軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 06薪ストーブ > ダッチオーブンで豚肉の赤ワイン煮

ダッチオーブンで豚肉の赤ワイン煮

2009年2月 6日金曜日 23:26 | 6 Comments | 0 Trackback

このところ凄く仕事が忙しく、土日の出勤も多いので
なかなか自分で料理をする暇がなかったのですが、
先日久しぶりに料理を作りました。
この時期と言えば、ダッチオーブンと薪ストーブを
使わない手はありません。
何を作ろうか迷ったのですが、
今回は得意料理のひとつ、豚肉の赤ワイン煮を作りました。

作り方はものすごくかんたん。
ダッチオーブンに赤ワインを一本入れ、
その中にタマネギ、にんじん、エリンギなどの野菜と、
塩やハーブを揉み込んで下味を付けた豚肉ブロックと、
コンソメスープの素、香味野菜やハーブなどを入れ、
あとはぐつぐつと煮込むだけです。

20090206-1.jpg

ちなみに、我が家で使用するのは赤玉ポートワイン。
甘みがとても強いので、砂糖などを一切入れずに、
こってりとした味に仕上がります。
一応先にIHヒーターで一度火を通したあと、
いよいよ薪ストーブのストーブトップにダッチオーブンを載せます。
しまった、この写真を取り忘れた・・・

そのあと、ほぼ一昼夜ストーブの上でほったらかしておきます。
一晩経ったダッチオーブンのふたを開けると、こんな感じ。
赤ワインが当初のほぼ半分に減って、
豚肉は綺麗なワイン色に染まっています。

20090206-2.jpg

早速鍋から上げ、切り分けます。
タマネギは、溶けてなくなる寸前。
ローズマリーなどのハーブもボロボロになって、
あまり見た目は綺麗ではありませんが、
トロトロに煮上がった肉は、ワインの酸味と甘みがしっかりと肉に染みこみ、
とても美味しいですよ。

20090206-3.jpg

まあ、ダッチオーブンで作る料理ですから、
このぐらいワイルドでもいいでしょう。

それにしても、薪ストーブとダッチオーブンさまさまです。
我が家の薪ストーブ、2次燃焼するタイプなので、
ストーブトップと言っても直接直火で熱せられることがなく、
じんわりと沸騰することなく鍋を温めます。
そして温められたダッチオーブンは鋳鉄製で
蓄熱性が高いので、中の食材にしっかりと火を通します。
しっかりと煮含ませたい場合には、最高ですよ。

今度は軽井沢名物の花豆でも煮てみるか・・・


ダッチオーブンを使った赤ワイン煮、旨そう~と思った方は
こちらをポチッと↓

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6182

コメント(6)

おぉっ、旨そうですねー!
まだダッチオーブン料理は初歩の初歩なので
参考にさせてもらいますね。
いいですよねダッチオーブン料理、
薪ストーブ上でコトコト完成を待つのもまた楽しい^^

おいしそうですね~
この季節は煮込み料理がいちばん。今度、山荘で試してみます。

これ~これ~近い将来こう言う料理を作りたいのですよ!
先ずは先日、超初級編の焼き芋を成功させたので、
そろそろsvetlaさんのロッジの広告をポチしたいのですが、
もう少し自信を持ってからでないと指がまだ動きませんね~(笑)

さくらいさん こんにちは
我が家も手探りでいろいろやっていますが、
やはり煮込み料理は最高です。
じんわりと火が入り、とても柔らかくなります。
今度は蒸し料理にチャレンジしようと
思っています。

しいちゃんさん こんにちは
赤ワイン煮は以前からよくやるのですが、
普通の鍋でガスコンロでやると
柔らかくなるのにとても時間がかかって大変でした。
今までで一番美味しくできたかもしれません。
豚肉でなく、大丈夫ならばラムのブロックで
やっても美味しいですよ。
我が家はラム好きですので、固まりがあったりすると
ラムでやることもあります。

karuizawawoodさん こんばんは
ダッチオーブン、
我が家はロッジのコンボクッカーなので
IHヒーターでも使えます。
なので、夏でもIHヒーターで使っていましたが、
やはりこの時期のストーブトップの
じんわりとした暖かさで煮込む料理は格別です。
ただ、夏に直火では少し使いにくいので、
この夏には、たき火でも使える、
キャンプダッチが欲しいなぁと、
今からねらっています。

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.