軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 09温泉 > 美肌の湯--佐久・春日温泉「ゆざわ荘」へ

美肌の湯--佐久・春日温泉「ゆざわ荘」へ

2013年5月 8日水曜日 22:44 | 0 Comment | 0 Trackback

さて、またまた連休中の話題に戻りますが、
前半に能登、
後半初日に信濃国分寺の御開帳といいやま菜の花まつりに行ったあとは
基本的に家で大人しくしていた我が家。
それでも、良い天気だったので、温泉だけは出かけました。
とはいえ、町内のトンボの湯はどう考えても大混雑が予想されます。
そこでこどもの日の5日、朝湯をかねて
こちらの温泉に向かいました。

20130508-1.jpg

今年2月に初めて行って、すっかり気に入ってしまった、
佐久の旧望月町にある、春日温泉です。
前回は国民宿舎のもちづき荘に行ったのですが、
今回は同じ公共の宿泊施設で、すぐ隣にある
ゆざわ荘に行ってみました。
もちづき荘は、露天風呂がないのですが、
こちらには露天風呂があります。

施設としてはとてもこぢんまりした施設で、
フロントで料金を支払うと、すぐ左手に男女の浴場が
並んでいます。

早速風呂に入りますが、おとなが5人ほどはいれば
いっぱいになりそうな、小ぶりな浴槽には
もちづき荘と同じ、極上の温泉が満たされています。

別名玉肌の湯とも言われるこの温泉はアルカリ成分が非常に高く、
そのため独特のなめらかな肌心地の温泉。
しばらく入浴していると、本当に肌がつるつるになります。
男でも気持ちよくなるくらいなので、
肌に敏感な女性には絶対おすすめの温泉です。

そして、露天風呂は内風呂よりさらにこぢんまりしていますが、
真っ正面に馬事公苑が広がります。

20130508-2.jpg

望月町は古くから駒の里として、平安時代には朝廷に馬を献上する
御料牧の一つだった歴史を持っているそうですが、
この馬事公苑は、その歴史を背景に、
会員制の乗馬クラブとして運営されているそうです。

この日も朝早くから乗馬の練習をしている方が、
風呂の中からも望めました。

20130508-3.jpg

ということは馬上からも丸見えかもしれませんね。
まあ、その辺はおおらかな感じです。

ただ、伸びやかに疾走する馬を見ながらの入浴は
中々得難い経験です。
泉質は最高だし、朝から気持ちよくとてもさっぱりとしました。

軽井沢からはスムースに行けば、1時間足らずで到着します。
何よりひなびた温泉で、いつ行っても空いているので、
今年は折を見て通いたいと思います。


向かったのがおかげさまで100万アクセス突破!
さあ、次の節目に向けて、今日も一つ、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
。そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7764

コメントする

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.