軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 01きょうの軽井沢 > 水抜き

水抜き

2010年1月15日金曜日 23:11 | 0 Comment | 0 Trackback

寒いです。今朝も出社時は氷点下10度。
でも風が弱かったので、先日の北島三郎の日=吹雪の日よりは
新幹線を待つのも少し楽ちんでした。

さて、いよいよ週末。明日はちょっと出かける用事があるので、
今日は早めに帰ろうと思っていたら、なかなか会社を出られず、
結局8時過ぎの臨時の新幹線。
週末のためか、ちょっと混んでいましたが、
無事軽井沢駅に滑り込んだ瞬間、
プリンスホテルスキー場の駐車場が目に入ってびっくり。
なんと真っ白じゃありませんか。
新幹線が、ホームに滑り込むと、
なんと外は結構な雪。
軽井沢駅前も真っ白でした。

20100113-7.jpg

それにしても、暖冬じゃなかったっけ?
少なくても今のところ、去年よりは明らかに雪が多いです。
ま、スキーの都合もあるし、雪が多いのは好都合なんですが。

さて、そのスキーにちょっと影響を与えていたのが、昨年末からの足の不具合。
軽い肉離れをしたのはすでにご報告していましたが、
実は11月の3連休に薪棚を作ったり、薪割りを集中的にやったりして、
その際に膝を痛めていたのです。
会社の近くのクリニックに行って、見ていただいてはいたのですが、
そのときは少し靱帯が痛んでいるというお見立てで、
湿布薬と痛み止めをもらっていたのですが、
肉離れが一段落しても、薬が切れてくると痛みがひどくなるのです。
思い切って、今日は別の整形の先生に見ていただいたら、
「膝に水がたまっていますよ!」とのご託宣。
ひえ~そうだったの?

そして、「じゃあこれから抜きましょう」とぶっとい注射が出てきました。
えらいことになってしまいました・・・
そして、診療台に横にされると、手際よく膝に太い注射をぶちゅ~っと。
そして、時折鈍痛がすることしばらく、
「ほら、こんなに抜けましたよ」と見せられた注射器には、
およそ30cc強の黄色い液体が。
文字通りの水抜きです。

いつの間にか、薬も注射されていたようで、
「はい、立ち上がって良いですよ」と立ち上がってみてびっくり。

「あれ、痛くない」。

もちろん、1カ月以上にわたって炎症を起こし、
水がたまっていたようなので、腫れがひくまでは多少痛みがあるのですが、
これまでの痛みとは全然違います。
実は、出勤時の凍結路、
結構おっかなびっくり歩いていたのですが、
帰りのあのひどい雪の中でも、
何事もなかったかのように、すたすたと歩いてきました。

そして、家に帰ってうちの奥さんが一言。
「水と一緒に、お腹の脂肪も抜いてもらえば良かったのに!」
・・・・
実は同じことを、治療中に先生にお願いして、
大笑いされました。

それにしても、セカンドオピニオンとは言いますが、
直らないときはいろいろな先生に見ていただくというのも
ひとつの手ですね。今日実感しました。

さて、明日あさっては、軽井沢プリンスショッピングプラザの
バーゲン最終日。先週の3連休は、結構な人出でしたが、
この週末はどうなるんでしょうかね。

20100114-2.jpg
この1月のバーゲン、意外に冬物がお買い得だったりするので、
足も良くなったことで、この週末はちょっと出かけてみますかね。
そして、帰りにはまたちょっとリハビリスキーを・・・
今日は膝、ちゃんと体重を載せられそうな気がするのです。
この週末はやめておいた方がよいかなぁ。
でも雪が良さそうで・・・


水抜きって、家の水抜きじゃなかったんですねと思った方は
こちらからポチッと↓

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6523

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.