軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 10きょうの音楽 > ビーチャムのオラトリオ「メサイア」

ビーチャムのオラトリオ「メサイア」

2012年12月16日日曜日 15:20 | 0 Comment | 0 Trackback

軽井沢町内の知り合いの中では、
私のブログを見て、「またどっか出かけてる!」とあきれている方も多いそうですが、
今日は午前中滑りに行って、帰ってきてからは掃除をしたあと、
暇なので、ちょっと早めにブログを更新したりしています。

で、そのブログを更新しながら、聴いているのがこちらのCD。

20121215-4.jpg

トーマス・ビーチャム指揮ロイヤルフィルハーモニー管弦楽団の
ゲオルク・ヘンデル作曲のオラトリオ「メサイア」です。
今度の土曜日、大賀ホールで開催されるバッハ・コレギウム・ジャパンの
メサイアのコンサートを前に、お気に入りのこのCDを聴いて、予習中です。

ところがこのCD、この週末聴きに行く演奏とは
大きく異なる演奏なのです。

とうのも、バッハ・コレギウム・ジャパンの演奏は、
ヘンデルがこの曲を作曲した当時の楽器、演奏スタイルに合わせた
いわゆる古楽スタイルの演奏だと言うこと。
それに対して、このビーチャム指揮のメサイアは、
イギリスの作曲家、ユージン・グーセンスが編曲した
大管弦楽・大合唱が咆哮する、
バッハ・コレギウム・ジャパンのメサイアとは対極にある
ど派手な演奏なのです。

こぢんまりとした大賀ホールで聴くには、
バッハ・コレギウム・ジャパンのメサイアもとても素晴らしいのですが、
元は金管楽器な人間なので、
金管楽器や打楽器が派手に鳴り響く演奏は大好き。
あまり予習にはならないかもしれませんが、
自分が最も好きなメサイアと、
バッハ・コレギウム・ジャパンのメサイアを、
じっくり聞き比べてきたいと思います。


面白そうなので聴いてみたい方はこちらからポチッと!
HMVのネットショップでは、まだ売っているようですよ。
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7579

コメントする

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.