軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 01きょうの軽井沢 > 突入せよ! あさま山荘事件

突入せよ! あさま山荘事件

2010年2月22日月曜日 23:44 | 6 Comments | 0 Trackback

会社から家に帰ってきたら、
我が家のテレビには、こんな映像が。

20100222-1.jpg

いつもはニュースを見ている時間なので、
何の大事件かと思ったら、
信越放送で「突入せよ! あさま山荘事件」
をやっていたのですね。

先日なくなった藤田まことさんの追悼企画となっていましたが
何より、ちょうどこの時期に起きたことだということも
あったのでしょうね。
我が家からもそれほど遠くないところで発生した大事件ですので、
映画とはいえ、こうして映像で改めてみせられると、
普段から事件の犠牲者の慰霊碑である
「治安の碑」の脇などは良く通ったりするので、
人ごとではないような気がします。

でも、映画よりは佐々淳行さんの原作『連合赤軍「あさま山荘」事件
を読みましたが、作品としてはこちらの方がはるかに面白いです。

ちなみに、あさま山荘事件の慰霊碑の脇からは
72ゴルフ越しに、こんなきれいな浅間山が望めます。

20100222-2.jpg

あさま山荘事件の慰霊碑は、まさにあさま山荘を
正面に望む方向に建てられているそうですから、
こんな凄惨な事件さえなかったら、
あさま山荘は上の写真と同じような美しい浅間山を
きっと大パノラマで望める、すばらしい別荘だったことでしょう。
今はどうなっているか知りませんが、
きっと当時よりももっと
寂しい状況になっているのではないかと思います。
惜しいですね。

ちなみに映画のDVDは↓


今日は自分もついつい見てしまいましたよと言う方は
こちらからポチッと↓
軽井沢では視聴率高そうですね。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6563

コメント(6)

希須林ファン | 2010年2月23日 07:23

私も見ていました。私が生まれた所は軽井沢駅から車で35分ほどの、電気もガスも水道もないたった4軒の村でしたが、そこでは生活が不便で苦しいので、3キロほど離れた集落に引越し、「あさま山荘事件」の時はもう廃村でした。
あの事件が起きる前には、連合赤軍が隠れていないかと、警察がその廃村を捜索にきました。異様な光景だったのを覚えています。

さだちゃん | 2010年2月23日 12:01

千葉で生まれ千葉で育ち、当時まだ生まれて2~3年?
テレビで大騒ぎになっていたこと、全く記憶にありません。
時々、この時期になるとテレビで映像が映し出されますが、
時代の変化でしょうか。今は、凶悪事件が多すぎて、
今あさま山荘事件が起きても、こんなに語り継がれるほどの
事件になるでしょうか?
最近なら、オウムの地下鉄サリン事件に近い感覚
なのかな。

でも、現地付近に住む方々にしてみたら、
考えさせられるきっかけの映画ですね。

希須林ファンさん こんばんは
今の平和な軽井沢から考えると、
本当に信じられないような光景が
繰り広げられていたのでしょうね。
こんな凄惨な事件は、
もう二度と起こって欲しくないと思います。

さだちゃんさん こんばんは
確かに日航機墜落に、サリン、阪神大震災に
同時多発テロと、
最近は大事件が多く、
今起きたらこれだけの衝撃は
ないかも知れませんね。

svetlaさん、こんばんは。
この「あさま山荘」ですが、たしか2~3年くらい前に所有していたデザイン会社が売りに出していたのを見たことがあります。興味深かったので、レイクニュータウンに言って内見にいこうかと思っていた矢先に、売れてしまったのか、市場に出なくなりました。写真では、若干増築されている部分があったものの、当時河合楽器が所有していた頃の外見を良く残していました。

ヨハンさん こんばんは
私もそんな話を聞いたことがあります。
その後、どうなったのでしょうかね。
ちなみにこの時期葉が落ちて見通しがよいので、
治安の碑あたりから「アレかな?」と思える
建物が見え隠れすることがあります。

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.