軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 09温泉 > 焼け落ちた横川・峠の湯

焼け落ちた横川・峠の湯

2013年10月14日月曜日 22:30 | 0 Comment | 0 Trackback

この3連休は、結局休んだのは1日だけで、
2日間東京の会社に行ってきました。
連休で朝の新幹線が混んでいるのかと思いましたが、
意外にそれほどでもなく、楽々通勤。
とはいえ、東京駅はものすごい人で、
仕事の意欲が減退するほどでしたが、
まあ何とかこなしてきました。

ということで、くたびれてしまったので、
ためているネタの総ざらえを先にします。
夏休みを前に、衝撃だった横川の峠の湯焼失。
夏休みはトンボの湯が混むため、
例年峠の湯と、あぐりの湯を交互に行っていたので、
我が家にとってはひときわショックだったのですが、
先日安中に降りた際に、ちょっと立ち寄ってみました。
封鎖されているのかと思ったら、建物の前まで
普通に行けるのですね。
こうしてみてみると、正面のめがね橋を模した
レンガのアーチはそのままなので、なんだか焼けたという感じがしません。

20131013-2.jpg

ただ2階の部分は鉄パイプで養生されていて、
屋根の部分をよく見ると、激しく焼け落ちたあとがあります。
やはり焼けてしまったのですね。

20131013-3.jpg

何かの間違いであってほしい感じですが、
やはり正面はふさがれて休館中の張り紙が。

20131013-4.jpg

裏側にも回れたので、回ってみると、
正面の吹き抜けの気持ちの良いロビーだった建物は
見るも無惨に焼け落ちているようです。
屋根から空が見えている箇所がありました。

20131013-5.jpg

ただ、幸いにも正面向かって右手の浴室があった建物と、
向かって左手の1Fがレストラン、2階が休憩場所だった建物は
焼けずに無傷で残ったようです。
年内の再開は難しいそうですが、
早く修復して、また営業開始してくれるとうれしいですね。
やはりここの温泉は最高。そして、景色も最高です。
この日も薄暮の妙義山のシルエットが、とても綺麗でした。

20131013-1.jpg

泉質最高、設備も最高、景色も最高のこの素晴らしい温泉に
一日も早くまた入れることを
祈念しています。


気がつけば120万アクセス突破!
さあ、次の節目に向けて、今日も一つ、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.