軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 09温泉 > 妙義グリーンホテル・長寿の湯は名湯!

妙義グリーンホテル・長寿の湯は名湯!

2013年2月18日月曜日 23:44 | 0 Comment | 0 Trackback

先日、テレビ朝日系列の長野朝日放送(ABN)でやっている、
「たけしのみんなの家庭の医学」で、温泉特集をやっていましたね。
たまたま私は見られなかったので、録画してみたのですが、
その中で、関節痛には、塩化物泉が良いというという特集をやっていました。
その例として、鉄湯で知られる有馬温泉を紹介していましたが、
この塩化物泉、先日もちょっとご紹介しましたが、
ここ信州から群馬県にかけてはすごく多いのです。

近いところでは、小諸のあぐりの湯や、
何度もご紹介した長野県庁の裏にある裾花峡温泉うるおいの湯、
また、浴槽の縁に付着した巨大な析出物が温泉パワーを物語る
松代温泉松代荘などが、いずれも塩化物泉。

そして、碓氷峠を下りた横川の峠の湯、磯部温泉の恵みの湯、
さらに、先日ご紹介したばかりの前橋のあいのやまの湯や
まえばし駅前温泉ゆーゆも、いずれも塩化物泉です。

確かにそう言われてみると、スキー帰りに塩化物泉に入ると、
滑ったあとの筋肉痛が違うような気がします。
特に、なんだかとても効いたような気がするのが、
先日のあいのやまの湯とまえばし駅前温泉ゆーゆ。
ここに入ったあとは、なんだか体が軽くなったような気がしました。

これはもしかして、群馬の塩化物泉は効くかなと思って、
ほかにも近くにないか、探してみたら、ありました。
それがこちらです。

20130215-1.jpg

この建物に見覚えがないですか。
特に、上信越道で軽井沢から東京に帰る方。
あ~あれだ!と思った方は、大当たり、正解です。

この建物、松井田妙義インターを過ぎると、右手に見える建物です。
ゴルフ場の中にある、妙義グリーンホテルです。
いかにもバブルのまっただ中に建ちましたという、
実に豪華な建物ですね。
なんとこの立派な建物の中の大浴場「長寿の湯」が、日帰り入浴できるというのです。
もちろん天然温泉です。

早速碓氷峠を下りて、行ってきました。
軽井沢からは、道路状況が良ければ、30分ほどで到着です。
小諸に行くより近い感じですよ。
ただ、松井田妙義インター近くからの道が、
ちょっとわかりにくかったですが・・・・

ホテルのフロントで、日帰り入浴したい旨告げて、
料金を支払います。
料金は700円ですが、JAFカードを持っていると、
割引で400円になります。

温泉は地下。ロッカーはないので、事前にフロントに貴重品は預けます。
浴室は、意外にこぢんまりしており、内湯が一つ、露天が一つという構成です。
ところが、この温泉がよい!
泉質は炭酸水素塩泉で、黄色っぽい、ほのかな塩分とえぐみを感じる湯です。
その浴槽に体を沈めると、びっくりするほどのぬめり。
成分表がありませんでしたが、かなりアルカリ性が強い温泉と思われます。
肌がすべすべになる、美肌の湯です。
そして、塩分が入っているので、とても温まる。
確かに効能には神経痛、筋肉痛なんて言うのがありましたが、
この温まる感じがとても良いのかもしれません。

そしてさらに素晴らしいのが、浴室から見えるこの景色。
真っ正面に、奇峰が連なる、妙義山を望むのです。
今回はあまりに素晴らしかったので、
パノラマ写真にしてみました。
クリックすると、大きくなりますよ。

20130215-3.jpg

遮るものがない、文字通りの絶景。
あまりの開放感に、素っ裸で仁王立ちしたまま叫んでしまいそうです。
ただし、その下のゴルフコースから丸見えなので、
ご注意ください。

磯部温泉や峠の湯に似た泉質ですが、そのいずれよりも泉質がよい感じです。
設備も立派だし、是非また行かなくちゃ。


おかげさまで100万アクセス突破!
さあ、次の節目に向けて、今日も一つ、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
。そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7666

コメントする

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.