軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 09温泉 > 布施温泉

布施温泉

2011年5月10日火曜日 22:23 | 3 Comments | 0 Trackback

さて、震災後しばらくお休みをいただいてしまった当ブログ。

とある方のブログでは「さぞ大変なことがあったのでは」と

ご心配いただいていたのですが、

実際震災直後は公私共々ちょっとしたパニック状態でした。

先日もちょっと書きましたが、震災直前から東京の祖母が入院してしまい、

週末も東京と往復して疲労困憊していたところへ、

私自体が体調を崩してしまいました。原因はメニエール。

ぐるぐると目が回る病気です。

そこへ地震で、まさに高層ビルで揺さぶられた結果か、

いわゆる地震酔いも重なり、メニエールが悪化。

震災の対応で仕事も目が回るような忙しさで、

毎日くるんくるんと目を回しておりました。


震災直後は、さすがに遠距離通勤が心配だったので、

都内にある実家から会社に通い、週数日軽井沢に帰るという

生活を続けていたのですが、

意外に新幹線が定刻通りに走ってくれるので、1週間ほどで

通常の自宅からの通勤に切り替えました。

 

引き続き、週末は東京の実家に出向くことが多かったのですが、

土日のどちらか一日は自宅で過ごせるようになったため、

ちょこっとお出かけを再開。

どこへ行ったかというと、主に温泉です。

今年のテーマだった今までとは違う温泉に行ってみようと言うことで、

まずは先日いっぱいで入れなかった布施温泉に向かいました。

20110510-1.jpg

布施温泉は、今は佐久市となった旧望月町にあり、

佐久平から中仙道を立科方向へ向かうと、

旧望月宿の手前の小高い丘の上にあります。

近くにはマレットゴルフ場などもあり、地元の方の社交場ともなっているようで

出かけた日も非常に混んでいました。

ちなみにこの日、夕方ちょっと遅めの時間に出かけたので、

風呂から上がったらあたりは真っ暗。

本当は風呂からも、建物のある位置からも、

正面に雄大な浅間山を望んだりするのですが、

暗くて余りよく見えなかったので、

正面玄関のちょっと味気ない写真だけです。

20110510-2.jpg

館内はあぐりの湯などと比べるとこぢんまりとした作りですが、

休憩所となる大広間は広々。そこに風呂上がりの方が思い思いにくつろいでいます。

そして肝心の風呂ですが、こちらもちょっと小ぶり。

そこにかなりの数の人がやってくるので、やや混雑気味でした。

泉質はナトリウム塩化物温泉と、このあたりに多い泉質。

体の芯から、じんわりと温まるタイプの温泉で、

湯は柔らかいのですが、なかなかの泉質です。

道理で非常に混んでいるわけです。

やや手狭なことをのぞけば申し分ない温泉なのですが、

さらにすばらしいのがその料金。なんと大人400円で、この界隈の温泉としては

破格の安さです。すばらしい!

様子を見てまた出かけてみたいと思います。

 

ところで私のメニエールですが、

やはり軽井沢の自宅で落ち着いたのがよかったのか、

投薬がよかったのか、それとも温泉通いが効いたのか、

症状は治まりました。

 

と言うことで、今年は温泉の話題が多いので、

「温泉」というカテゴリーを創りました。

徐々に、これまでの温泉がらみの書き込みも

カテゴリーを変更して見やすくしたいと思います。

 

布施温泉、なかなか良さそうですねと思った方は

こちらからポチッと!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6957

コメント(3)

svetlaさん、お久しぶりです!
再開されたんですね。嬉しいです。
でもメニエールとは!ただでさえ地震酔いでふらふらしてる人が多かった(私もです)のに、加えてメニエールは辛かったですね。回復されたようで良かったです。
これからも楽しい情報を色々と発信してください。

meikenluckyさん こんばんは
おかげさまでようやくブログ復活できました。
今後とものぞいていただければ幸いです。
メニエールは本当につらかったです。
ご心配いただき、どうもありがとうございました。

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.