軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 01きょうの軽井沢 > ちびっ子「クマさん退治」と栗拾い

ちびっ子「クマさん退治」と栗拾い

2008年9月21日日曜日 22:00 | 6 Comments | 0 Trackback

さて来客週間二日目の今日は、奥さんの大学時代の友人3名、
そしてそのうちひとりの子供3人の計6人が我が家にやってきました。
我が家の最高齢来客は言うまでもなく我が家の祖母91歳ですが、
本日は最低年齢記録を更新。なんと一気に8歳、6歳、3歳の
男の子ばかり3名がうちにやってきたのです。

子供にとって、森の中にあり、しかもすべて木で出来ている我が家は
もうそれだけで興味津々。
早速我が家に入るや二階に駆け上がり、
吹き抜けから顔を出したり、今度は一階に駆け下りて、
地下の床下収納をのぞいてみたり。
普段は後期高齢者とその予備軍の来客ばかりですので、
子供の喚声が響いて、ログも驚いたんじゃないでしょうか。

本当はこんな腕白3人兄弟が来たのなら、
秋晴れの中を庭を走り回ったりしてほしいところですが、
昼前から再びあいにくの雨。それも結構な。
昨日だったらよかったのに・・・
せっかくけろけろさんのバーベキューセットも用意したのに、
残念ながらリビングの窓の外で焼いて、

20080921-1.gif

お母さんたちは家の中で食べるという
ちょっと悲しいバーベキューになってしまいました。

20080921-2.gif

それにしても、炭をおこす段階から子供たちはうちわを持って大はしゃぎ。
いよいよ焼きはじめても、バーベキューコンロの前から離れません。
特に最後のマシュマロはちびっ子大興奮。

20080921-3.gif

マシュマロ焼き、はじめてやりましたが、香ばしくて美味しかったですよ。

さて、バーベキューでテンションが上がりきってしまったちびっ子たちは
もはや止めようがありません。
おなかが一杯になったら、駅からの車の中で少し話をした
「この辺は熊が出るんだよ~」が気になったらしく、
雨が一時やんだのをみはからって「よしクマさん退治に行くぞ~」と、
我が家のほうき類を持って出かけそうな勢いです。
森の中で本当のクマさんに出あっても困るため、
「あっちに栗が落ちているよ」と巧みに気をそらし、栗拾いに変更。
我が家の近所にはあちこちに胡桃やら栗やらがたくさん落ちているので、
「ある~ひ、もりのなか、くまさ~んに、でぇあった~」と
森のクマさんを歌いながら道ばたの胡桃や栗を拾って
一杯にポケットに詰め込んで、ご機嫌で我が家にご帰還しました。

そうこうしているうちに、帰りの新幹線の時間も近づき
床下収納にしまってあるお土産を取ろうとうちの奥さんが
床下への階段を下りたところ、
一緒について入った6歳のちびっ子2号が階段の途中から
転んで下に転落。

20080921-5.gif

おでこを打ってしまったらしく、一時は大丈夫かと思いましたが、
そこは腕白坊主3人のお母さん。

火がついたように泣く子供の目の前にVサインで指を立て、
「何本に見える」・・・「2本」、
「よしたんこぶが出てるし、大丈夫!」と
半べその子の手を引いて、そのまま家路に向かいました。
軽井沢の駅に着いたときは、まだなんだかしょぼんとしていましたが、
新幹線に乗るやいなやおなかが空いたとバーベキューで残った
焼きおにぎりをぱくつき、その後は「変な顔遊び」で
盛り上がって帰ったそうです。大事に至らずよかったよかった。

帰りがけ、ポケットに一杯になった胡桃と栗の中から
「お土産にあげる」と置いていった胡桃と栗が
我が家のテーブルの上に残っていました。
文字通りの置きみやげです。

20080921-6.gif

このくらいの子供の時期に経験したことで、
非常にインパクトがあったことの記憶は
その後大きくなってもかなり鮮明に覚えています。
いい思い出になるとよいのですけどね。
今度はカブトムシのいる時期と、
一面銀世界になった時期にまたおいで~

