軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 01きょうの軽井沢 > やはり、伐採されていました

やはり、伐採されていました

2007年10月23日火曜日 23:34 | 3 Comments | 0 Trackback

さて、先日のブログで紹介した、ウチの近所の木に巻かれた赤いひも。
おそらくは伐採の印だろうと思っており、
ぽんきちさんからもそうだと教えていただきましたが、
日曜日の朝、散歩の途中に行ってみたら、やはり伐採されていました。
この木、全く先日と同じ木です。
なぜか、木の途中から伐採されています。

20071023-1.gif

一方その裏の木はきれいに根っこから伐採されていました。
何か理由はあったのでしょうかね。

20071023-2.gif

この土地、家を建てるために整地したという感じではなかったので、
木の状況を診断し、危ない木を伐採したという感じです。
やはり、軽井沢町の政策として行っているのでしょうか。

一方、2ブロックまるまるきれいに整地されてしまった
ウチの近所の土地は、このような状況にさらに整備されていました。
一応土地の周囲には、垣根代わりに木が植えられていました。
いかにも売りに出しますという感じですね。
実はそれらしき人が、早速見に来ていました。

20071023-3.gif

しかし印の付いた木、追分の方にもかなりあり、
こちらは道路の両側2メーターぐらいの範囲の木が
すべて赤い印が付いていたので、きっと皆切られてしまうのでしょう。
きっと何か理由はあると思うのですが、台風で倒れた木と合わせると、
一気にものすごい量の木が伐採されたわけで、
こんなに切ってしまって大丈夫なのかとちょっと心配です。
そういえば、最近ウチの辺の鳥の声が、少なくなったような気が・・・


こんなに木を切ってしまうと、ちょっと心配という方はポチッと一票お願いします!↓

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/5683

コメント(3)

svetlaさん、こんにちは。

暖炉の件、いろいろアドバイスありがとうございます。ストーブでも灰などのちょっとした問題が出るんですね。今の暖炉には耐火ガラスの扉が付いたものがあるようなので、そういった物がいいかもしれませんね。暖炉前はタイルなんかでもよさそうです。

それにしても本当にばっさり伐採されてしまいましたね。私が軽井沢移住を考えた理由の一つが、深い緑や環境を守るための決まりがしっかりしていて、乱開発が防げるというのがあります。別荘地のほとんどが20%/20%ルールですし、第一種低層専用ですし。せっかくのゆったりとした軽井沢の自然が、単なる分譲地のようになっては本末転倒な気がしますが・・・。

svetlaさん、度々すみません。
私も家造りのメモとしてブログを立ち上げてしまいました!
体裁が整っただけの見切り発車ですが、どうぞご贔屓に願います。

よろしければ相互リンク願いたいのですが、よろしいでしょうか?

セロさん こんばんは
ブログ開設されたのですね。早速お伺いしてみます。
リンクはこちらこそよろしくお願いします。
ウチもこのあと設定しておきますね。
今ものすごく眠いので、明日になってしまうかもしれませんが・・・
それにしても、ウチの近所の土地はちょっと極端ですが、
一般的には結構木を残した状態で建築するケースも
多いようです。
ただ今回の台風ではその判断が裏目に出てしまったケースが
あったようです。守るべき木は守り、そうでない木は間引き、
森が活性化するよう手を入れていけばよいと、
ウチの建築屋さんがよく言っていました。
ウチもそのような心がけで、軽井沢で暮らしていきたいと思っています。

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.