軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 01きょうの軽井沢 > 鐘

2009年10月25日日曜日 21:17 | 4 Comments | 0 Trackback

スキーシーズンはまだですが、スケートシーズンはもう始まりましたね。
テレビでも早速フィギュアスケートのグランプリシリーズを
連日中継しています。

来年はバンクーバー冬季五輪があるので、注目も集まる
フィギュアですが、日本女子のエース浅田真央さんが、
どうにも調子があまりよくないようです。

競技自体は専門家でもないし、よく分からないのですが、
クラッシックの愛好家から見て、いかがなものかと思われるのが、
フリーの選曲。
ラフマニノフの「鐘」っていうのはいかがなものでしょう。
ラフマニノフと言えば、ピアノ協奏曲の第二番や、
パガニーニの主題による変奏曲などが有名ですが、
その特徴は旋律の「息が長い」こと。
ひとつの旋律が完結するのが、とても長いのですね。
特に「鐘」はその傾向が顕著で、
よく言えば重厚、悪く言えば鈍重な曲調です。
リズムも拍がよく分からない感じなので、
アレで滑るのはたとえばジャンプの時などの一瞬のタイミングが
非常に取りにくいのじゃないかと思います。

重厚なコーチ好みの選曲なのかもしれませんし、
どことなくこどもっぽい真央ちゃんを、少しでも大人に見せようとする
戦略で選んだのかもしれませんが、
どうもしっくり来ていないような気がするのが、
傍目に見ていても顕著です。

そういえば、去年はショートプログラムを
ドビュッシーの月の光で滑っていましたね。
こちらも、拍が全くどこだか分からない曲で、
我々が実際に演奏していても、非常にタイミングが取りにくい曲です。
やはりアレでタイミングを取ってジャンプするというのが、
非常に難しいんじゃないかと思われるのですが、
案の定、去年はショートプログラムで苦戦していましたよね。

とにかく2回の大会で結果を出せず、
しかも今回の大会は5位と大惨敗だったので、
インタビューでも顔が引きつっていました。
今後の試合でも、なんだか引きずってしまいそうな気がして、
とても心配です。


私もあの曲はなんだか暗くて嫌いですと思った方は
こちらをポチッとお願いします↓

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6438

コメント(4)

ももたろう | 2009年10月26日 00:27

こんばんわ。今朝軽井沢から戻ってきました。金曜はよい天気だったのに、この時期の台風は雨を呼ぶので迷惑ですね。雲場の池、きれいですね。行こうと思ったのですが、混んでいるかと思って。行けばよかったかな。スケートの話、そうです、鐘は重すぎて、観客も味方につけられない。もっとのりのいい曲目でないと。コーチのタラソワではオリンピックは勝てない、といううわさは本当かも。もっと真央ちゃんを伸ばせるコーチが他にいるのでは?ってつくずく思います。

svetlaさん、こんばんは。
紅葉、すばらしいですね。
当方、所用で先週から2週間東京の家ですごしているので、10月末に軽井沢に戻るまでに何とか保ってくれるといいな、と思っています。

冬のスポーツですが、軽井沢と言えばやっぱりアイスホッケーでしょう。一昨年の長野国体の試合をスケートセンターに応援に行ってからすっかりファンになってしまいました。
長野の国体チームは軽井沢高校の現役やOBが多くいて地元でもなじみの顔ぶれですが、今年も頑張って欲しいな。
意外と福岡とか、埼玉とか、あまり寒くないところのチームも強かったです。

ももたろうさん こんばんは
金曜はよい天気だったのに、本当にせっかくの週末が
台無しになってしまい、困ったものです。
残念ながら、この雨が紅葉散らしの雨になってしまいそうですね。
それにしても、鐘、何とかならないものでしょうか。
曲自体は嫌いじゃないのですが、
スケート競技には合わないと思います。
でも今朝の新聞見ていたら、変えないそうですね。
となると・・・ダメですかね。

ヨハンさん こんばんは
アイスホッケー、私はまだ実物を見たことがないのですが、すごく迫力があるそうですね。
今年、風越アイスアリーナで試合があったら、
見に行ってみますかね。
あと、もう一つはカーリングでしょう。
こちらは昨年見に行ってみました。
・・・見ているのは、もう一つでした。

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.