軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 01きょうの軽井沢 > 天皇皇后両陛下、軽井沢からご帰京

天皇皇后両陛下、軽井沢からご帰京

2010年8月29日日曜日 22:36 | 4 Comments | 0 Trackback

さて、今日は山梨からうちの奥さんの妹が遅い夏休みで遊びに来たので
軽井沢のみどころを案内。
まずは今話題のあの方のお屋敷の脇を通ったり、

20100829-1.jpg

・・・最近は軽井沢でも有数の観光名所になりましたね。
いつ前を通っても、結構な人が足を止めています・・・
旧軽井沢銀座を散策したりしました。

20100829-2.jpg

それにしても、旧軽銀座、依然としてものすごい人出です。
夏休み最終日とは思えません。

20100829-3.jpg

旧軽銀座名物、ミカド珈琲のモカソフトも、
大行列です。

20100829-4.jpg

さらに旧軽ロータリーまで行くと、
駅から来る軽井沢本通りは大渋滞。
お盆休みが再来したかのような人出です。
軽井沢駅方面へ向かうシャトルバスも、超満員の乗客です。

20100829-5.jpg

そんな中、ちょっと気になる光景が。
そうなんです、今日はお巡りさんが多い。

20100829-6.jpg

こちらもどなたかが道を尋ねたようなのですが、
なんだか大量の警察官が取り囲み、
道路の反対から見ていると、なんだか物々しい光景です。

20100829-7.jpg

一体何がと思って、はたと思い当たることがひとつ。
そう、今日は軽井沢に静養に来られた
天皇皇后両陛下が東京へご帰京される日です。

それではしばらく待っていようかとなったのですが、
どうも近くの警察官の方のやりとりを聞いていると、
なんだかもうしばらくかかりそうな感じです。

何度か車の流れがぱたっと少なくなったので、
いよいよ来られるのか・・・と思ってしばらく待っていたら、
待てど暮らせどお越しにはなりません。
そりゃそうでしょう、三笠通りは旧軽ロータリーまで
大渋滞なのですから。

仕方なく、また旧軽銀座に戻り、ぶらぶらしていたら、
上空にバタバタとヘリの音が。
どうやら、そのころ旧軽井沢本通りを
通られたようです。

今回は、思い出の軽井沢会テニスコートでテニスをされたり、
草津では演奏会でピアノをご披露になったりと
お忙しい毎日だったようなので、ゆっくり静養出来たのかどうか。
とにかく無事お帰りになられたそうで、よかったよかった。
長野県警は、どうもご苦労さまでした。


あ~それで今日はバタバタとヘリも飛んでいたんだ・・・と思った方は
こちらからポチッと↓
日の丸とか配ってくれると、わかりやすいのですけどね。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6748

コメント(4)

旧軽銀座も来客がないと行かない場所になってます。
混みますしね~

昨日は4時前に東雲の交差点から駅まで左の歩道を天皇両陛下が歩かれると聞いていました。
「何故に日曜日?渋滞確実」と思っていましたけど、歩かれたのかしら?

皇宮警察や長野県警の人も聞けば色々教えてくれますよ。
東京のようにピリピリした感じは見せないようにしているみたいです。ご静養で公務ではないからかな。
大日向では本当にアットホームな感じでご訪問されています。

有名人はブリヂストン関係のぽっぽ坊ちゃまですか?

旧軽の魅力は何なんでしょうか?これだけの人を呼べる
要素はあるのでしょうか??

確かに高原の心地良さはありますが、???です

ゆっくり滞在し、都会の喧騒と暑さから逃避するため
には非常にいいところと思いますが渋滞は
なんとかならないかと(そんな私もその原因の一人になるのですが(勝手ですよね))

さちさん こんばんは
うちは会社が東京駅の近くなので、
良く公務に出かけられる車列に行き会うのですが、
突然信号機がすべて赤となり、
車列が通り過ぎるまで道路の横断も出来なくなります。
でも軽井沢の場合、道も狭いし、おまけに
人も多いし。
昨日はとりわけすごい渋滞でしたので、
車列がどのように通られたのかは、
本当に謎です。
おまけに実際に歩かれたとしたらかなり驚きですね。
東京だったら、もみくちゃになっていると思います。

44kazuさん こんばんは
そうです、先日韓国からの賓客?を迎え、
つい先日は、政治家を集めて大パーティを行った、
あの別荘です。
最近はいつ通っても10人ぐらいむろしていますし、
観光タクシーも停車するみたいです。
今日あたりから、新幹線も少し空いたようですので、
旧軽井沢の喧噪も、少しは収束したかもしれませんね。

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.