軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 09温泉 > この世の極楽、平日トンボの湯

この世の極楽、平日トンボの湯

2010年1月 7日木曜日 23:15 | 2 Comments | 0 Trackback

早いもので、新年も1週間。
松の内も今日で終わり、七草がゆの日となりました。
軽井沢町内も、正月を軽井沢で過ごした別荘客や
観光客はめっきりと少なくなったようです。

そんなのを見計らって、ここ数日、
会社帰りにトンボの湯に通い詰めています。

20100106-2.jpg

これがたまらないんだ・・・
この時期、やはり圧倒的に人が少ないので、
とにかく風呂は空いています。
まずは内風呂でゆっくりと体を温め、
その後は露天風呂に移って、顔や頭が火照ることなく、
じっくり湯に浸かります。
文字通りの頭寒足熱。

そのおかげか、痛めていた足も、
だいぶ調子が良くなってきました。

しかも、平日は町民割引で入浴料が500円。
東京などで銭湯に行くのとほとんど変わりません。
なんだかこれ、一度やったらやめられないなぁ。
まさにこの世の極楽です。大げさかな。

と言うことで、我が家の通勤車には
現在お風呂セットが常備中です。
明日も行けたら寄って来よう。

そういえば今日はなくなっていましたが、
松の内はこんな松飾りが付けられていました。

20100106-3.jpg

昨年末、松飾りを買いに佐久のビバホームに行った際、
この写真にぶる下がっている細い牛蒡締めを
いったいどう使うのかと思っていたのですが、
このように飾るものなんですね。
ようやく謎が解けました。


いいなぁ、会社帰りに天然温泉によってこられるなんてと思った方は、
こちらからポチッと↓

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6514

コメント(2)

冬の夜のトンボは極楽です。

これからの厳寒期、湯の上の顔がつるつる、髪がパリパリ、
じゃぶんと湯につかって解凍 嗚呼・・あの季節が戻ってきました。
肺の中まで微粒子の氷が入り込んでくるような ゆっくりとした深呼吸・・ おいしいんだなあ。

ご挨拶が遅れましたが、旧年中は大変お世話になりました。
本年度もどうぞ宜しくお願い致します。

さくらいかるいざわさん こんばんは
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
平日夜のトンボの湯、本当に最高です。
もうしばらくお風呂セット常備で会社に行くのが
止まりそうにありません。

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.