軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 09温泉 > 望月温泉「みどりの村」

望月温泉「みどりの村」

2011年7月 5日火曜日 22:41 | 0 Comment | 0 Trackback

またまた新たな温泉を開拓してきました。
今度でかけたのは、佐久の望月温泉「みどりの村」。
先日出かけた布施温泉や、穂の香の湯の近くにあり、
御牧ヶ原の台地をうねうねと上っていくと到着します。
ちょうど中山道を望月に向かって、左に行くと布施温泉になる交差点を
右折し、道なりに進むと要所要所に看板が出てくるので
その看板を頼りに進む形になります。
すると、徐々に人気のない別荘地を通って、
道がどんどん細くなってきて、かなり心細くなったあたりに
こんな施設が見えてきます。

20110705-1.jpg

これが望月温泉「みどりの村」の本館。
正直、よくたどり着いたという感じです。
とてもうまく説明できませんので、行きたい方はこちらでご確認ください。

さて、このみどりの村、なんだか温泉の建物らしくありません。
それもそのはずで、どうやら合宿や研修などを行う施設のよう。
広大な敷地内にはこのような体育館や、

20110705-4.jpg

テニスコートなどもあり、

20110705-5.jpg

この日も大学生ぐらいの団体が合宿をしていたようです。

そのセンターハウスが、一番最初にご紹介した建物ということで、
この中には大食堂や宿泊施設などがあり、
そこに温泉があって、外来入浴ができるというわけです。

正直、センターハウスの正面玄関はぱっとしない建物なので、
大丈夫かな・・・と恐る恐る入ったのですが、
平屋建てと思った正面玄関のあるところは実は最上階で、
その下に傾斜を利用して建物が建っています。
ということで、最上階の正面入り口から入って、入浴券を購入。
入浴券は大人400円と格安です。

館内に入り、エレベーターで1Fまで降りると、
そこが大浴場。意外に・・・といっては失礼ですが、
少しくたびれたセンターハウスの外観からは想像できない
こざっぱりした大浴場です。

20110705-2.jpg

早速風呂に入りますが、ここの温泉は
含臭素塩化ナトリウム鉱泉という珍しい泉質。
塩化ナトリウム泉なので、少し塩分を感じる温泉ですが、
湯はとろりと黄色っぽく、なかなか肌あたりのよい泉質です。
露天風呂が脱衣所から丸見えで、幸い誰もいませんでしたので
写真を撮ってしまったのですが、少し黄色っぽい湯を
おわかりいただけますか?

20110705-3.jpg

聞けばこの温泉、源泉が二つあるそうなのですが、
そのうち一つの源泉が、長野県でも有数の高濃度の析出物を含む
温泉らしいのです。
道理でよく効くわけです。
温度も比較的ぬるめでしたので、ゆっくり浸かっていたら、
ちょっとのぼせ気味になってしまいました。
でも、肩の凝りはだいぶよくなりましたので、
やはり温泉成分が効いたのでしょうね。

ということでこの温泉、先日の田沢温泉と並んで、
私のおすすめ温泉リストに仲間入りな感じです。
難点は、わかりにくい場所かな・・・
それをのぞけば、本当によい温泉ですので、
お近くに行かれた際には是非お立ち寄りください。


なかなか良さそうな温泉ですねと思った方は
こちらをポチッと!
ツイートボタンも付けましたので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7010

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.