々と注がれる、大きな風呂と、
露天風呂には、この夏新調したという
真新しい桧の香り漂う大きな桧風呂があります。

泉質はアルカリ性単純泉ということで、
無色透明の肌あたり柔らかな湯。
温度も少しぬるめで、じっくりと入っていると、
あとからじんわり効いてくる温泉です。
そして、湯上がりはさらっとしていて、
しかも肌はつるつるになるので、
夏にはもってこいのさっぱりした温泉です。
演奏会の余韻に浸るにはぴったりな温泉でもありました。

今回あとから気づいたのですが、
館内には日本料理 草創庵という、和食の店もオープンし、
本格的な懐石料理から、予約なしでもいただける
手軽な逸品メニューやセットメニューなどもあるそうです。
次回はここにも寄ってみたいと思います。

しかし、松本も奥が深いですね。
土曜日の日経プラス1で、
歴女が訪ねたい城下町の第4位が松本でしたが、
たしかに、いろいろ探索しがいがありそうです。


ずいぶん風情がある温泉ですねと思った方はこちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7444

コメントする

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.