軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 09温泉 > 小海リエックス帰りは八峰の湯でひとっ風呂

小海リエックス帰りは八峰の湯でひとっ風呂

2013年2月 5日火曜日 22:49 | 0 Comment | 0 Trackback

先週日曜日の話題に戻りますが、初めて行った小海リエックス・スキーバレーの帰り道、
汗を流そうと、以前にも出かけた八峰の湯に立ち寄りました。

20130205-3.jpg

小海リエックス・スキーバレーからは、2キロほどの道のり。
クルマならば数分で到着します。
白樺林に囲まれた、穏やかな高原の真ん中にあり、
隣には現代的な建物の小海町高原美術館があります。
まだできてそれほど経っていないこともあり、
とても綺麗な、こざっぱりした温泉施設です。

20130205-2.jpg

ここの入浴方式は、信州には珍しい群馬県方式。
つまり、料金後払いです。
靴をロッカーに預け、その鍵をフロントに預けると
番号札をもらい、館内での支払いはその番号札をつたえて
最後に入浴料とともに精算するという仕組みです。

泉質はナトリウム・マグネシウム・カルシウム―炭酸水素塩温泉。
ここも、先日ご紹介した前橋荻窪温泉・あいのやまの湯と同じ
アルカリ性の温泉なので、肌がすべすべする温泉です。
浴室は源泉掛け流しの浴槽と、高温浴槽、サウナなどがあり、
外にはこんな八ヶ岳を望む、絶景露天風呂があります。

20130205-4.jpg

ちょうど逆光になってしまい、少しわかりにくいですが、
雪をいただく八ヶ岳の峰嶺をのぞみながらの露天風呂は、
実に爽快です。
欲を言えば、ずいぶん横長の湯なので、もう少し広いと
申し分ないのですが。

実は小海リエックス・スキーバレーの中にも温泉施設があり、
リフト券で割り引きで利用できるようなのですが、
ちょっと混んでいそうだったので、今回は八峰の湯に向かいました。
前回は結構混んでいたのですが、
今回は比較的空いていたので、こちらを選んで正解でした。

滑り終えてから温泉までの距離は、
この界隈のスキー場では最も近い感じです。
さくっと滑って、さくっと汗を流して帰ってくる。
あ~たまりません。また行かなくちゃ。


おかげさまで100万アクセス突破!
さあ、次の節目に向けて、今日も一つ、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
。そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7653

コメントする

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.