軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 01きょうの軽井沢 > 小鳥たちの木、倒れる

小鳥たちの木、倒れる

2008年5月26日月曜日 22:16 | 7 Comments | 0 Trackback

これまで木を植えるまで、我が家の庭には小鳥たちが羽を休める木々がなく、
せっかくたくさんの鳥がいながらじっくり観察できなかったのですが、
木を植えたことで、小鳥たちがやってくるようになりました。
それはそれで良かったのですが、
この週末、ちょっと残念なことがありました。
先週、我が家の隣の敷地の木で、昨年の台風で我が家の樅の木に倒れかかっていた
一本の木が、いつの間にか完全に倒れていたのです。

20080526-1.gif

この木、直前までこのような状態でした。
とはいえ、倒れることを予想していなかったので、上の部分だけですが。

20080526-9.gif

でなんでこの写真を撮影したかというと、
写真の真ん中あたりをよく見てください。
ちょっとわかりにくいですね。
それではこちらをご覧ください。

20080526-7.gif

真ん中あたりの枝、注意してご覧ください。
まだ少しわかりにくいですね。実は鳥が1羽いるのですが・・・

20080526-6.gif

逆光で、しかも画像処理で拡大しているのでかなり見にくいですが、
鳥がこのようにとまっているのです。

ということでこの木、鳥たちが良くやってくる木だったのです。
特に、真ん中あたりに小さな穴が空いており、
どうやらそこは巣作りをしていたよう。
倒れた木を拡大しましたが、おわかりになりますか?
ちょうど真ん中あたりです。

20080526-2.gif

中の小鳥たちは、ちゃんと巣立つことが出来たのでしょうか?
ちょっと心配です。

変わりに、うちのどこかの木に巣箱でもつけようかな。


鳥が心配だよという方はこちらをポチッとお願いします↓
ところで、昨日初めてカッコウが鳴いているのを聞きました。
ウグイスはよく鳴いているんですが、カッコウは初めて聴きました。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/5880

コメント(7)

台風の惨禍がまだ残っているのですねぇ。
小鳥たちは大丈夫だったと信じたいです。
カッコウ、鳴いてますね。うちの方では1週間くらい前から
鳴き始めました。私は実家でもよく聞いていたような気がします。
私も巣箱を作りたいのですが、鳥たちにはできるだけ手を貸さないように、
という巣箱反対派の方々もいらっしゃって、ためらっています。

ももたろう | 2008年5月27日 08:27

かなりの勢いで倒れてしまったのでしょうか?小鳥たち、子育ての時期ですから、心配です。枯れた木にもいろいろな鳥たちが巣を作るそうです。軽井沢の鳥たちは非常に住宅難だそうです。なので、枯れた木も切らないようにしようと思いました。
巣箱反対派って、どうしてでしょうか?木があって、鳥がたくさんいて、始めて軽井沢なんだと思いますが・・・。軽井沢は、これだけ開発が進んでくると、ある程度の保護は必要だと思います。

言葉が足りなかったようなので、付け足しますね。
巣箱反対というのは鳥が嫌いなからではなくて、鳥たちが人間にできるだけ依存しないように、という理由だからだそうです。
でもモモタロウさんのおっしゃるように、開発はどんどんしていながら、鳥たちは(言葉は悪いですけど)勝手に暮らせというのは、ちょっと違うような気がします。開発業者の方々に、鳥たちのことを考えてくれている人が多少なりともいて欲しいのですけどね。
今度Piccioに行って、野鳥のことをもっと勉強してこようと思っています。

ここ数日蛇を見ています。
鳥の巣に蛇が入り込まないか心配です。

巣箱を置くこと自体は悪いことではないと思いますよ。
鳥達も巣箱が必要が無ければ利用はしないはずですから。
必要だから入るのです。
巣箱も置く高さ、穴の大きさなど、住宅には鳥さん達もうるさいようですよ。

森の扉さん こんばんは
我が家の隣の敷地は、倒れた赤松と白樺がまだ無惨にそのままになっています。アレを見ると、我が家の木々が倒れなかったのが本当に不思議です。これにより、ずいぶん鳥のすみかが失われたのでしょうね。
台風直後は、鳥の鳴き声が一時的に激減しましたから。
幸い今年の春になって、にぎやかさが復活しました。
でも、我が家の敷地に家が建たなければ、もっとにぎやかだったかもしれません。
せめてもの罪滅ぼしに巣箱をおこうかと思ってみたり、このように自然に復活するので、下手に人間が手を加えず、自然に任せた方がよいのかと思ってみたり。
こればかりはいろんな意見があり悩むところです。

ももたろうさん こんばんは
この木、すでに根っこが腐っていたので、そんな勢いでは
倒れなかったのではと勝手に思っています。
鳥とどうつきあうかは、やはり難しい問題ですね。
何しろ、これまで小鳥や小動物が住んでいたところに、あとから人間が入り込むわけですから。
開発した分、ちゃんと保護するべきという意見もあるでしょうし、自然の摂理に任せておくべきと言うご意見もあります。
うちも、幸い庭の木に結構鳥が来るようになっていますし、もう少し様子を見てみようと思います。あと、うちもピッキオ行こうかなと話しています。やはり、専門家にいろいろ教えていただきたいですし、それからでも遅くはないかと。

さちさん こんばんは
蛇、出ましたか!
私は蛇と「蛇みたいな人」は大嫌いなので、それは出てきていただきたくないです。
でも、昨年はうちの近所でも何匹かお亡くなりになったり、干物になっていたりしたので、きっといるのでしょうね。幸い、小さいのが救いでしたが。
巣箱はどうしようかまだ考え中です。形もどうするか、ちゃんと考えなくてはいけませんよね。
夏休みの宿題?ですかね・・・

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.