軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 01きょうの軽井沢 > 日暈(ひがさ)とダイヤモンドダスト

日暈(ひがさ)とダイヤモンドダスト

2010年2月14日日曜日 21:48 | 4 Comments | 0 Trackback

まるで超強力冷凍庫に入ってしまったようだったこの週末でしたが、
日曜日になってようやく太陽が顔をのぞかせました。

20100214-1.jpg

雪景色に生えるなぁ、我が家・・・と自画自賛。

しかし、太陽がでているから気温が高い・・・とは限らないのが
ここ軽井沢。
今朝の最低気温は氷点下8.4度。
日中の最低気温は氷点下1.2度だったそうです。
これだけ冷え込んだためか、今朝は久しぶりに
ダイヤモンドダストが見られました。
しかも、私が休みの日に!

きらきらととてもきれいだったので、
バシバシと写真を撮ってみたのですが、
かろうじて一枚だけ写っていました。

20100214-4.jpg

太陽の光が当たって、なんだかとても幻想的です
・・・とは言ってもダイヤモンドダストがどれなのかがよく分かりません。
下のモミジの木のあたりできらきら光っているものがあるのですが、
分かりますか?

わかりにくいので、ちょっと画像が荒くなってしまうのですが、
拡大したのがこちら。

20100214-5.jpg

真ん中あたりで、きらきらと光るのがダイヤモンドダストです。
・・・やはりきれいに写っていないですね。ちょっと残念。

そして、さらに珍しいものを目撃してしまいました。
先日、信濃毎日新聞にも取り上げられていた
日暈(ひがさ)です。

20100214-2.jpg

最初、「あ、虹が出ている・・・」などと言っていたのですが、
よく見ると、太陽の周りに同心円状に虹が出来ています。
その後、調べてみたら、おそらくは日暈に間違いないと思います。
空の高いところにある巻雲や巻積雲に太陽の光が当たり、
雲を作る氷の結晶がプリズムの働きをして
反射、屈折するために起こるのだそうです。

上の写真では逆光で少しわかりにくいので、
多少画像処理をしてみたところ、同心円状になっているのが
大変よく分かります。

20100214-3.jpg

先日のUFOみたいだったレンズ雲と言い、
一昨日の雨氷と言い、今日の日暈と言い、
冬の軽井沢は今まで見たこともなかった
いろんな自然の造形を見せてくれます。

自然の造形と言えば、我が家の軒下の氷柱が、
現在過去最大級に成長中です。

20100214-6.jpg

そろそろ落ちるかと思われるのですが、
なかなかしぶとくがんばっています。
明日はまた雪が降るらしいので、
このまま落ちないと、さらに大きく成長するかも。


今日の日暈とダイヤモンドダスト、自分も見ましたよという方は
こちらからポチッと↓
珍しいものが見られましたね。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6555

コメント(4)

さだちゃん | 2010年2月15日 15:09

こんにちは。
寒そうな光景ですが、素敵ですね。
都心での生活では、見られません。
羨ましい限りです。昨日の焼き芋も、
おいしそっ

雨氷、ダイヤモンドダスト、日暈(ひがさ)・・とめずらしい自然現象で寒い冬も楽しめますね~
ところで、同じように前夜に雨が降って翌朝冷え込んだのに、ウチの周りでは着氷してなかったです。霧とか湿度とか、微妙な条件があるのかと不思議に思っています。でも、12日に仕事に向かう夫を軽井沢駅に送る道沿いで、素晴らしい光景が見られたので、よかったです。

さだちゃんさん こんばんは
1月後半はかなり暖かくなって、
一時はかなり積もった雪もみな溶けてしまったのですが、
2月に入ってからと言うものの、かなり雪の量が多く、
特にここ数日は雪の量が増えています。
今週はさらに雪の日が多そうで、
まだまだ積雪が増えそうです。

しいちゃんさん こんばんは
本当に連日変わった自然現象にお目にかかれるので
軽井沢の冬は飽きが来ません。
でもやはり少し標高が違うだけで
ずいぶん現象も異なるのですね。
我が家は昨日の暖かさでようやく雨氷は
解氷したようですが、
今度は週末の雪がいったん溶けたのが
がちがちに固まりはじめ、
裏道は車が運転しにくいこと
この上ありません。

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.