軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 09温泉 > 夏の信州温泉めぐり-3「草津で朝風呂」

夏の信州温泉めぐり-3「草津で朝風呂」

2012年8月29日水曜日 22:24 | 2 Comments | 0 Trackback

はい、また信州の温泉ではありません。
でも、軽井沢から1時間ほどで到着する日本の名湯・草津温泉は、
まあ信州の温泉みたいなもんです。

ということで、今日の温泉は草津温泉です。
こちらに行ったのはついこの間の土曜日。
盆休み明け後、1週間会社に行っただけで既にぐったり疲れてしまい、
よく効く温泉に行きたかったので、土曜日の朝風呂に
草津に行ってみました。何とも贅沢な話です。

盆休み中は大混雑だった草津に向かう国道146号ですが、
この日は朝早かったこともあってとてもスムーズ。
納車後2カ月がたち、エンジンの回りが絶好調になってきた
愛車パジェロディーゼルを駆って、
草津まで快適ドライブです。

そして到着した草津も、まだまだ人出はこれからという
絶好の時間に到着しました。

今回行ったのは、前回に引き続き大滝乃湯。
これまで通っていた白旗の湯は既に改装は終わっていたものの、
やはり設備が整った大滝乃湯に入ってしまうと、
ついつい足が向いてしまいます。
特に今回は朝寝起きで一目散に向かったため、
ひげも剃りたいし、頭も洗いたいと言うことで、
迷わず大滝乃湯に向かいました。

20120829-1.jpg

ここの魅力は、なんと言ってもその泉質。
強烈な硫黄臭が立ちこめますが、
とにかくツボにダイレクトに効くような、硫黄泉独特の
ちょっと強めの入り心地が、疲れた体をほぐしてくれます。

特に素晴らしいのが、草津伝統の合わせ湯を楽しめること。
38℃、42℃、44℃、45℃、46℃と
温度の違う5つの浴槽に、
温度の低い順から順番に入っていくことで、
温泉効果をより高めることが出来るという入浴法です。
一番高い、46度の湯は、民謡草津節に乗せてゆもみ板で
かき混ぜて、温度を下げたいほどの熱さです。

20120829-2.jpg

今回も一番高い46度の湯に入ってきましたが、
肩のこりと頭痛が、すっかり解消しました。
やはりここも定期的に通うことになりそうな温泉です。


草津に朝風呂なんて、なんと贅沢な・・・と思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7431

コメント(2)

svetlaさんは、大滝の湯派ですか、私は草津ではもっぱら外湯派です。同じ草津でも外湯によりお湯の感じが違うのは面白いですよ(今週月曜日に満喫してきました)。次回は大滝の湯に久々に行ってみようと思います。

44kazuさん こんばんは
私も草津の外湯はほとんど回りました。時間がないときは白旗の湯に行くことが多いのですが、今回は完全な朝風呂で、嫁はすっぴん、私はひげボーボーで言ったので、やはり設備が整ったところでということで、大滝乃湯に行きました。外湯で好きなのは、白旗の湯のほかには地蔵の湯です。

コメントする

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.