軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 05ログハウス > 10円玉を探せ

10円玉を探せ

2010年1月23日土曜日 18:52 | 5 Comments | 0 Trackback

先日、久しぶりのログハウスネタで、セトリングの話を
ご紹介しましたが、今日もログハウスネタです。
我が家の床は、畳を敷いてもらった和室をのぞき、
すべて壁と同じパイン無垢の床材を張ってあります。
木のぬくもりがあって、非常に好きなのですが、
ひとつ困ってしまうことが。
実は茶色のものを床に落とすと、
探すのが実に大変なのです。

特に大変なのが10円玉。
うっかり昼間にコンビニで何か買って、おつりの10円玉を
ポケットに入れたりしていて、家に帰ってズボンを脱いだ瞬間に
10円玉が落ちてしまったりすると、
探すのが実に大変です。
特に私、強度の近視+乱視なので、なおさらです。

先日も、うっかりやってしまいました。
で、なぜ大変かというと、こんなことになるからなのです。
さあ、10円玉を探してください!

20100123-1.jpg

おわかりいただけましたか?
つまり、床の松の節の色に10円玉が同化してしまうのです。
眼鏡を外していたら論外なのですが、
眼鏡をかけていても、よく分かりません。

で、どこにあるかというと、ここにありました。

20100123-2.jpg

これならば、おわかりいただけましたか?

もう少し拡大してみましょう。

20100123-4.jpg

もうおわかりいただけましたね。
こんなところに落ちていました。

20100123-3.jpg

と、ブログで書いてしまえば簡単なのですが、
このときは、どう探しても見つからなくて、
10分近く探してしまいました。
やれやれ。


確かにこれは探すの大変だ~と思った方は
こちらからポチッと↓

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6533

コメント(5)

なまくら | 2010年1月24日 01:00

こんばんわ
うちの場合は床がこげ茶のオークなので10円玉と同じ色で見えませんプラス近視に老眼・・・・
 svetla家の床はきれいですねぇ

はじめまして。

「しあわせデザイン研究所」と言うブログを書いている馬渕と申します。

きれいで素敵な床ですが、そんな困ったことがあったとは…
10円玉さがし、楽しませていただきました(笑)。

実はこのたび、東京のNPOと一緒に、「施主ブロガー」アンケートを実施することになりました。

是非、協力いただけないでしょうか?もれなく、500円分のアマゾンギフトをプレゼントします。

下記がそのサイトの紹介文です。

http://livenet2.blog77.fc2.com/blog-entry-1180.html

また、このアンケートをご自身のブログで紹介いただいたり、バナーを貼ることで、
アンケート回答者を増やすことに協力いただきますと、最大5000円の謝礼を差し上げます。
(詳細は、上記記事よりご確認ください)

このお願いは、各種人気ブログランキングの上位の方に、お1人ずつ個別にしております。
何百人と言う方にお願いしているため、私の記憶不十分で、重複してのお願いとなりましたら、
ご容赦ください。

よろしくお願いいたします。

ももたろう | 2010年1月24日 20:25

こんばんわ。ごぶさたでした。薪ストーブでの料理ですが、たいへん興味があります。うちのストーブは二次燃焼タイプで、やはり天板はそれほど熱くならないようで。またクッキングストーブのイメージがなかったので、それほど庫内も大きいもの選びませんでした。中に入れて調理できるか、山荘にいる時間が少なくて、まだ細かくはチェックしてないのですが。天板だけでできる料理ぜひ紹介してください。スキーの話、軽井沢から1時間ですと、アサマ2000も湯の丸と同じくらいで行けますが、こちらにはあまり行かれないのですか?

なまくらさん こんばんは
上の写真は昼間だったのでまだ見つかりやすかったのですが、
寝起きとか夜とかは最悪です。
逆に10円玉だと思って拾おうとしたら、
ただの節だったり・・・

ももたろうさん こんばんは
やはり、天板で料理するのは煮込み料理が最高ですよ。
じんわりと火が入るので、
先日のビーフシチューは、結果として
すね肉がトロトロになりました。
アサマ2000ですが、湯の丸の方が少し遠いものの、
滑走距離が長いので、どうしても湯の丸へ
行ってしまいます。シーズン券も買ってしまったので・・・

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.