軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 06薪ストーブ > ログキャリー購入

ログキャリー購入

2007年10月21日日曜日 23:57 | 8 Comments | 0 Trackback

さて、早くも我が家は連日薪ストーブを使用しています。
先週金曜日は日中でも10度に届かず、
今朝は何と0度まで下がりました。
なんだか一気に冬突入といった感じです。
もっとも、こんなもんではないのでしょうけど。

で、これまで、ストーブ脇に段ボールを敷いて薪を置いていたのですが、
あまりにも格好が悪いので、ずっと欲しかったログキャリーを購入しました。
購入したのはこんな感じのものです。

こんなものでも、意外とするのですよ。
びっくりしてしまいました。
ログを入れる部分が皮になっているので、
ラックから取り外せば、そのまま外から薪を運んでくることが出来ます。

20071021-3.gif

ストーブと一緒に写した写真はこんな感じです。
げっ、ストーブが青白い炎を出している!
と思ったのはテレビの映り込みでした。あ~びっくり。

20071021-2.gif


ログキャリーって、そんなにするのだと思った方はポチッと一票お願いします!↓

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/5680

コメント(8)

svetlaさん、こんにちは。
ストーブ周りとログキャリーがマッチしていてとてもいいですね。

軽井沢はもう0度ですか!
今年は夏が長かったので、本当に秋は駆け足で去ってしまった感じでしょうか。
来月現地視察を予定していますが、紅葉は来年のお楽しみのようですね。

ところで、svetlaさんのお宅は薪ストーブだけで家中の暖房をまかなっていますか?とすると、家の中の暖まり方はいかがでしょうか?
2階や、ストーブから一番遠く離れた部屋まで全体の暖まり方は均一な感じですか?

軽井沢では暖房は重要な問題でしょうから、いろいろと脳内シュミレーションしております(笑)。

セロさん、こんばんは。
そうなんです、この週末は本当に寒かったです。
秋はあっという間で、もう冬ですね。
とても短い秋でした。

さて、我が家のストーブですが、一応薪ストーブの他、
石油ファンヒーターも予備に取り付けています。
すぐ暖まりたいときなどは、こちらの石油ファンヒーターと
併用しています。
さらに寝室などでは、予備にデロンギのオイルヒーター
などを置いていますが、今のところ薪ストーブだけで
結構暖かです。ウチはログという特殊な構造のため、
床暖房などは導入できませんでした。
家の構造にもよると思いますが、ウチは吹き抜けがあるので
2階に薪ストーブの暖気が上がり、かなり暖かくなります。
反面、1階の洗面所やキッチンなどは暖気が回りにくく、
少し寒いので、予備の暖房がもう少し必要かなと
感じています。

svetlaさん、詳しく教えていただいてありがとうございます。
薪ストーブがメインなのですね。
吹き抜けを通って2Fまで暖気が上がるとはすごいです。

私はどうも以前からの夢で暖炉の火を見てぼんやりと過ごす
というのをやってみたいので、床暖房かパネルヒーターを
メインに暖炉をサブにする構想を持っているのですが、
なかなかネット上でも暖炉の情報は少ないです。
薪ストーブだと実際の使い勝手をsvetlaさんのように
教えていただけるのですが・・・。

まだ妄想段階とは言え、うちの中が寒いのだけは我慢
できないのでじっくり研究していこうと思います。

セロさん、こんばんは
そうですか、暖炉をお考えなのですね。確かに、薪ストーブは良く聞きますが、暖炉をつけたという方のブログには、今のところ行き当たっていません。ちなみに、薪ストーブでも結構薪を追加する際などにドアを開けると、灰が周囲に飛んだり、木がはじけて少し火の粉が飛んだりします。
オープンになる暖炉は、暖炉前の構造など、結構重要になるのでしょうね。ちなみに、我が家も炉台を飛び越した灰が床について黒くなってしまったりするので、耐火性のカーペットなどをストーブ前に置いた方がよいのかなと思ったりしています。

どこかの本で読んだのですが
暖炉ってインテリアとしては美しいですが
構造上、熱効率が悪い(=部屋があまり暖まらない)そうです。
暖気が煙と一緒に全部上に抜けてしまうのだとか。
薪ストーブは、本体からの輻射熱で空気を暖めるんですよね。

これ「ログキャリー」って言うんですね。

svetlaさんのログキャリー格好良いです!!
薪ストーブ道具、色々揃えたくなっちゃうんですよね~。

gotazoさん こんばんは
我が家の薪ストーブ、火が盛ってくると、
本当に暑いほどの輻射熱を感じます。
しかもその輻射熱はストーブ本体だけではなく、
煙突全体が暑くなるのですよね。
なので薪ストーブは暖まるのだと思います。
ただ慣れないうちは火加減の調整が本当に難しい。
あっという間に薪が燃え尽きてしまったり、
途中から火が弱くなり消えてしまうこともしばしば。
火のコントロールになれるのは、もう少しかかりそうです。

Life Plus Inc.さん こんばんは
正確に言うと、皮の部分がログキャリーで、
金具の部分はログスタンドというらしいです。
皮の部分を取り外して外に持って行き、
その中に薪を入れて担いで持ってこれるように
なっています。
ただ外に置いてある薪、あっという間にカメムシ君の
避寒場所になっているようで、ちゃんとはらって持ってこないと家の中に何匹もカメムシ君がうろうろする状態になります。
皆さん、どうされているのでしょうか?

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.