軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 01きょうの軽井沢 > 国道18号、車が立往生で自衛隊災害派遣

国道18号、車が立往生で自衛隊災害派遣

2014年2月16日日曜日 20:57 | 0 Comment | 0 Trackback

しかし、昨日SOSな気分と書きましたが、
軽井沢町、豪雪でまさに大災害の様相です。
昨日のニュースでは、やはり記録的な豪雪となった
山梨のことばかりが取り上げられていましたが、
じつはここ軽井沢でも、浅間サンラインから碓氷峠にかけて、
国道18号線バイパスに車数百台が立ち往生。
これはなんと、今もそのまま立ち往生しているそうなのです。
実際、長野国道事務所のライブカメラを見てみると、現在でも鳥井原付近で、
トラックなどが列をなして立ち往生しています。

20140216-1.jpg

こちらは恐らくラフォーレ中軽井沢から借宿方面に向かい、
ちょうどしなの鉄道の跨線橋辺りの右カーブと思われます。
どちらの車線も、トラックがびっしりと立ち往生しています。

そしてこちらは紛れもない、ツルヤがある鳥井原東交差点付近。

20140216-2.jpg

右手にセーブオンが見えるので、間違いありません。
ここも、こんなことになっているのですね。
私も、何しろ家から一歩も出られないので、
まさかすぐ近くでこんなことになっているとは全く知りませんでした。

このほかにも、塩沢交差点から南軽井沢交差点に向けての、
かつて浅野屋があった辺りとか、
碓氷峠などでも車が立ち往生しているそうです。
なんでも金曜日の夜10時過ぎから立ち往生が始まり、
今まで48時間近くも動けないでいるなんて、信じられません。

私も、昨晩ツイッターを見て、
こんな酷いことになっているのを知りました。
正直、ニュースもオリンピックばかりで、
雪の情報と言えば首都圏と山梨のみ。
そもそも、いつもならばあるローカルニュースが
軒並みオリンピックの特番でつぶれているので、
枠がありません。
そういった所で、なぜ伝えなかったのか、本当に疑問です。
閉じ込められている方が、何とかしてくれと連絡したのが拡散し、
私もその一つを目にした次第。

そのおかげか、ようやく昨晩には自衛隊の災害派遣要請があり、
今日昼ぐらいから浅間サンライン入り口付近から
除雪と救助作業が始まったようです。
また、昼間ぐらいからは、沿道にある軽井沢町の公民館が
休憩所として解放され、炊き出しなどもされたようです。
それ以外にも、沿道の方が湯茶やおにぎりなどを配ったり
されたそうです。

とはいえ、ライブカメラを見る限り、未だ状況は
改善されていないようです。
上信越道も不通で、国道18号もこの状態だと、
首都圏や長野市内などとの移動は全く出来ないことになります。
恐らくこれが復旧しないと、
町内の生活道路の除雪などには
手が回らないのでしょうね。

我が家の最寄りの道路は、まだ1メートルもの積雪が。
最寄りの幹線までは、数キロありますので、
とてもこれを人力で雪かきしながら行くのは不可能です。
我が家の孤立状態も、もうしばらく続くと覚悟しました。

孤立しているとは言え、電気も水道も大丈夫で、
食料も幸い食料庫をひっくり返したら、やや賞味期限の怪しい
缶詰や加工食品などは含めなくても、
まだまだ数日は耐えしのげそうです。
灯油もまだ10日ほど前に入れたばかりで、
何より我が家には薪ストーブがあります。
風呂も沸くし、一応最低限の生活は出来ています。
48時間も車中で立ち往生している方のことを考えれば
贅沢言っちゃいけません。

長野新幹線は、なんと明日は平常運転に戻るそうですが、
残念ながら、私は駅まで行けないので、先ほど会社に
明日は休みと連絡しました。
もうしばらく、我が家で除雪を待ちます。

そして、こんな状況なので、
近くにいながら何のお手伝いも出来ませんが、
既に現在の気温は氷点下6.5℃まで下がってきました。
明日朝は氷点下9℃まで冷え込むそうです。
立ち往生している車の方は、
公民館などに避難されているとは思いますが、
まだ取り残されている方がおられたら、
町、警察、自衛隊の方、どうぞ十分なご配慮を
お願いいたします。


にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.