軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 09温泉 > これはなかなかの名湯「佐久一萬里温泉」

これはなかなかの名湯「佐久一萬里温泉」

2014年3月 4日火曜日 22:36 | 0 Comment | 0 Trackback

先日オキザリスさんに行って、マスターと話をしていたら、
たまたま温泉の話題になり、佐久一萬里温泉が良いという話に。
オキザリスのマスターとは、温泉の好みがどうもあっているようで、
私が紹介したまえばし駅前温泉ゆ~ゆを
えらい気に入っていただいたので、
きっと良い温泉に決まっています。
これは是非行かねばと言うことで、先週末、
早速中込にある、佐久一萬里温泉に行ってきました。

20140305-1.jpg

ここの前は何度も通っているのですが、
今回はいるのが初めて。
Webを見ると、日帰り入浴1000円と書いてあって、
ちょっと高いなぁと思っていたのですが、
JAFカードなど提携カードを見せると、
500円で入浴できるというのです。
今回行ってみようと思った理由の1つでもあります。
日帰り温泉だけの施設ではなく、
ホテルゴールデンセンチュリーという、ホテルの中に
施設があります。

しかしこのホテル、外観はだいぶくたびれているのですが、
中は時代錯誤なぐらい、ゴージャスな作り。

20140305-2.jpg

まあ、昭和な感じでもありますが。

このゴージャスなロビーを抜けると、更に昭和な感じの
お土産物や、地元の農産物などを売るショップがあって、
その裏に入浴専用のカウンターがあります。
券売機でチケットを買って、このカウンターに提出するという仕組み。
提携カードという所を押すと、確かに500円でチケットが買えます。

ただ、正規料金との差は、鍵付きのロッカーを借りられるかどうか
と言う点が違います。
提携カードでの入浴だと、ロッカーは利用できず、
むき出しの棚に、そのまま脱いだものを入れます。
もちろん貴重品のロッカーは別にあるので、特に問題はありません。

さて、肝心な浴室ですが、
それほど広くはないものの、驚くほどたくさんの風呂があります。
普通の内風呂に、ジャグジー、ジェットバス、洞窟風呂、
桧風呂、打たせ湯、低温サウナ、高温サウナ、露天風呂、
歩行湯、それに水風呂と、全11種類の風呂があります。

泉質は、ナトリウム塩化物泉で、かなり塩辛い湯。
と言うことは、実に良く温まる温泉です。
この湯が、なんと源泉かけ流し。
ただし、加温はされているようですが、
それが適度な温度に加温されているので、
しばらく入っていると血行が良くなるのを実感できます。

佐久は、春日温泉など良い温泉があるものの、
軽井沢から近い市街地には日帰り温泉施設などがないので、
どうしても小諸や、逆に磯部温泉などに行っていたのですが、
この一萬里温泉もそれに匹敵できる良泉。

こんなに良い温泉なら、
思い切って、もっと早く行けばよかったです。
何より我が家から近いし、周囲に美味しい店も結構あるし、
ローテーション入り決定です。


いよいよ次は150万アクセスをめざして、
今日も一つ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.