軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 01きょうの軽井沢 > そもそも来軽って

そもそも来軽って

2010年7月21日水曜日 22:16 | 0 Comment | 0 Trackback

昨日の書き込みで、ついつい「来軽」と書いてしまいましたが、
軽井沢に越してくる前は、変な言い方だなぁと思っていました。

東京に住んでいると、「上京」というのはあっても、
「来京」とか「来東」とかはあまり聞きません。
でも、東京以外では意外に良く聞く言い回しですよね。
これまで見たり、聞いたりしたことがあるのは、
こんなものがあります。

来札=札幌に来ること
来旭=旭川に来ること
来函=函館に来ること
来仙=仙台に来ること
来静=静岡に来ること
来甲=甲府に来ること
来名=名古屋に来ること
来勢=伊勢(神宮)に来ること
来阪=大阪に来ること
来神=神戸に来ること
来岡=岡山に来ること
来香=香川に来ること
来広=広島に来ること
来福=福岡に来ること
来沖=沖縄に来ること

さらに調べてみたら、来青、来盛、来秋、来郡、来栃、来水、
来群、来浜、来富など、
県庁所在地クラスでは、町の名前の一字を選んで、
その前に来るという字を付けた
この言い方があるようですね。
ちなみに金沢へ来ることは「来沢」というそうですよ。

こうなってくると、問題は我が長野県。
来長、来松、来上、来諸、来佐、来蓼、来諏、来飯といった
使い方はあるのでしょうか。
来軽があるのだから、きっとあるのかもしれませんね。
長野県の、他のエリアにお住まいの方は、
こんな使い方、されていますか?


うんうん、来何とか(市の名前)って使っていますよと言う方は、
こちらからポチッと↓

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6706

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.