ちなみに、ただいま子供のいないsvetla家、
久しぶりのおこちゃま相手で、夫婦共々
ただいまちょっとへろへろ中です。
小さい子供、特に男の子3人の親は大変だわ~。


それはどうもお疲れさまでしたという方はこちらをポチッとお願いします↓

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6021

コメント(6)

svetlaさん、3人の元気な子供達のお相手、
お疲れ様でしたぁ~~~!
もう、大はしゃぎぶりが目に浮かぶようです。

ログハウスも一気に活気づいた一日だったことでしょうね。

きっと、3人の男の子たちは、印象的で素敵な
「木立の中のログハウス」を、ず~と忘れないでいることでしょうね。

減点ママ | 2008年9月22日 19:21

お疲れさまでしたm(_ _)m
ちびちゃんたちの相手は本当に疲れると思います。
土曜日に軽井沢在住の友人の子供8歳・7歳と
我が家の3歳・1歳が合流した時も
走り回って跳び跳ねて大変な騒ぎでした。
友人もキャンプの時に焼きマシュマロやってました。
普通にマシュマロ買ってきて焼くだけなんですか?
いつかやってみたいです。
写真を見て気付いたんですが
sveltaさんのデッキのテーブルとイスは、
実家で庭に置いてあるものと同じようです。

svetlaさんお疲れ様でした。うちは8歳の女の子一人ですがそれでも大変ですよ。僕の軽井沢での一番古い思い出はやはり7歳くらいの頃両親と共に訪れた軽井沢らしい建物の記憶と当時は僕の住まい近くでは売ってなかった350ml缶のファンタオレンジを買ってもらった記憶です。そんなつまらない記憶が今の軽井沢好きの原点です。
ところで足踏み式薪割り機~使いましたよ。何でもっと早くに買わなかったのだと夫婦揃って後悔するぐらいの使い勝手の良さ感心するばかりでした。想像では凄く力がいると思いましたが一度体全体の力で踏み込めば~あら~不思議と割れて行きました。後は耐久性能がどのくらいあるのかだけですね~これで耐久性まで優れていたら電動もいらないですね~svetlaさんもそう思いますか?

nanamariさん こんばんは
実はさらに続きがあり、どうやら我々の寝室にも侵入し、
ベッドの上で飛んだりはねたり、かくれんぼをしていたらしく、夜くたびれたので寝ようと布団をめくったところ、
中から懐中電灯が出てきました。
割と開放的な作りになっていますので、
きっとはしゃぎたくなる要素が、我が家にはあったのでしょうね。

減点ママさん こんばんは
マシュマロ焼きですが、本当に市販のマシュマロを
串に刺して、くるくると熾き火にかざして
あぶるだけです。
そのうち周りがぷ~っとふくれて、
だんだんきつね色になってきます。
少し焦げ目が付くくらいまであぶると、
外はカリカリ、中はドロドロという、
とても不思議な食感になり、
とても美味しかったですよ。
中軽井沢駅前のけろけろキッチンさんの
バーベキューセットを今回は頼んだので、
その中の一品に入っていました。

hiroさん こんばんは
そんなに子供の頃から軽井沢に来られていたのですね。
大人にとってもですが、子供にとっては自然の遊び場、
遊び道具がたくさんあり、ゲームなどでは得られない
本当によい体験が出来ると思います。
腕白だけどしっかりしたお子さんたちでしたので、
将来の糧となる、よい思い出になってくれると
よいのですけどね。
ところで、足踏み式薪割り機、なかなか便利ですよね!
耐久性ですが、薪を載せるステンレスの棒二本が
我が家では少し曲がってきました。
少し堅い木を割ろうとし過ぎたみたいです。

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.