軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 05ログハウス > 音空間ログハウス

音空間ログハウス

2011年6月13日月曜日 22:42 | 4 Comments | 0 Trackback

わざわざ「きょうの音楽」というカテゴリーを設けながら、

年に2回の大賀ホールのコンサートの話題以外は

休眠状態となっていますが、こんなカテゴリーを作ったほど

音楽--特にクラッシックは大好きです。

軽井沢に家を建てたときに、これで気兼ねなく音楽が楽しめると思って

いたのですが、これまでなかなかそんな話題はこのブログに登場しませんでした。

と言うのも、引っ越しのせいか、それともその前からおかしかったのかが

よくわからないのですが、

我が家のオーディオセットがやたらに音が割れるようになっていたのです。

それも、チェロやホルンといった中音域の音が割れる・・・と言うより歪む。

せっかくリビングにオーディオセットをセッティングしたのですが、

音が汚いので、自然と聞かなくなってしまい、しばらくほったらかしていました。

ただ、たまにはPC以外で音楽を聴きたいと思い、ようやく御神輿をあげ修理を決断。

きっとアンプが壊れているに違いないと、佐久のヤマダ電機に修理に出したところ、

アンプには問題がなかったとのこと。

なので、スピーカーが悪いのではと指摘を受け、調べたところ

なんとスピーカーのコーンがボロボロになっていました。

これじゃ鳴らないのも無理はありません。

古くて部品がなく、もう修理が出来ないというので、

同じぐらいのスペックのものを中古で購入しました。

20110529-4.jpg

早速セッティングを完了し、おそるおそるCDをかけてみます。

まず最初にかけたのはこちら。

 

私のハンドルネームのきっかけとなった敬愛するロシアの大指揮者、

スヴェトラーノフ指揮のブルックナーの交響曲第9番です。

スヴェトラーノフの魅力は、オーケストラを鳴らし切る、濃厚な演奏。

このCDもものすごく濃密な演奏です。

その濃密な演奏が、新装なったスピーカーで(とはいえ中古ですが・・・)で、

家中に鳴り響きました。

予想はしていたのですが、周りがすべて丸太なので、

いいあんばいの残響となります。

おまけに設置したリビングは大屋根直下の吹き抜け。

天井は三角形になっています。

20110529-4.jpg

建てたときの写真なので、壁の色がまだずいぶんと白いですね。

この大空間にとても良いあんばいに響くのです。

すばらしい音空間ですよ、ログハウス。

最近は大分暖かくなり、日中は窓も開けているので、

外で庭仕事する際にも漏れた音をBGMにしながら、

庭仕事にいそしんでいます。

スヴェトラーノフと言えば、こちらのローマ三部作(レスピーギ)の演奏も

壮絶な演奏ですよ。ものすごいスローテンポで、

特に「ローマの松」終曲の「アッピア街道の松」の最終音は、

よく息が続くなと言うほど長いフェルマータを吹ききります。

輸入盤CD スペシャルプライスRespighi レスピーギ / ローマ三部作 スヴェトラーノフ&スウェー...

輸入盤CD スペシャルプライスRespighi レスピーギ / ローマ三部作 スヴェトラーノフ&スウェー...
価格:1,899円(税込、送料別)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも先日大迫力で聴いてしまいました。

そしてこの週末、掃除をしながら聴いていたのはこちら。

 

東日本大震災から3カ月と言うことで、アンドルー・ロイド・ウェッバーの

「レクイエム」を聴いていました。何度聞いても、良い曲です。

亡くなった方への鎮魂と、復興への希望を込めて。

この週末に聴くのは、マーラーの復活か、

先日ベルリンフィルで佐渡裕さんが名演を繰り広げたタコ5かな。

いずれにしても、復活した音楽を聴く習慣、

気ぜわしい日々の癒しとなっています。

 

ログハウスで音楽聴くと、良い音がしますよねと思った方は

こちらをポチッと!

ツイートボタンも付けましたので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6991

コメント(4)

音響装置が整ったんですね!パチパチ。!(^^)!
どんな音でしょうねぇ?
うちも床/天井が木、三角屋根の吹き抜けだから天井は斜めです。
そのせいかどうかわかりませんが、音が教会のように反響して拡散、テレビの音が聞きにくいのです。

「レクイエム」色々ありますが、このレクイエムだったら、Pie Jesu がお気に入りです。

ところで、「タコ5」って言うのですか?
なるほどね。「ベト7」のノリですね!^^;

meikenluckyさん こんばんは
そうなんです、壊れたままほったらかしておいたのですが、
さりとて新品を買うのも難しいので、
先日ようやく修理&中古品購入で音が出るように復活させました。
予想はしていたのですが、
とても自然な残響で、オーケストラを聴くには最高の音空間です。
ただ、テレビの音は最悪で、やはり我が家も
聞き取りにくくて音を大きくしています。
そして、ショスタコーヴィッチの交響曲は番号に「タコ」を
付けるのですよ。そして、ショスタコファンは、
自称「ショスタキスト」と言います。
なんだか物騒な名前の人たちですよね。
友人知人にもたくさんいるのですが、実際に物騒な人たちです。

svetlaさん、こんばんは。
ツイッターでつぶやいたとおり、現在ロサンゼルスからのコメントです。
それはそうと、svetlaさんのHNはスヴェトラーノフ由来だったのですね。遅まきながら今になって初めて知りました。
我が家はログハウスではないのですが、壁がすべて木材の木造住宅ですが、木の家は、家中が良く鳴り響きますね。まるで楽器のよう。
スピーカーが直って、これからさらに音楽三昧でしょうか。
やはり軽井沢のよさは、大音量で鳴らしても近所を気にしなくても良いことでしょうか。


ヨハンさん こんばんは
そうなんです、私のハンドルネームは、
敬愛するスヴェトラーノフから頂戴したものなのです。
かなり重厚感がある曲の録音が多いのですが、
おっしゃるとおり、軽井沢だと少々大きくかけても
大丈夫そうなのはとてもありがたいですよね。
でも、自分で楽器の練習をする気にはなりませんが・・・

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.