軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 01きょうの軽井沢 > 西武とスキーの黄金時代を懐かしむ

西武とスキーの黄金時代を懐かしむ

2009年1月 7日水曜日 23:37 | 4 Comments | 0 Trackback

年末実家に帰り、久しぶりに自分の部屋の大掃除をしていたら、
いろんな物が出てくるわ、出てくるわ。
子供の頃に書いた作文、絵、小・中・高・大の卒業証書、
成績表などと並んで
かつて行ったスキー場のパンフレットやコース図、
泊まったホテルのパンフレットやリフト券などがたくさん出てきました。
中でも一番多いのが、大好きだった軽井沢周辺の
スキー場の物。こんなにあります。

20090107-1.jpg

万座・表万座と軽井沢のパンフレットは、
所々抜けていますが、ほぼ毎年ずらりとそろっています。

20090107-2.jpg
20090107-3.jpg

こうして並べてみると、私が西武に足を向けて寝られない理由の一端を
おわかりいただけるかと思います。
万座も、表万座も、軽井沢も西武のスキー場でした。
しかし、その経営が不安視されはじめた2000年代にはいると、
それまでは万座と軽井沢は別々のパンフレットになっていましたが、
一緒のパンフレットになってしまいました。(上記、下の段の写真)
こうして並べてみると、西武の衰退を目の当たりにするようで、
なんだか複雑な気分です。

こちらは泊まったプリンスホテル系列のパンフレット。
一番左は、なんと「軽井沢スケートセンターホテル」になっています。

20090107-4.jpg

軽井沢スケートセンターも閉鎖でしたね。
あ~寂しい。

こちらは万座プリンスと、万座高原ロッジ、そしてその2つがいっぱいだった場合や
学生で金のないときに泊まっていた万座温泉ホテルのパンフレットです。

20090107-5.jpg

こちらの万座温泉ホテル、数多い万座の温泉の中でも
屈指の名湯「苦湯」があるホテルで有名ですが、
斜面に建てられており、玄関はほぼ最上階。
下の方の部屋になると6階分ぐらいを延々と階段で下りるのですが、
問題は上り。思いスキー板やブーツ、バッグを抱え、
延々と上まで上がっていくのは、
標高が高く、空気が薄いこともあってものすごい難行でした。

そして、こちらもよくとってあったスキー場のリフト券の一部。
やはり万座が多いですかね。湯の丸や、パルコールもあります。

20090107-10.jpg

さらに鬼押しハイウェイの通行券まで後生大事にとってありました。

20090107-8.jpg

昔はこんな立派な通行券だったんですね。
何とそのうち一枚は「国土計画」と書いてあります。
こちらも今はありません。

20090107-9.jpg

奇しくもこの前の書き込みで書いたとおり、
20年前の今日は昭和が終わった日。
じつは、国土計画の通行券は、昭和63年のものでした。
と言うことは、ここにあるのはほぼ平成と共に歩んだ、
資料と言うことになります。

そこから見えてくるのは、西武が力を入れたスキーと、
その黄金時代からの衰退の歴史。
あ~なんだかまた切なくなってしまいました。

ちなみに、最新の資料は2005年の物。
2006年からは軽井沢の住宅計画が動き始めたので、
少なくともこうしたパンフ類は不要になってしまったのです。
つまり、私が軽井沢と切っても切れない縁になったことを、
証明する資料でもあります。これからも大事にしておこう。


それにしてもよくこんな物をとってありましたねと思った方は
こちらをポチッと!
多いんですよ、こういうの・・・しまうところに困っています。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6150

コメント(4)

svetlaさん こんにちわ
リフト券やホテルパンフは当家でも大事に保存してありますよ(笑)
うちの家族は西武系とは縁があり、いまでも良く利用させて頂いてます。
svetlaさんだとご存知だと思いますが、1987年に出版されたホイチョイの極楽スキーには、ホイチョイが考える苗場~志賀~万座に至る壮大なロープウェイの構想計画が記載されていて、当時の西武なら本当に実現できるのでは・・・?と期待を持たされたものでした。
ちなみに私達夫婦のお気に入りは野尻湖プリンスホテルでしたが、このホテルも2年前に売却してしまいました。残念です!

KaruizawaWoodさん こんばんは
極楽スキー、懐かしいですね。
ちょうど5歳(嘘!)の頃よく読んでいました(笑)
本当に当時はロープウェーかけそうな勢いでしたよね。
そういえば、志賀高原に登山電車というのも
ありました。
出来ていたら、それはそれでスイスの登山電車みたいで
面白かったと思うのですが。

20年前・・・
スキーデビューのころです。
家族の足手まといで、早朝の神立高原で一人ほったらかしで、山頂から、いっすんきざみで、ズリッズリッと一時間かけて降りてきました(笑)  途中足を骨折した人が座り込んでいたりして、ほんとに怖かったです。なにしろストックもささらないアイスバーンでしたもの。
 「リフトはじめてで~す!」「降りるのはじめてで~す}
と叫んでたのは私くらいですね^^;係の人は親切でしたが、お腹の中では「乗れないのなら乗るな!」と思ってたかも。
 あのころの、ゴンドラ待ちの長蛇の列はもうないのでしょうね。うちもスキー用品の入っている箱から昔のリフト券でてきますよ。

namakuraさん こんばんは
昔八方にはじめて行ったとき、
ゴンドラ待ちが2時間かかったことがあり、
結局午前一本、午後一本しか滑れなかったことがあり、
2度とこんなスキー場来るものかと思ったことがあります。
実際それ以来2度といっていません。
今はそんなことないのでしょうけどね。
近いのだから、行ってみなくては・・・

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.