軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 09温泉 > 八ヶ岳海尻温泉「灯明の湯」

八ヶ岳海尻温泉「灯明の湯」

2011年10月27日木曜日 22:44 | 0 Comment | 0 Trackback

清里の帰りに、またまた良い温泉を見つけてしまいました。
先日ご紹介したのは、松原湖の近くにある八峰の湯でしたが、
今回ご紹介するのは、松原湖よりも野辺山寄りにある
八ヶ岳海尻温泉「灯明の湯」です。

この灯明の湯、国道141号沿いに看板が出ているのですが、
この看板がとてもしょぼくて、
しかもどう見ても、あぜ道のような細い道を入っていくので、
どうせたいした温泉ではないだろうと思っていたら、
意外にもなかなか泉質がよさそう。
ということで、早速行ってみました。

国道の看板の場所を曲がり、
小海線の小さなトラス橋の下をくぐって、
白菜畑の真ん中をしばらく進みます。
そうすると、このようななまこ壁の
温泉施設が見えてきます。

20111027-1.jpg

ここは、このあたりに多い公設の温泉施設ではなく、
民間の経営による日帰り温泉施設みたいですね。
「灯明の湯」と書かれた提灯が下がる入り口を入ると、
大きな観音像が安置されています。

20111027-2.jpg

元禄時代に善光寺が焼失し、本堂が再建された際、
このあたりで用材を調達したそうですが、
その作業の際、作業に手間取り夕方になったところ、
渓谷の岩の一つが灯明をともしたように明るくなり、
作業がはかどったという故事に倣って
命名された温泉だそうです。
善光寺にゆかりがある温泉とのことで、
気づきませんでしたが、観音像の前には
善光寺貫主の揮毫もあったようです。
なんだか霊験あらたかな感じです。

実際、とても良い泉質でした。
泉質は、ナトリウム・マグネシウム炭酸水素塩・塩化物温泉だそうで
薄緑色の、特徴ある色の温泉です。
湯にはかなり大量の湯ノ花が浮かび、
浴槽の縁にはかなりしっかりとした析出物が
こびりついていました。
温泉成分が、かなり強いようです。
さらっとした入り心地の温泉ですが、
少し浸かっただけで、しっかりと温まります。
公設の温泉ほど施設が充実しているわけではなく、
洗い場もこぢんまりとしていますが、
内湯のほかにサウナ、露天風呂もあります。
ただ、露天風呂は源泉がそのまま注がれているようで、
ほぼ水でしたので、暖かい日ではありましたが
さすがにゆっくり浸かるには厳しい温度でした。
もう少し温かいとありがたいですね。

とはいえ、泉質はピカイチ。
清里の帰りには、是非また寄ってみたい温泉です。


なかなか良さそうな温泉ですねと思った方はこちらからポチッと!
ツイートボタンも設置しましたので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7119

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.