軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 01きょうの軽井沢 > 軽井沢、まだまだ開発続行中

軽井沢、まだまだ開発続行中

2008年12月11日木曜日 22:17 | 4 Comments | 0 Trackback

景気の悪化で、上場企業の倒産が相次いでおり、
史上最高になっているとか。
中でも、アーバンコーポレーションなど、
デベロッパー企業の倒産が多くなっています。

軽井沢も、昨年後半から変調の兆しも聞いており、
たまに不動産屋さんのホームページなどを見ると
土地が値下げになっていたりしますが、
いやいやどうしてどうして。

先日、風越公園に出かけた際、
天気も良かったので、その近くにある別荘地をぶらついてみました。
実はここ、不動産屋さんから紹介されていた
候補地のひとつだったのです。
紹介された土地がどうなったのか気になって、
ちょっとのぞきに行ってみたのです。

そうしたらびっくり。
行き止まりで、その先はのどかな田園風景が広がっていたはずなのですが、
何と道路を造成し、別荘地拡張中。

20081211-1.jpg

72ゴルフ北コースのあたりも、かなり大規模な分譲地を何カ所か造成中で、
そのほか我が家の近所でも、いつの間にか切り開かれていたのは
すでにご紹介したとおりです。

こんなに開発して、自然への影響も心配ですが、
それより開発した会社への影響は、大丈夫か心配になってしまいます。
でも、我が家の近所の土地は、実際にもう何カ所か
売約済みになったみたいなので、まだまだ需要はあるのですね。

そういえば、我が家の近所もまだまだ建築ラッシュ。
一昨年は我が家など数軒、そして昨年も数軒。
さらに今年になっても、数軒建築後、さらに1軒建築中です。

ここ数年に比べれば、かなり減速はしているのでしょうが、
それでも他のエリアに比べれば、
まだまだ軽井沢の開発や、住宅の建築は旺盛な感じです。
このペースがいつまで続くのでしょうね。


うちも、軽井沢に建築検討中だよという方はこちらをポチッとお願いします↓

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6120

コメント(4)

svetlaさん こんばんわ
軽井沢と言う土地は本当に不思議な場所と言う感じがしますね。やはりまだ物件も動いているのですね~?東京のデベなど大変な状況になってると言うのに・・・ただ先日もゴルフ会員権も軒並み下落しているのに今まで手の出せなっかた名門クラブの動きが活発かしてるなんて報道もありましたから、心理的には同じでこの時期を狙っていた人達も沢山いるのでしょうね。
まあいずれにしても今日の報道でのアメリカのビック3救済法案の廃案などを聞いていても日本への影響も多大なものになるのではと不安になりますから・・・これからどうなってしまうのやら~

KaruizawaWoodさん こんばんは
本当に、こんなに開発して大丈夫かという気がしています。
自然に対する影響も心配ですが、
開発した会社の経営も心配です。
何しろ1ドル88円という超円高になってきているので、
きっとこれから、さらにもう一波大きな景気悪化の波が
来るはずなのですが、
ダッチロール状態の政府はあまりにも無策で、
本日発表の緊急経済対策などあまりに無為な気がします。
やるべきことはもっとたくさんあるはずなのですけどね。
特にどうして誰も内需拡大を考えないのでしょう。
外需が見込めない今、なりふり構わず内需を拡大し、
動きが悪くなっているお金の動きを活発化することこそ、
今一番必要なはずなのですが。

svetlaさん 再びこんばんわ
私もまったく同意見です。国民の労働意欲を保たせながらお金の動きを活発化させる為に何故内需拡大が出来ないのか不思議で仕方ありません。余りにもマスコミの目を気にし過ぎなのではないでしょうか?あまりにもK首相の5年間で日本の国内のシステムまで壊し過ぎたのではないでしょか?確か3~4ヶ月程前に竹○平○がテレビの前で日本はもっと外国企業を入れて雇用を増やすべきだと持論を力説していました。そのたった1ヶ月後にはリーマンの破綻から今のような状況~今ならどこの外国企業が来るのでしょうか?そんな数ヶ月先の世界経済も読めない学者が参議院だったとは・・・あくまで個人の考えですが!

KaruizawaWoodさん おはようございます
金融対策も、雇用対策も急速に悪化している
局面では絶対に機動的な対応が必要で、
それはそれで大胆にやるべきなのですが、
一方で、特に雇用対策の場合、
雇用環境が悪化している最大の要因は
市場の急速な悪化により需要が急減していることが
そもそもの原因となっているわけで、
外需が見込めない今、
内需をいかに盛り上げていくかが
欠かせないはずなのです。
昨年までの好景気も、なぜ今ひとつ実感がなかったのは
内需の盛り上がりに欠けたからだと思います。
誰も物を買わない、売れないという状況で、
景気が回復するわけがありません。
何とかなりませんかねぇ。

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.