軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 01きょうの軽井沢 > きのこ狩り

きのこ狩り

2009年10月12日月曜日 20:07 | 4 Comments | 0 Trackback

さて3連休も、あっという間にすぎてしまいましたね。
なんだかこの3連休は、いろいろ盛りだくさんで、
気がついたらもう最終日になっていました。

そんな盛りだくさんの3連休の中日の昨日、
ご近所の方に誘われ、きのこ狩りに行ってきました。
すばらしい天気で、森の中を歩き回ること3時間近く、
今年はあまりきのこが多くないとのことでしたが、
それでもこの手のことには独自の嗅覚を発揮する
我が家の奥さんの働きで、
そこそこの量のきのこが採れました。

実は昨日は、追分公民館で
追分きのこ祭りというのが開催されていて、
そこに採ったきのこを持ち込むと、
鑑定してくれるそうなのです。
それならば安心と、食べられる、食べられないにかかわらず、
とりあえず美味しそうなきのこは、採ってみました。

早速公民館に持ち込み、鑑定してもらいます。

20091011-0.jpg

より分けられている、下の方にあるのは
すべて食用ではないもの。
結局三分の一ほどが残って、
こんな感じになりました。

20091011-1.jpg

きのこはよく洗って、みそ汁にします。

20091011-2.jpg

ちなみに「何とかシメジ」という名前でした。
え~と、なんでしたっけ・・・
まずい、名前を忘れてしまいました。
麩やネギ、油揚げなどとともに
みそ汁になったのがこちらです。

20091011-4.jpg

味噌は昨年の冬仕込んだ
我が家の自家製ですよ。

さすがに自然のきのこだけ合って、
とても香りが強く、牛蒡のような独特の風味が出ます。

そして、同行の方に教えていただいて、
もう一つ採っててきたのがこちらの五味子(ごみし)。

20091011-3.jpg

五味子は韓国などではおなじみの果実だそうで、
お茶にしたり、焼酎などに漬けて、
果実酒にするようです。
咳などを鎮める薬効があるそうですよ。
我が家も早速うちの奥さんが焼酎に漬けていました。

追分きのこ祭りでは、
きのこ汁も振る舞われていました。

20091011-5.jpg

ちなみに1杯100円です。
こちらもあまり食べたことがないようなきのこが沢山。
いずれも地元のきのこを使ったそうですが、
けんちん汁風の具沢山なきのこ汁で、
とても美味しかったですよ。
ただ今年は天候の影響で、きのこは不作だそうです。
松茸も全く採れないようですね。

今朝の軽井沢の最低気温は、ついに2.4度!
氷点下も目前です。
まだまだツルヤなどにも見かけないきのこが出回っているので、
しばらくは拾ってきた山栗の栗ごはんに
温かいきのこ汁かな。


採ってきたきのこ、「あれ」ですよと分かった方は
こちらをポチッとお願いします↓
是非コメントで教えてください!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6424

コメント(4)

ももたろう | 2009年10月13日 19:38

きのこ汁おいしそうですね~。どのあたりで探されたのですか?きのこ採りって3時間もかかるものなんですね~。志賀高原の紅葉はきれいでしたよ。湯田中のちょっと先の道の駅(名前がよくわからないのですが)でりんご、やぶどう、野菜など売ってました。りんごひと箱700円~900円という安さ、思わず買ってしまいました。千秋という種類でしたが、おいしいです。ぶどうも安くて、大粒のピオーネが250~300円でした。帰りに通った須坂は、葡萄狩り、りんご狩りをやっていて
山梨で見慣れた風景を須坂で見ようとは思ってなかったので、びっくりしました。ほんとに地方は物産が豊かで安い!すばらしいことだと思いました。

完ちゃん | 2009年10月13日 23:06

私どもでも前回帰る直前に、家内が庭で採取したハナイグチらしき物他を汁で食べました。
味も良く、幸いにも現在無事にこのコメントを書けている事をご報告します。

ももたろうさん こんばんは
きのこ狩り、山に入ったら夢中になってしまって、
気づいたらずいぶん時間が経っていました。
果物も沢山直売所などで売っていますね。
一軒一軒回りたいのですが、
やることが多すぎて、そこまで手が回りません。
でも、この時期の志賀や小布施、
行ってみたいなぁ・・・

完ちゃんさん こんばんは
我が家も恐る恐るみそ汁にしてみたのですが、
笑いが止まらなくなることも、
しびれることもなく、
美味しくいただけました。
ただ、まだ自分たちだけでは判断できないので、
ご相談できる「きのこ先生」がいないと、
なかなか口に運ぶのは勇気がいりそうです。

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.