軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 09温泉 > 濃い温泉

濃い温泉

2010年12月 1日水曜日 23:39 | 0 Comment | 0 Trackback

さて先週末、わざわざ長野まで出かけたのには
会期終了が迫った東山魁夷館開館20周年記念展を見ることのほかに
もう一つ目的がありました。
それは松代温泉に行くこと。

実はこの夏以来の我が家今年最大の愛読書がこちらの本。

20101201-0.jpg

信州のめぼしい日帰り温泉を実際に入湯してルポした
その名も「信州日帰りでゆく温泉」というタイトルの本で、
地区別に効能、さらには温泉の色まで細かく紹介されています。
この本の中でも、絶賛されていたのが、
今回行った松代温泉です。

松代温泉には何軒かの旅館と日帰り入浴施設があるそうなのですが、
今回は初めてでも行きやすそうな国民宿舎「松代荘」に行ってみました。

20101201-2.jpg

公共施設なのですが、長野でよくあるように
ものすごく立派な建物。
さすがは江戸時代に移封した真田氏の城下町だけあって、
正面玄関の雰囲気など、どことなく城郭風になっています。

20101201-1.jpg

で、この松代温泉、何がすごいかというと、
成分が濃いのです。

湯の色はびっくりするほど真っ赤。
ほのかな金気臭さがある湯で、
鉄分がさびとなって溶け出しているような感じなのですが、
その濃さが半端ではない。
詳しくは上記の本で写真などを確認していただきたいのですが、

【送料無料】信州日帰りでゆく温泉

【送料無料】信州日帰りでゆく温泉

価格:1,575円(税込、送料別)

まだそれほど古くはないと思われる浴槽の縁という縁に
温泉の析出物が鍾乳石のように固まってしまっており、
浴槽の原形をとどめないほど成分が蓄積しているのです。

浴槽の中も堆積物で下は軽石の上を歩くようです。
そして所々に小石のようなものがあるので拾ってみると、
なんと、髪の毛に固着した析出物。
さらに貴重品をしまったロッカーの鍵も、
こんな感じ。

20101201-3.jpg

汚れのように見えるのが、温泉成分の析出物です。
それが固着してしまっているのですね。
何とも恐ろしいばかりのパワーです。

中には内湯と小さな露天がありますが、
内湯はやや温度が熱めでで、2~3分ほど沈んでいたら、
全身まっ赤っか。とても暖まります。
あまりに暖まるのでのぼせそうになり、
露天で顔をクールダウンしながら
しばらく湯につかっていました。
おかげで、前日の薪作業でへたった体の筋肉痛が
すっかり取れてしまいました。

こんなにすばらしい温泉は、大分昔、
草津温泉の白旗の湯に入って以来の大感動です。
長野に行かれたら、車ですぐですので、
是非足を伸ばしてはいかがでしょう。

20101201-5.jpg

ちなみにこのあたりは今紅葉が真っ盛り。
思わぬ紅葉のお代わりが出来ました。


なんだか効きそうな温泉ですねと思った方は
こちらからポチッと!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6839

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.