軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 01きょうの軽井沢 > 信州追分文化磁場 油や オープン!

信州追分文化磁場 油や オープン!

2012年7月24日火曜日 22:45 | 0 Comment | 0 Trackback

さて、日曜日に出かけたしなの追分馬子唄道中。
道中の行列待ちの時間をつかって、
7/21にオープンしたばかりの
信州追分文化磁場 油やに入ってみました。

20120723-5.jpg

この油や、追分宿の脇本陣としての歴史をもつ
軽井沢でも有数の老舗旅館だったのですが、
数年前に廃業。
かつては堀辰雄などが逗留し、
執筆したという文化の薫り高い宿だったそうですが、
そこを舞台に、軽井沢の新たな文化の発信拠点にしたいと言うことで、
油やプロジェクトというNPO法人を設立。
このたび、この施設をオープンしたそうです。

それにしても、この建物、
実に格調高い建物ですね。

20120723-4.jpg

朽ち果てることなくまた新たな役割を得ることが出来て
本当に良かったです。

玄関を入ると、この旅館が老舗だったことを物語る
こんな看板が飾られていました。

20120723-6.jpg

そして、頭上には見事な彫り物が施された立派な梁が。

20120723-10.jpg

思わず「いい仕事してますね~」と言ってしまいそうです。
その、かつてロビーだったと思われるところは、
猫町珈琲店というカフェになっていました。

20120723-8.jpg

さらに奥に入ると、このような長い廊下に面して
かつての客室が様々なギャラリーになっています。

20120723-9.jpg

現在入っているのは、古書、中古レコード(LP)、
クラフトショップ、アートギャラリーなど。
どれもこれも個性的なギャラリーが並んでいます。
また、7/28から8/5まで、
こちらのスペースと前庭を活用して
納涼高原古本市が開かれるそうです。
さらには、10/7~8には、
第3回目のホンモノ市が開催されるそうです。

今年は、追分が面白い場所になりそうですよ。
今回は道中を追いかけながら合間を見てちょっと入っただけなので、
またゆっくり行ってみたいと思います。


なかなか面白い場所になりそうですねと思った方は、
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7388

コメントする

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.